赤レンガ病棟に入ったある人

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

私は左翼学生ではなかったが、同期の友人が、赤レンガは人間的な精神医学をやるところで、外来派は生物学的精神医学という脳の研究をやるところだと教えてくれた、とある人は語る。彼も赤レンガに行く予定で、その勉強会などに学生時代に出ていた。

学校に出ず、情報を集めなかったツケは回ってきた。当時、東大の精神科は、東大闘争という学生運動の後遺症が残っていて、教授側の外来派と、元闘争家側の赤レンガ病棟に分かれていた。同じ大学病院なのに、外来に通っている人は別の病院に入院しなければならないほど、一つにきれいに分かれていた。

それで赤レンガ病棟に入って、その彼は、東大病院ではなく、当時、人間的精神医学(精神病理というの権威だった教授を務める名古屋市立大学に行ってしまった。結論的に言うと、ろくに勉強にならなかった。

目の前の患者さんをどう治療すればいいのか

目の前の患者さんをどう治療すればいいのかを、あまり系統的に教えてくれない。それ以上に、左翼運動家は独善的で、社会が悪くて、患者さんは被害者」という考え方をする人が多くて、当たり前に頭を下げるようなことができない。とくに大学病院の活動家はそうだ。

生物学的精神医学と比べて、人間学的な精神医学は歴史が古いし、古典的な名著も多い(逆に古い考えが横行している)。それをドイツ語の原著で読むような会なのだ。勉強会のほうは、高度、マニアックすぎて研修医とくに私のようにろくに勉強していなかった人間には、とてもついていけなかった。精神障害者の差別反対の解放運動や、当時行われていたひどい精神医療に対する糾弾運動ばかりやっていて、あまり教えてもらえなかった。

アルバイトに行っていた病院。ここは勉強になったのは、元左翼の運動家の医者たちが勤める病院で、当時は患者さんを病院に閉じ込めるのが当たり前だったなかで一生懸命、開放的な精神医療を行っていたが、何が違うといって、患者さんの社会復帰のために、元活動家の院長が近所の工場主などに、この患者さんはもうよくなったので、雇ってくださいと頭を下げて回って
いたことだ、とある人は語った。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

センター対策や理科対策に十分な時間が使える

高1や高2から始めるのであれり時間がとられるから、早めに数学にもとりかからないと受験に間に合わない。

記事を読む

no image

医者の診断できない範囲-ナワバリを知らされたある出来事

医者のナワバリを、魚の骨で知らされたある出来事がある。 1人息子の医大合格祝いの席で、鋼のホネがノ

記事を読む

no image

医者の収入は世間が思っているほど多くはない

医者のほとんどが、50万円から80万円台程度の給料か、それ以下ということで、一般企業の40歳代、50

記事を読む

no image

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面。 大学病院の場合、研修の質が悪いだけでな

記事を読む

no image

病院船とは災害時に有効な動く施設

災害時に病院が機能しなければ、助かるはずの人命が多数失われてしまいます。また大都市で震災が発生したら

記事を読む

no image

高齢者が入院した際に起こる帰る所がなくなる現象

お年寄りの入院が長引くと、いろいろな弊害が生じます。体を動かす機会がヘるために、寝たきりになってしま

記事を読む

no image

なり手のない分野の医者になることは社会貢献でもある

医者は金だけがすべてではない。しかし、安易に都会の大病院に就職したいと思っていても、現実はそう甘くな

記事を読む

no image

製薬会社の営業マンの仕込み

大学病院とはいえ、昼下がりともなると外来の患者も少なく閑散としていた。学生時代の友人が卵巣膿腫で入院

記事を読む

no image

医療格差と情報の意味-治療をおすすめしても治りたい意欲なし

「どうせ生きていてもいいことがないから」「一生、貧乏だから」「一生、結婚できないから」と自棄を起こし

記事を読む

no image

心臓の雑音のことをマーマーという-用語集

・ポケベル(pocket bell) 20年前に女子高生にかわいいポケベルが流行し、医者の持つ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑