美容整形にハマるある女性の話

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

ホクロとりや二重まぶたなど、ほんの1時間足らずで受けられる手術もあり、美容整形は、ぐっと身近で日常的なものになりつつあるようだ。近年、美容整形の技術は格段の進歩を遂げている。手始めはホクロ、それからおへソ、そしてまぶた、と数カ月おきに施術。看護婦のN子さんも、小金を貯めては、チョコチョコと美容整形を楽しんでいる。次はちょっと低い鼻をと、だんだん欲が出てきた。

美容整形というのは、どうも始めるとクセになるものらしい。なにしろ、すればするほどキレイになって、目に見える形で不満が解消するのだから、病みつきになる心理もまあ、わからないでもない。そんなN子さんのエスカレートぶりを心配したのが、整形外科の看護婦である友人のS美さん。彼女はN子さんのように、ちょっとしたきっかけから、美容整形の甘いワナにハマっていく患者の例をいくつも見てきているのだ。もちろん2人の勤める病院は、ごく普通の総合病院だから、手術済みの患者にまた別の整形をすすめるような、あくどいマネは決してしない。

手術に立ち合いをすすめた

それでも、1カ所が成功したら、今度は患者のほうがもっとキレイになりたい!という誘惑から逃れられなくなるのである。ある患者の手術の日。S美さんはあえてN子さんに、手術に立ち合いをすすめた。顔の全面整形だ。患者は30歳の女性。医師と看護婦は手術前の患者に何時間もかけて説明を試みる。ゼッタイ観月ありさちゃんのようになりたいんですと、繰り返すばかりである。

それは説明というより、むしろ思いとどまるための説得だったのだが、彼女の決意は岩のように固い。N子さんは、患者の写真を見て驚いた。(こ、これは、まるで悪役で名をはせた某プロレスラーではないか・・ムチャクチャな)その患者の顔の全面整形は、アゴの骨を削り、頭蓋骨を縮め、頼骨を削り、鼻を高くし。まるで彫刻か石膏細工である。15時間にも及ぶ手術だった。最新医術を駆使して、手術は無事成功した。もちろん、N子さんがその後スッパリと美容整形をやめたのは言うまでもない。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医学博士取得にこだわる理由と肩書きへの敬意

医学博士号の審査のシステムに欠陥があることはいうまでもないという。研究論文として本当に優れたものを書

記事を読む

no image

ナースは注射を打つとき血管が細いと緊張するらしい

血管の直径なんて日常生活上ではどうでもよいことですが、病院での掘血や静脈注射の際には大いに関係があり

記事を読む

no image

胆のうのことをGBという-ゴールブラダーの略-用語集

・GB(胆のう) GBとはゴールブラダーの略で、胆のうのことだ。 もし胆のう結石があればGB

記事を読む

no image

医局員になるということはどこかの研究室に所属すること

医局員になるということはどこかの研究室に所属すること。 医学博士の免状だけは欲しいという場合で

記事を読む

no image

病院医局の内部-息を潜め教授の意見に黙って従う世界

医学部のさまざまな管理機構には、外部からの影響がほとんど及ばないという。そのために学長や理事長という

記事を読む

no image

必見!今の医療現場に嫌気がさした時に転職を考えるならこれ!

医師が転職を考える場合、自分で転職のために動くのはかなり大変です。ツテはある方なら何とかなるかもしれ

記事を読む

no image

額帯鏡-頭に丸い鏡が付いた黒い帯状のもの-用語集

・額帯鏡 現在ではペンライトが主流なので、額帯鏡をつけた医者は殆どいないが、マンガに出てくる医

記事を読む

no image

医学用語辞書-覚えておくと役に立つか恐怖するガン関係の用語

・胃ポリープ 一般の人はポリープは良性だから安心だと思っている。ポリープという言薬は、単に突出

記事を読む

no image

人生いろいろ、ケガの人生色々

・入院病棟人生いろいろ、ケガいろいろ 今のご時世、もっとも実入りがいいのが、土木作業員である。

記事を読む

no image

医療ミスの鑑定は有能な医師の存在なしには成り立たない

さまざまな医療ミス事件の報道があったことを契機に、二〇〇〇年に厚生省が診療関連死を警察に届け出るよう

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑