病院医局の内部-息を潜め教授の意見に黙って従う世界

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医学部のさまざまな管理機構には、外部からの影響がほとんど及ばないという。そのために学長や理事長という最高責任者に対する評価なり、責任を問うということが起こりえず、管理者が暴走したとしても誰も抑制することができないようだ。したがって責任者たちは、自分の行動に対する客観的な意見を知ることは不可能に近い。

医療の組織に大きな変革が起きないのは、一つには内部にいる医者たちに責任があるという。研究至上主義で相変わらず教授以下の医者は動き、先輩、主任教授、理事長、学会のボス、製薬メーカーの責任者のご機嫌をうかがいながらの研究、臨床となってしまうという。

医局内部にくすぶっている不満が表に出ることはなく、むしろ不満分子は主任教授の人事権のもとに、長期出張に出されたり、開業しろと言われ、医局を去っていくという相変わらずのことが行なわれているだけのようだ。不満を持った医者たちが、息を潜め、教授の意見に黙って従う、そんな状況だと思っていいという。

主任教授の顔は見えても、それ以下の医局員は無表情でいる必要があるようだ。これはまさに明治以来の医療の封建的な組織管理機構がそのまま残っているためのようだ。

ミ二東大を作り上げているだけ

全国の医学部は東大支配から逃れ、母校の自主独立という状況になっているところもあるが、それも結果的にはミ二東大を作り上げているだけで、大学病院が独立して医療、研究を行なっていることにはならない。教授が親大学から輩出されても、医学系の学会は東大ジッツががっちり守っているから、そこへ切り込んでいくのは非常に厳しいようだ。

外部からは絶対わからない医局の内部。医局内部の封建的なやり方に不満を持ち、昭和四十三年、東大医学部自治会が研修医制度の医師法改正に反対して、無期限のストに入ったのが東大紛争の発端だった。しかし、現在とそれ以前を比較してみても、さほど大きな変化はないようだ。それほど医学部では階層社会ががっちり出来上がっていたようだ。それは患者から見た一部分の医療の問題だけではなく、根深いものが存在することを意味する。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

院長室でお宝をいただく-病院でのある出来事

通常、多くの病院では年に2度、7月と年末に大々的なカルテの整理をする。O病院もその例にもれず総整理と

記事を読む

no image

美容整形にハマるある女性の話

ホクロとりや二重まぶたなど、ほんの1時間足らずで受けられる手術もあり、美容整形は、ぐっと身近で日常的

記事を読む

no image

セカンドオピニオン-転院して急激に回復したある患者の例

セカンド・オピニオンを他の医療機関で聞くほうがいいという典型的な例を紹介します。医者であるGさんの九

記事を読む

no image

医師会の力は昔よりは弱まったとはいえとにかく絶大

政治にも絶大な力を誇ると言われている医師会。医師会の力は昔よりは弱まったとはいえ、とにかく絶大だ。政

記事を読む

no image

死化粧はナースが行う大事な仕事だが・・

お弁当箱よりやや大きめの箱の中には、化粧道具が入っています。人が亡くなると、体を拭いて清め、女性の場

記事を読む

no image

医療ミスの事例は多いが隠蔽しようとするものもいる

医者は、警察官や自衛官、教員などと同じで、いったん反社会的な行為をしたら、その人の信用は一気にゼロに

記事を読む

no image

医者が勧める薬には必要のないものもあるようですので注意

ビタミン剤は、いわゆる薬とはちがって、飲んでも副作用などもまずなく、安心であることから、積極的に勧め

記事を読む

no image

医師が患者さんを診察するときに困ること

医師が患者さんを診察するときに困ることがよくあるようです。診察の中でも、胸の診察で困るのがスリップや

記事を読む

no image

老夫婦の愛が強すぎたために起こった夜の事件

妻は毎日欠かさず見舞いにくる。70歳になる老人が胃潰瘍でP病院に入院してきた。それも、たかが胃潰瘍の

記事を読む

no image

医師への色々な謝礼の実態-現在でも本当にあるのか?

医療器械や機材のメーカーは、製薬会社ほどまだ自主規制していないために、いまだに医者への過剰な接待やバ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑