病院の訴訟のリスク

公開日: : 最終更新日:2015/12/24 医療に関する記事

多くのケースで、医療ミスがあった云々以上に、医者の態度が、あるいは説明不足が、患者さんを硬化させるという。逆にそれがうまくいっていれば、少々の(もちろん、一生懸命やったうえでの話だが)ミスがあっても、訴訟沙汰にまではならないのが通例とのこと。

過誤がないのに賠償金が支払われたケースも結構あったのだが、考えないといけないのは、ミスがあったのに訴えられないケースが、アメリカのような訴訟社会でも大部分であることと、ミスがないのに訴えるケースが相当数あることである。これは、大きな問題である。

ニューヨークにある五一の病院から無作為に選んだ三万一四二九例の診療録を調べ、研究グループの医師たちがなったのは八例だった。ところが訴訟になったのは五一例で(つまり、四三例は過誤がなかったのに医療訴訟になったことになる)、実はミスがない訴訟のほうがはるかに多かった。

今後は、日本もどんどん訴訟社会になっていくだろう。一方では、厚生労働省のごり押しで事故調が具体化すれば、医師は、どんな形であれ、患者さんが死ぬような医療を避ける方向に向かうはずだ。そうでなければいけないのである。

どんなに医療崩壊が進んでも

有名な訴訟事件では、医者の態度が悪すぎたり、訴える側を責めたり、まったく聞く耳を持たなかったり、ほとんどまともに説明しないということを、少なくとも患者さんサイドから取材の際に聞いているそうだ。これは、きわめて大事な話である。

どんなに医療崩壊が進んでも、厚生労働省としては大事な天下り先なので、無理にでも事故調をつくるだろう。自民党も賛成していることだし、自民党が事故調に賛成しているようなら、次の選挙では民主党に入れるのが、医者の生き延びる道かもしれない。これは、もちろん建設的な話ではない。ただ、事故調ができなくてすんでも、民事訴訟は(あるいは刑事訴訟も)覚悟しないといけない。

死ぬ可能性がある患者さんの手術などを引き受けない形。あるいは、事故調に言い逃れができるように、なるべく標準的とっておくことなどが必要になるだろう。運悪く患者さんが急変したら、人工呼吸器でも何でも使って、可能な限り延命をして、手術にまつわる死でないことにするということにでもなるのだろうか?

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

オーダリングシステムを取り入れた病院の努力だが・・

医者個人の情報、つまり卒業大学、持っている専門医資格、研修をした病院、研究、医療に関する考えなどを患

記事を読む

no image

大病院は小さな病院よりも医療の質が高いとは限らない

大病院に患者が集まる理由は、 ・若手からベテランまで専門医がそろっている。 ・科目数が多い。

記事を読む

no image

グレーゾーン的な仕事が多いといわれる医師

医学や医療に関係のない方とお話していますと、医学への信頼もあってか、医学的治療を白か黒やall or

記事を読む

no image

医療経済優先の論理-利益率が多い薬の存在

各医療機関が過当競争しないような行政的配慮が必要であろうと思います。医者だって人間ですから、自分が窮

記事を読む

no image

格差社会と勝ち組と負け組

格差社会というのは、負け組が大量に出ると同時に、勝ち組は非常にリッチになる社会である。日本は、これま

記事を読む

no image

薬の投与方法のミスの問題とポイント

薬の投与方法のミスの問題とポイントについて、ある専門家は語っている。過去に薬害エイズ事件が問題になっ

記事を読む

no image

臨床技術を勉強させてもらっている身で給料をもらうなどという声

臨床技術を勉強させてもらっている身で給料をもらうなど、贅沢だと思うかもしれない。研修医の指導をしても

記事を読む

no image

医者への謝礼の相場っていくらなの?

謝礼を渡さなかったからといって、担当医であれ指導医であれ、診療に手を抜くことはない。しかし謝礼を喜ば

記事を読む

no image

ガリウムシンチなどの医学用語集

・ガリウムシンチ 病気の種類によって、注射する物質が異なるわけだが、ガンの場合はガリウムという

記事を読む

no image

医者も実はタバコや酒をやめられないという事実

吸いすぎも肺ガンだけではなくて、それ以上に咽頭ガンには高い確率でかかりやすくなります。 そんな情報

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑