大学病院の専門医が生き残る手段だという発想について

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

専門医が、大学病院で生き残る手段だという発想が、すでに現状の医療とは違ってきているのではないだろうか。医者はみな専門家になるべく、波々としているが、実際にどれだけ専門医が必要かどうかという調査もなく、あくまでも医者の主体性にまかせてあるために、必要のない専門医を作り出していることも事実だ。そこに医療の需要と供給のアンバランスが生まれている。

その病気の権威者になり、全国から患者が集まってくるほどの名声を得れば、それもできるかもしれない。しかし、名もない一般の医者なら、いくら専門外来とはいえ風邪やら、ただ血圧を測るだけの患者を主に診なければならず、研究者としてのモチベーションは上がらず、単純に仕事をこなしているという意識にならざるを得ない。

大学病院は診療だけでなく、教育、研究の三つをうまくこなさなくてはいけない。そんななかで評価の対象となるのは、研究だけである。とくに外来では、いくら臓器別になったとはいえ、自分の専門の病気だけを診ていればいいのではない。したがって、診療への意欲は、自分の研究につながるものでなければならず、純粋な意味で医療をやって、患者を助けるという方向へは行き着かない。

初診に何らかの規制があるわけではない

海外の大学病院のように初診に何らかの規制があるわけでなく、直接行けば誰でも診てもらえるという日本式の大学病院の医療のやり方は、国民全体の寿命を延ばすという意味では、世界的に見ても正しかったかもしれない。しかし、医療の質を問われる現在、国民が誰でも受診できるという日本式大学病院医療が正しいかどうかは、何ともいえない。

患者数をこなさないと利潤が上がらないという大学病院の外来システムでは、医者が意欲を持って診療を続けるには、あまりにも過酷な状況である。午前中三時間で五十名の患者を診るという日本的大学病院の外来諸療のやり方が、正しいかどうかは意見の分かれるところだ。

医者側にすれば、外来では自分の専門的知識を生かし切っていないというのが、本音であろう。逆にいえば、首都圏近郊にある大学病院では、臓器別にして専門性を高める必要がないということになるかもしれない。

ただ、医療費の面から見れば、果てしない無駄を行なっていることは間違いない事実だ。さらに、大学病院へ通う時間的ロスを考えても、改善すべき状況になってきている。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

日本の医療制度の問題点について

医学の最先端の研究の重要性は論を待たないところです。しかし、現在では臓器別医学の限界、来るべき高齢化

記事を読む

no image

娘にどんな教育方法を医者たちはしているのか

・娘にどういう教育を医者たちはしているか 結婚間近のMさんが、鎖骨を痛めて入院した。原因はゴル

記事を読む

no image

医師になるための条件が欠如している今の若者の傾向

人を愛し、救おうとする医学の道に、人間嫌いの学生が入ってきたらどうなるか。医者は科学者であり、人体の

記事を読む

no image

医学部の解剖実習出会いと相性とないものねだり

・解剖実習の出会いと相性とないものねだり G君たちの班の解剖体は、脳溢血で亡くなった42歳の男

記事を読む

no image

かかりつけ医のメリット-何でも相談できる近所の開業医さん

かかりつけ医とは、何でも相談できる近所の開業医さんのことです。あなたは、かかりつけ医を持っていますか

記事を読む

no image

学ぶ楽しさを知ったセミナーと米留学

脳のCTにいたって、脳外科と合わせて年に一枚も診た。で、その後、内科もできる精神科医を、高齢者専用の

記事を読む

no image

医学部の定員増の問題

定員増の合意は、文部科学省だけでなく、厚生労働省、総務省、そして財務省までが合意している。大学側も、

記事を読む

no image

CEAとは何か?その意味-その他にも色々な用語も

・CEA 大腸ガンや胃ガンが体に潜んでいると、血液中にCEAというものが増えてくる。カルチノ(

記事を読む

no image

院長室でお宝をいただく-病院でのある出来事

通常、多くの病院では年に2度、7月と年末に大々的なカルテの整理をする。O病院もその例にもれず総整理と

記事を読む

no image

医療格差と情報の意味-治療をおすすめしても治りたい意欲なし

「どうせ生きていてもいいことがないから」「一生、貧乏だから」「一生、結婚できないから」と自棄を起こし

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑