美容整形にハマるある女性の話

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

ホクロとりや二重まぶたなど、ほんの1時間足らずで受けられる手術もあり、美容整形は、ぐっと身近で日常的なものになりつつあるようだ。近年、美容整形の技術は格段の進歩を遂げている。手始めはホクロ、それからおへソ、そしてまぶた、と数カ月おきに施術。看護婦のN子さんも、小金を貯めては、チョコチョコと美容整形を楽しんでいる。次はちょっと低い鼻をと、だんだん欲が出てきた。

美容整形というのは、どうも始めるとクセになるものらしい。なにしろ、すればするほどキレイになって、目に見える形で不満が解消するのだから、病みつきになる心理もまあ、わからないでもない。そんなN子さんのエスカレートぶりを心配したのが、整形外科の看護婦である友人のS美さん。彼女はN子さんのように、ちょっとしたきっかけから、美容整形の甘いワナにハマっていく患者の例をいくつも見てきているのだ。もちろん2人の勤める病院は、ごく普通の総合病院だから、手術済みの患者にまた別の整形をすすめるような、あくどいマネは決してしない。

手術に立ち合いをすすめた

それでも、1カ所が成功したら、今度は患者のほうがもっとキレイになりたい!という誘惑から逃れられなくなるのである。ある患者の手術の日。S美さんはあえてN子さんに、手術に立ち合いをすすめた。顔の全面整形だ。患者は30歳の女性。医師と看護婦は手術前の患者に何時間もかけて説明を試みる。ゼッタイ観月ありさちゃんのようになりたいんですと、繰り返すばかりである。

それは説明というより、むしろ思いとどまるための説得だったのだが、彼女の決意は岩のように固い。N子さんは、患者の写真を見て驚いた。(こ、これは、まるで悪役で名をはせた某プロレスラーではないか・・ムチャクチャな)その患者の顔の全面整形は、アゴの骨を削り、頭蓋骨を縮め、頼骨を削り、鼻を高くし。まるで彫刻か石膏細工である。15時間にも及ぶ手術だった。最新医術を駆使して、手術は無事成功した。もちろん、N子さんがその後スッパリと美容整形をやめたのは言うまでもない。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

注射が怖いと騒ぐ人-採後しっかり押さえて5分間待ちましょう

痛〜い。やめてくれ〜、なんて叫び声が、診察室から響いてくることがあるでしょう。その悲鳴を聞いた待合室

記事を読む

no image

論文が医学的意味を持たない場合が実は多いらしい

ある医局から提出された数名の博士論文はタイトル名が多少違うものの、ほとんど同じような内容で、さすがに

記事を読む

no image

心房中隔欠損症とは-ASDという心臓内部に穴が開く病気-用語集

・ASO(抗ス卜レプ卜リジン) 溶連菌(ようれんきん)というバイ菌に感染したかどうかの指標。

記事を読む

no image

妊娠後の死産を増やすある産婦人科の話

地方都市の近郊にある土着の病院で、親子代々がお産するので有名だった。先代の死後、二流私大を出た息子が

記事を読む

no image

病院で患者が立て続けに運ばれることを「ツイてる」というが

・ツイてる医者は嫌われる T医師は、診察も早く手術の腕もいい。だが、彼が当直する晩は、どういう

記事を読む

no image

医師になるための条件が欠如している今の若者の傾向

人を愛し、救おうとする医学の道に、人間嫌いの学生が入ってきたらどうなるか。医者は科学者であり、人体の

記事を読む

no image

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉が嫌いですという医師もいるようです。お稽古ごと

記事を読む

no image

病気の症状の診断の際にどううまく伝えるか?

~あなたの症状を医者にどう伝えるか~ ここでは、要領よく簡潔にあなたの言いたいことを伝えるポイ

記事を読む

no image

アメリカ的医学である研究至上主義は利益追求をするためのものか?

海外である程度研究が進んだ段階で、国内最初という研究がもてはやされているのは、いまも変わってはいない

記事を読む

no image

医者の世界は特殊-大学の医学部に勤務している人たちの噂

彼は、同期の皆からひんしゅくを買いながらも、一生懸命に採血を続けていた。おそらく、注射の腕は格段にあ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑