美容整形にハマるある女性の話

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

ホクロとりや二重まぶたなど、ほんの1時間足らずで受けられる手術もあり、美容整形は、ぐっと身近で日常的なものになりつつあるようだ。近年、美容整形の技術は格段の進歩を遂げている。手始めはホクロ、それからおへソ、そしてまぶた、と数カ月おきに施術。看護婦のN子さんも、小金を貯めては、チョコチョコと美容整形を楽しんでいる。次はちょっと低い鼻をと、だんだん欲が出てきた。

美容整形というのは、どうも始めるとクセになるものらしい。なにしろ、すればするほどキレイになって、目に見える形で不満が解消するのだから、病みつきになる心理もまあ、わからないでもない。そんなN子さんのエスカレートぶりを心配したのが、整形外科の看護婦である友人のS美さん。彼女はN子さんのように、ちょっとしたきっかけから、美容整形の甘いワナにハマっていく患者の例をいくつも見てきているのだ。もちろん2人の勤める病院は、ごく普通の総合病院だから、手術済みの患者にまた別の整形をすすめるような、あくどいマネは決してしない。

手術に立ち合いをすすめた

それでも、1カ所が成功したら、今度は患者のほうがもっとキレイになりたい!という誘惑から逃れられなくなるのである。ある患者の手術の日。S美さんはあえてN子さんに、手術に立ち合いをすすめた。顔の全面整形だ。患者は30歳の女性。医師と看護婦は手術前の患者に何時間もかけて説明を試みる。ゼッタイ観月ありさちゃんのようになりたいんですと、繰り返すばかりである。

それは説明というより、むしろ思いとどまるための説得だったのだが、彼女の決意は岩のように固い。N子さんは、患者の写真を見て驚いた。(こ、これは、まるで悪役で名をはせた某プロレスラーではないか・・ムチャクチャな)その患者の顔の全面整形は、アゴの骨を削り、頭蓋骨を縮め、頼骨を削り、鼻を高くし。まるで彫刻か石膏細工である。15時間にも及ぶ手術だった。最新医術を駆使して、手術は無事成功した。もちろん、N子さんがその後スッパリと美容整形をやめたのは言うまでもない。

スポンサーリンク

関連記事

no image

大学病院の売店や食堂があまりよくないといわれる理由

入院患者にしてみれば、売店というのは、ある種の楽しみの場所である。アメニティーという発想のないといわ

記事を読む

no image

薬害エイズ事件の背景-その真実と概要-経緯と原因

基本的には、薬害肝炎は薬害エイズと同じく、輸入売血を使った血液製剤を加熱せずに使用したために、エイズ

記事を読む

no image

病院患者同時でイジメが行われることもあるので注意

偶然、病室が同じになっただけの縁です。仲よくなれる人もいれば、気が合わない人もいて当然。入院生活は、

記事を読む

no image

病院の教授回診-ピリピリする神経の使う行事

明日が回診ともなると、教授の機嫌を損ねては自身の立場が危うくなるので、神経の使い方は並じゃない。一週

記事を読む

no image

薬の種類が多いことで起こる患者への弊害

ある患者さん。不眠症の治療を除いて、まず耳鼻科から整形外科の六科に受診したとしましょう。この事態がす

記事を読む

no image

病院へ行く理由がないのに何度もくる老人が多いらしい

昔から4コマ漫画では、病院の待合室にいるお年寄りが数人集まって、今日、〇〇さん来てないけど、病気にで

記事を読む

no image

親父ギャグで爆笑するのは自分だけ

本来、上司のギャグには、たいしておかしくなくても、瞬発的に反応しないといけないのが、今や不文律です。

記事を読む

no image

ガン告知の真実-病名を隠す傾向がある現代

治療をすれば治るガンについては、告知することが一般的になってきました。現実には、ガンを告知されてよか

記事を読む

no image

信頼できる医師を見つけるにはどうすればいいのか?

昔は、町の医者は患者の懐具合に合わせて医療をおこなっていたようです。患者たちは、診療代の代わりに米や

記事を読む

no image

博士号を取得しても給料は上がらないらしい

博士号を取るためには、何か新しい研究成果を出し、それを論文の形にまとめます。その論文が医学雑誌に載る

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑