病院の待合室に響いた子供の恐ろしい一言

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・待合室に響いたシャレにならない子供のひと言

大学病院の内科医局に勤めるAさんには、4歳になる長男コウちゃんがいる。小さな子どもを連れて病院にいくのは、どこへ行くよりも、気疲れするものである。あと3カ月で、妻のK子さんは2人目を出産する予定だ。Aさんが当直明けのある日の午後、以前から家族と約束していた子どもミュージカルに行くため、病院で落ち合うことになった。少し早く着いたK子さんとコウちゃんは、Aさんの仕事が終わるまでロビーで待つことにした。コウちゃんにとっては生まれて初めて見学する、お父さんの勤め先である。

ところが3時半頃になって、Aさんがロビーに行ってみると、そこには妻と息子の姿が見えない。K子さんがダメよと注意するのも聞かずに、ロビーのソファーとソファーの間を走り回っていた。一体どこ行っちゃったんだろうとさんざん探して、ようやく産婦人科の待合室で2人を見つけた。コウちゃんが、ふいにこっちを向いていきなり大声で叫んだ。K子さんは一瞬心臓が止まるかと思った。「ねえママ、ここにいる人たち、みんな死んじゃうんでしょッ?」

いても立ってもいられずに

いても立ってもいられずに、息子を抱えて走り出し、おなかの大きいK子さん、とっさの判断で産婦人科のフロアへあたふたと逃げ込んだというわけだ。そんなドタバタがあったとは知らなかったAさん、思わずウーンとうなってしまった。入院患者がひと息つきに、病棟からロビーへと下りてきている。外来も予約や検査の患者だけになり、いくぶんひっそりとしている中に、ポツポツとパジャマやガウン姿が見える。入院患者たちは、少しでも外の健康な空気に触れたくて、ロビーに下りて来るのであろう。

本当にもうすぐ死んじゃう人がそこにいたかどうかはわからないが、ただの元気のない病人でも、4歳の子どもにとっては、みんなそう見えるのかもしれない。ガラガラと点満のビンを下げた動台を動かしながらゆっくりと歩く者、玄関の明るいガラスの創四外をぼんやり眺める者。やっばり病院での待ち合わせはダメだね、とAさん夫婦は顔を見あわせ、うなずき合ったのである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

病院の待合室にやってきた手ごわい常連

ある民放キー局のすぐ近くにある、T大学病院。場所がら、ここは芸能人の患者も多い。昼間は彼らも他の患者

記事を読む

no image

赤レンガ病棟に入ったある人

私は左翼学生ではなかったが、同期の友人が、赤レンガは人間的な精神医学をやるところで、外来派は生物学的

記事を読む

no image

献体について-少ないご遺体をなんとか得ようとする術

遺体にいくら支払うかの相場はなく、大学によってまちまちだ。医学教育に欠かせない解剖実習は献体に頼って

記事を読む

no image

純粋に研究論文だけを掲載する商業誌は日本では非常に少ないらしい

日本の医学商業誌のほとんどは、医学的な特集を組んで、その道の専門家や権威者に原稿を依頼する。例えば、

記事を読む

no image

医者不足とよくいわれているが本当のところはどうなのか

最近のある統計によれば、成績の最も優秀な者が必ずしも東大の医学部に進んでいるわけではないようだ。受験

記事を読む

no image

後期高齢者終末期相談支援料

凍結されているが、後期高齢者終末期相談支援料の新設が行われた。七十五歳以上の高齢者が、終末期と診断さ

記事を読む

no image

医師の労働時間や環境がかなり過酷らしい

医療業界では若くしてのボックリ死もあるようですし、働きざかりに、ガンをはじめ不治の病で亡くなる人もい

記事を読む

no image

医療機器購入-金を稼ぎ出す金の卵に見えるテクノロジー

中小の病院でも人間ドックを行っているところでは、最先端の医療機器があるのは当たり前になっている。そう

記事を読む

no image

ヤクザ屋さんが患者の場合に好かれる場合があるらしい

老人患者に対応できる充分な人員の確保は、人件費の問題からいって経営を圧迫することは目に見えている。高

記事を読む

no image

いいかげんな医者は医療保険請求だけが命という話

本来、初診の患者にはどこが痛いのか、どんな痛みがいつからはじまり、どれくらい痛いのかを聞く。そしてさ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑