病院の職員組合はマスコミも操作するらしい

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

公立病院は、たとえば東京の場合は職員は都の職員になるわけで、組合員は東京都職員組合という大所帯の一員である。これはほかの地方自治体においても同じである。これに比べると私立の病院には組合がないのが普通で、あってもほとんどが御用組合で何の闘争力もない。

力を持っているのは公立病院の組合だ。毎年ベースアップを要求して集会を開いたり、ストライキを行う闘争力がある。公立や国立の病院には、医者を含めた職員の組合がある。

時に組合はマスコミを使って、病院内の人事を動かしてしまうこともある。都内にある公立病院では、医療機器の購入をめぐって病院長が不正をした。例によってリベートをとっていたのであるが、組合はそれを知るとさっそく一部のマスコミに情報を流した。不正が報道されれば、警察も座視してはいられない。病院長から話を聞き、刑事事件に発展するところとなった。組合が病院長の不正をマスコミに流したのは、組合シンパの教授を次期病院長にするための工作だったのである。先の病院長が組合シンパであったら、情報をマスコミに提供したかどうか疑わしい。

取り返しがつかない事態が時に起こるが

教師や医者は聖職だからストライキをするのは問題がある、とよくいわれる。しかし、教師なら授業を休んでも、遅れた分を取り戻すことができる。だが、医者が集会に参加している間に患者の容体が悪化し、処置が手遅れになって死んでしまっては取り返しがつかない。この取り返しがつかない事態が時に起こる。ところが、そんなことは決して報道されることはなく、社会の表面には出てこない。病院の組合はマスコミにも強いのである。

それに、人事を動かすだけではない。看護婦と愛人関係になった内科教授のスキャンダル写真を撮り、ベースアップを交渉する際、この写真が表沙汰になったら、病院の名誉が傷つくでしょう。教授の地位も危なくなりますよ。我々の要求を認めれば写真は出しませんが、どうしますといって、ベースアップを勝ち取ったそうである。ほかの業種の組合も、こういう汚い手を使っているのだろうか。

スキャンダルを起こすほうも起こすほうだが、病院の管理職のスキャンダルを示して、ベースアップや待遇改善の要求を通すような組合というのは倫理観が欠けているように思える。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外国語みたいな土地もあった、が共

記事を読む

no image

生検とは-その意味とその他にも医学用語をいくつか紹介

・生検(セーケン) ここでは生検について話をしよう。検査法は、ポリープとかの細胞の一部を削り取

記事を読む

no image

医学の進歩-新しい試みを行なった医者はアウトサイダーとなる

一番新しい医学の試みを行なった医者は、みな狂気やアウトサイダーと見なされた。事実、世界で初めて心臓手

記事を読む

no image

医療ミスの事例は多いが隠蔽しようとするものもいる

医者は、警察官や自衛官、教員などと同じで、いったん反社会的な行為をしたら、その人の信用は一気にゼロに

記事を読む

no image

経営に必要なノウハウとは-病院の経営は必ず行き詰まる

開業する予定のある人が、経営の研究をしていた。その人によれば、どんな事業でもそうだろうが、合理的な経

記事を読む

no image

便秘で薬を飲むのを我慢する老人が教えた医局ではわからないこと

・ウンチが教えた大学の医局ではわからないこと この春に大学の医局に戻るO医師の後任として、K医

記事を読む

no image

整形外科は人気-血を見たくないと外科の人気は降下

外科は男の世界。男性が女性化していると話題になっているが、医学界でも同様で、内科や眼科というきれいな

記事を読む

no image

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきこと

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきことかもしれないし、逆に言うと、研修医時代に

記事を読む

no image

研修医が病院に初出勤時に起こる嬉しい出来事

医師の、ボールベンにはガスターだのザンタックなどと、カタカナ名が入っているはずです。場合によっては英

記事を読む

no image

学会で二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう理由

学会では二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう。これは学会の数が多すぎ、無理に参加しなければ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑