赤レンガ病棟に入ったある人

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

私は左翼学生ではなかったが、同期の友人が、赤レンガは人間的な精神医学をやるところで、外来派は生物学的精神医学という脳の研究をやるところだと教えてくれた、とある人は語る。彼も赤レンガに行く予定で、その勉強会などに学生時代に出ていた。

学校に出ず、情報を集めなかったツケは回ってきた。当時、東大の精神科は、東大闘争という学生運動の後遺症が残っていて、教授側の外来派と、元闘争家側の赤レンガ病棟に分かれていた。同じ大学病院なのに、外来に通っている人は別の病院に入院しなければならないほど、一つにきれいに分かれていた。

それで赤レンガ病棟に入って、その彼は、東大病院ではなく、当時、人間的精神医学(精神病理というの権威だった教授を務める名古屋市立大学に行ってしまった。結論的に言うと、ろくに勉強にならなかった。

目の前の患者さんをどう治療すればいいのか

目の前の患者さんをどう治療すればいいのかを、あまり系統的に教えてくれない。それ以上に、左翼運動家は独善的で、社会が悪くて、患者さんは被害者」という考え方をする人が多くて、当たり前に頭を下げるようなことができない。とくに大学病院の活動家はそうだ。

生物学的精神医学と比べて、人間学的な精神医学は歴史が古いし、古典的な名著も多い(逆に古い考えが横行している)。それをドイツ語の原著で読むような会なのだ。勉強会のほうは、高度、マニアックすぎて研修医とくに私のようにろくに勉強していなかった人間には、とてもついていけなかった。精神障害者の差別反対の解放運動や、当時行われていたひどい精神医療に対する糾弾運動ばかりやっていて、あまり教えてもらえなかった。

アルバイトに行っていた病院。ここは勉強になったのは、元左翼の運動家の医者たちが勤める病院で、当時は患者さんを病院に閉じ込めるのが当たり前だったなかで一生懸命、開放的な精神医療を行っていたが、何が違うといって、患者さんの社会復帰のために、元活動家の院長が近所の工場主などに、この患者さんはもうよくなったので、雇ってくださいと頭を下げて回って
いたことだ、とある人は語った。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

良性の病気がガンになるということは現実的に殆どありえない

・放っとくとガンになる 良性の病気がガンになるということは、現実的に殆どありえない。たしかに病

記事を読む

no image

貧血について-男性や中高年の女性の場合は危険なことがある

・パソ パソというのはパソロジーの略で、病理という意味だ。つまり、ガン細胞のありそうな場所から

記事を読む

no image

主治医が見つかる方法-必ず紹介状をもらうようにする

~上手に主治医を決める方法~ 専門医にかかりたい場合も、かかりたい理由を言って、必ず紹介状をも

記事を読む

no image

東大理科Ⅲ類は受からない?

医学部受験生、とくにできる医学部受験生にとって東大の理科Ⅲ類は憧れの的だろう。ドラゴン桜(講談社)で

記事を読む

no image

医療経済優先の論理-利益率が多い薬の存在

各医療機関が過当競争しないような行政的配慮が必要であろうと思います。医者だって人間ですから、自分が窮

記事を読む

no image

医者への謝礼は過去の遺産-今はサービス提供が勝負

謝礼を渡さなければ手術で手を抜く、などということがこの現代にあったら、それこそ謝礼どころか訴訟の対象

記事を読む

no image

当直なしの求人を探している先生におすすめのサービス

当直のない求人を探しておられるのであれば、転職支援サービスを使って探したほうがいいと思います。求人誌

記事を読む

no image

看護師と患者が恋愛関係に発展することもある!?

ナースで、患者さんだった男性と結婚する人もいるようです。えっ、いつ、どうやって、男と女を意識し始めた

記事を読む

no image

医者が研究の看板のもと医療がおろそかになる現状

現時点では医学研究のための重要な機関である。しかし、その看板のもと、無駄で意味がないと承知していなが

記事を読む

no image

医学略語や用語-覚えておきたいガンに関連した色々な用語

・インディケーション 普通は適応というと、その場所の環境に慣れることだが、医学では別の意味に使

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑