病院にやってきたホームレスに苦戦した医師たち

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

年齢不祥、髪は脂とホコリでべとべと、おまけに目にツーンとくるほどの異臭を漂わせた、典型的なホームレス。深夜の救急センターには、実にさまざまな人間がやってくる。木枯らしが吹きすさぶ、11月末の深夜。山手線の駅前に建つ、ある総合病院の救急窓口に、ふらりとひとりの男が現れた。なんのご用ですか?受付は、ハンカチで口をおさえながら強気で応対した。だがホームレスは全くひるむ様子を見せない。それどころか、酒を飲んでいたら、急に腹が痛くなって、イテテテテと、酒くさい息で必死に病状を訴える。

応対に出た受付の事務員は、一瞬たじろいだが、ひと目で(ははーん、これは駅構内の寝ぐらにありつけなかったんだな)と、察知した。その病院は駅のすぐ前にあるので、厳寒の中、凍えたくないホームレスが目をつけるのも無理はない。しかし、当然のことながら病院は宿泊所ではない。

病気といわれては放り出すわけにもいかない。しかたがないから患者を中へ通す。一刻も早く出ていってほしい、と願いつつ、医師は消え入りそうな声で診断を下した。ヒサンなのは、診察にあたった医師だった。患者、がベッドに横たわると、アンモニア臭が部屋中にたちこめる。息をすると気絶しそうで、もはや酸欠状態の一歩手前である。どこも悪くはなさそうですよだが、それを聞いても患者は納得しない。

レントゲン技師は覚悟を決め

イテテテテと、腹をおさえてのたうちまわるばかりで、お引き取りになる様子は毛頭ない。じゃ、レントゲンでも撮りますか痛いというならしかたがない。患者は、ついにレントゲン室まで送られることになった。けれども、待てどくらせど、患者はカメラの前に現れない。レントゲン技師は覚悟を決め、悪臭の権化である服を脱ぎ捨ててやってくるはずの患者を待った。

そして2時間ほど過ぎたころ、「やめた・・・」。こみあげる吐き気と戦い続けたレントゲン技師、遠くなっていくホームレスの背中を、ただ呆然と見送っていた。レントゲン室の中でえんえん思案に暮れていたらしい患者は突然、そうつぶやいたかと思うと、服を着込んでレントゲン室からトコトコと出ていってしまったのだった。窓のないレントゲン室では、その後一週間、彼の残した「かおり」、がしっかりしみついていたということである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

薬の投与方法のミスの問題とポイント

薬の投与方法のミスの問題とポイントについて、ある専門家は語っている。過去に薬害エイズ事件が問題になっ

記事を読む

no image

病院の人件費を抑える方法-初任給を高くしてベッド数を増す

人件費を抑えるうまいやり方としては、初任給を高くして多く雇い、ベッド数を増やせば、患者も多くなる。そ

記事を読む

no image

「白い巨塔」のドラマそのままに繰り広げられる派閥争い

大学病院の系列化は、文部省などが中心となって中央に優秀な人材が集まり、地方の病院に優秀でない人材が集

記事を読む

no image

基礎医学-公衆衛生学や薬理学のように患者を診察しないもの-用語集

・教室 ここでいう教室とは、普通の会社でいうと〇〇部のようなものであり、たとえば内科学教室、外

記事を読む

no image

愛人関係などの問題で病室がパニックになることもある

医療の現場では、教科書や授業で習わなかった問題点がさまざまあって、解決方法に困ったこともあるようです

記事を読む

no image

純粋に研究論文だけを掲載する商業誌は日本では非常に少ないらしい

日本の医学商業誌のほとんどは、医学的な特集を組んで、その道の専門家や権威者に原稿を依頼する。例えば、

記事を読む

no image

医学部面接試験の真実-我が校にとって都合のいい医者

一昔前に比べれば、面接のやり方が変わり、一見、改善されたように見えるが、実際には大きな変革にはなって

記事を読む

no image

精神科、心療内科とは?間違いやすい診療科

・心療内科ってこんなところ 心療内科とはどんなところなのでしょうか。ストレス病を診療するところ

記事を読む

no image

ダルムとは何か?ドイツ語で腸のことを差す-用語集

病院では、様々な医師同士だけがわかる用語が存在する。それらの用語は、何も知らない患者が聞いても全く分

記事を読む

no image

ベンチレーターとは人工呼吸器のことを指す-用語集

医者しか知らない、医者の間だけで通じる用語がいくつもある。ここではそんな、医師の間で使われている用語

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑