病院の訴訟のリスク

公開日: : 最終更新日:2015/12/24 医療に関する記事

多くのケースで、医療ミスがあった云々以上に、医者の態度が、あるいは説明不足が、患者さんを硬化させるという。逆にそれがうまくいっていれば、少々の(もちろん、一生懸命やったうえでの話だが)ミスがあっても、訴訟沙汰にまではならないのが通例とのこと。

過誤がないのに賠償金が支払われたケースも結構あったのだが、考えないといけないのは、ミスがあったのに訴えられないケースが、アメリカのような訴訟社会でも大部分であることと、ミスがないのに訴えるケースが相当数あることである。これは、大きな問題である。

ニューヨークにある五一の病院から無作為に選んだ三万一四二九例の診療録を調べ、研究グループの医師たちがなったのは八例だった。ところが訴訟になったのは五一例で(つまり、四三例は過誤がなかったのに医療訴訟になったことになる)、実はミスがない訴訟のほうがはるかに多かった。

今後は、日本もどんどん訴訟社会になっていくだろう。一方では、厚生労働省のごり押しで事故調が具体化すれば、医師は、どんな形であれ、患者さんが死ぬような医療を避ける方向に向かうはずだ。そうでなければいけないのである。

どんなに医療崩壊が進んでも

有名な訴訟事件では、医者の態度が悪すぎたり、訴える側を責めたり、まったく聞く耳を持たなかったり、ほとんどまともに説明しないということを、少なくとも患者さんサイドから取材の際に聞いているそうだ。これは、きわめて大事な話である。

どんなに医療崩壊が進んでも、厚生労働省としては大事な天下り先なので、無理にでも事故調をつくるだろう。自民党も賛成していることだし、自民党が事故調に賛成しているようなら、次の選挙では民主党に入れるのが、医者の生き延びる道かもしれない。これは、もちろん建設的な話ではない。ただ、事故調ができなくてすんでも、民事訴訟は(あるいは刑事訴訟も)覚悟しないといけない。

死ぬ可能性がある患者さんの手術などを引き受けない形。あるいは、事故調に言い逃れができるように、なるべく標準的とっておくことなどが必要になるだろう。運悪く患者さんが急変したら、人工呼吸器でも何でも使って、可能な限り延命をして、手術にまつわる死でないことにするということにでもなるのだろうか?

スポンサーリンク

関連記事

no image

アメリカではベッドの数に対して二倍以上の看護師がいるが

従来の最高レベルとされた看護師二人に対し患者一人(一対一入院基本科)の病院は一万二六九円。三人対一人

記事を読む

no image

医学部の定員増の問題

定員増の合意は、文部科学省だけでなく、厚生労働省、総務省、そして財務省までが合意している。大学側も、

記事を読む

no image

ギネとは産婦人科のことでジャイネコロジーという-用語集

・ギネ このコトバの使い方としては、たとえばこの患者をギネでみてもらおうなどと使う。英語ではジ

記事を読む

no image

病棟常備薬-ナースステーションの薬の箱に入れてあるもの-用語集

・二通りの道 世間の人は、内科部長や診療所長よりも、医学部教授の方がカッコイイと言うが、その代

記事を読む

no image

大学病院は研究をするところで臨床は周辺の病院で学べばいいという意見

大学病院は研究をするところで、臨床は周辺の病院で学べばいいという意見もある。この考えは一部の医者に根

記事を読む

no image

医者は患者を触る指で相手を覚えるという

医者は患者を触る指で相手を覚えるという。顔を思い出せすともふたりの関係は指が知ってる。 ここは

記事を読む

no image

何でもかんでも薬漬け医療だというのは少し違う

現代の医療は、薬漬け医療だとよく言われることがあります。医者が必要のない薬をたくさん出したり、患者の

記事を読む

no image

日本初の脳死移植と脳死法案

日本初の脳死移植をやりたかったとしか思えない、少なくとも本気で患者さんを救えるかどうかはかなり怪しい

記事を読む

no image

尿路結石になった男性-健康って何か分からなくなる

・35歳、健康食生活一筋男の嘆き 35歳のSさんは、深夜激しい腹痛に襲われ、救急車で運ばれた。

記事を読む

no image

ナースは忙しいのが好きな人が多い!?

Eさんは看護婦である。子育てでしばらく休んでいたが、ようやくこの春から職場に復帰した。Eさんの勤務先

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑