病院の教授回診-ピリピリする神経の使う行事

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

明日が回診ともなると、教授の機嫌を損ねては自身の立場が危うくなるので、神経の使い方は並じゃない。一週間に一回というのが普通で、病院によっては五日に一回、十日に一回とまちまちで、研修医にとって、これほどわずらわしいものはないという。教授以下、医局員全員と看護婦が病棟の患者一人ひとりをまわり、治療状況を見るのが教授回診である。

何も回診でいちいち聞くことはないわけで、権威を示す以外には、たいした意味はないという。若い医者の管理を厳重にしておこうという意図もあるようだが、教授の性格にもよるが、アメリカなんかはもっと厳しく、患者の細かいデータまで把握していないと怒られるらしい。

いろいろといわれるのもしゃくなので、回診用カルテに完全なデータを書き込むために夜遅くまで書類作成に追われるという。その日がアルバイトの日に当たっていたら悲惨で、前々日にカルテを作らなければならない。翌日は眠い目をこすって出かけることになる。

担当がへマをしたら、責任を問われるのは医局長など医局の責任者である。だから回診の前日になると、ちゃんとデータを把握しておけよと、口をすっぱくしていってくるという。データ作成をうるさくいうのは大学病院だからで、一般の病院ではそんなことはない。

ピリピリするのは看護婦も同じ

ピリピリするのは看護婦も同じで、容体が悪くなった患者をそのままにして回診に当たったりすると、教授から婦長にすぐ指摘がある。看護婦の落ち度はすべて婦長の責任になるからだ。研修医とナースのコンビネーションが悪いんじゃないか。しっかりやりたまえ。婦長は怒られながら、冷や汗をかく。その反動が怖い。時には一人ひとり呼ばれて、私生活のことまで注意されたりする。それが原因で看護婦を辞めてしまう女の子もいるほどだ。
担当のナースだけでなく、その病棟全員がガミガミ、ネチネチと嫌味をいわれる。

また、どんな世界にもすぐに目をつけられては怒られる人間がいる。要領が悪く、教授回診の時の質問にオドオドしてなかなか答えられず、いつも怒鳴られてしまう。患者の前で怒鳴られては医者として立つ瀬がない。もっとも、いつも怒っている教授なら患者も慣れているので平気だが、めったに怒らない教授が怒鳴ったりするとショックは大きいようだ。

わたしは大丈夫なんでしょうかとほかの医者にそれとなく聞いたりするので、教授の虫の居所がよほど悪かったんでしょう。担当の先生は間違っているわけではありませんから、安心してくださいと、なだめなくてはならない。担当の医者への信頼をなくし、自分が受けているのは正しい治療なのかと不安を抱いてしまう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

全国医学部長病院長会議は医師の臨床研修制度について見直しを求める

病院全体で医者が六人とか八人とかいうような事態が生じて、医者が過労状態になったり、救急をやめたりとい

記事を読む

no image

学会誌は掲載許可を会長のようなお偉方が決めているらしい

科学論文の正当な評価というものは、ある程度時間が経たねばわからないものもある。それに、学会誌というの

記事を読む

no image

純粋に研究論文だけを掲載する商業誌は日本では非常に少ないらしい

日本の医学商業誌のほとんどは、医学的な特集を組んで、その道の専門家や権威者に原稿を依頼する。例えば、

記事を読む

no image

医者のいじめの対象-性格が悪い助手が研修医をチクチク

大学病院の医局は、女の子が多い職場に似ているといわれることもあるようだ。特にイジメ。その対象は主に研

記事を読む

no image

医者の紹介状があるからといって特別扱いは期待しない

ある日、初めて受診する患者さんがいました。たとえば、患者さんとして訪れた人が、かつての同級生だったな

記事を読む

no image

病院のベットはいつもフル回転にしておく

空きベッドをつくることが、一番よくない。ベッド数に見合うだけの看護婦も揃えなくてはならないが、そうで

記事を読む

no image

医師国家試験の合格率は何と90パーセントらしい

医師国家試験は内科、外科、産婦人科、小児科、公衆衛生学の必修科目と、年によって二科目の選択科目が加わ

記事を読む

no image

東大の医学部で偏差値が高いからとかいうのは

神経内科と救命救急センターで働くレジデントをやった。そこで人の生き死にに毎日のように直面していると、

記事を読む

no image

必見!今の医療現場に嫌気がさした時に転職を考えるならこれ!

医師が転職を考える場合、自分で転職のために動くのはかなり大変です。ツテはある方なら何とかなるかもしれ

記事を読む

no image

臨床に即した研究調査機関を大学病院のなかに設置すべき

新薬開発の臨床試験、既存の薬の臨床効果判定、新しい手術方法の是非、そういった臨床に即した研究調査機関

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑