アメリカの医学部のレジデントシステム

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

アメリカの研修医制度といえるレジデントのシステム。三年間で、みっちり自分の進む科のトレーニングを受ける。カールメニンガー精神医学校は、アメリカのレジデントが受けるトレーニングとほぼ同じトレーニングのシステムだったのだが、その教育が充実していて驚かされたものだ。

アメリカの場合は、通常、レジデントの期間は四年間で、日本の前期研修と後期研修を合わせたようになっている。最初の一年間はインターンといわれ、日本のスーパーローテートと似たような形で、医師としての基本的な能力を身につけるために、さまざまなことを学ぶ。そして、アメリカでもこの期間は見習い扱いで、一人前の医者としては認められない。

講義は週六もあり、宿題の文献だけでも週に一〜三ページ読まないといけないのだが、講義もわかりやすく、精神医学のさまざまな理論を系統的に理解することができる。日本で研修医をやっていたときに、指導してくれる医者によって研修の内容がまちまちだし、この手の講義がほとんどなかったことを思い起こすと、やはりアメリカの教育システムは優れていると言わざるをえない、と経験者は語っている。

レジデントを卒業すると

トレーニングを受けてレジデントを卒業すると、専門医試験というのを受ける。この専門医試験というのをまねして、日本ではいろいろな学会が認定医試験とか、専門医試験というのをやっているが、日本の場合は、研究重視・臨床軽視の大学教授たちがつくるため、オタク問題が多く、臨床能力のテストも甘いので、専門医であっても当てにならないことが多い。

アメリカの場合、研究をするための学会ではなく、臨床医の集まりである専門医の協会のようなものが、全米でおおむね統一した研修のガイドラインをつくっている。だから、四年間のレジデントを終えると、どこで研修を終えたとしても、そんなにはずれの医者になることはまずないということだった。

アメリカの場合は、専門医の協会のようなところが問題をつくり、きちんと臨床能力のチェックも行うので、本当の意味で一人前の医者になったというお墨付きのように考えられているようである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院内で事故が起こることもありえるので注意しましょう

病院内は安全な場所っていうイメージがあるのに、実際は危険も多いんです。病院内の交通事情は不良です。気

記事を読む

no image

死化粧はナースが行う大事な仕事だが・・

お弁当箱よりやや大きめの箱の中には、化粧道具が入っています。人が亡くなると、体を拭いて清め、女性の場

記事を読む

no image

看護職の仕事はどう変わる?-活躍する場は広がってくるが問題も多い

高齢者の在宅医療を進めていこうとするこれからの医療では、医者より看護婦が活躍する場は広がってくる。そ

記事を読む

no image

医師の労働時間や環境がかなり過酷らしい

医療業界では若くしてのボックリ死もあるようですし、働きざかりに、ガンをはじめ不治の病で亡くなる人もい

記事を読む

no image

臨床技術を勉強させてもらっている身で給料をもらうなどという声

臨床技術を勉強させてもらっている身で給料をもらうなど、贅沢だと思うかもしれない。研修医の指導をしても

記事を読む

no image

教授回診は権力の象徴で患者さんにとってのメリットはない!?

ドラマの世界では、教授回診は権力の象徴であり、患者さんにとってのメリットは示されていません。ところが

記事を読む

no image

病院経営-お金を稼ぐことしか考えていない院長

サービスといっても、普通の客商売とは違うはずである。それなのに、たとえば何億円も投資した設備を売り物

記事を読む

no image

やさしい医者で親切だが腕がない場合の弊害

いきなり、質問です。さて、最も罪作りな医者は誰でしょう?もし、不親切で能力のない医者と、親切で能力の

記事を読む

no image

医療事故の事例-強く印象に残っている1999年の出来事

医療ミス事件で、強く印象に残っている事件では、一九九九年の都立広尾病院の誤薬点滴事件があります。都立

記事を読む

no image

医師の休日はあってないようなもの

今はもう見なくなったポケベルですが、ポケベルは、昔は、まだ特殊な職業の人しか持っていなかったモノです

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑