病院の受付嬢が対応に苦労した来院者たち

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

最近の大病院の薬局や受付は、オープンカウンターが一般的である。内と外はちょうど銀行のカウンターのようになっていて、全体が見通せる。しかし、ここの病院の脳神経科の窓口はワケあって昔ながらのスタイルのまま、厚いガラス窓の手元の部分だけが細長く開けられている。ちなみに、この病院では診察券を科ごとに発行する。だから同じ病院でも、うっかり別の科のカードを出してしまう場合もよくある。しかしある日、Mさんの前に中年の男性患者が出したカードは、違う科どころか違う病院の診察券だった。

これ、違いますよと、診察券を何気なく患者さんに差し戻したMさんは、思わず息をのんだ。患者の顔がみるみる赤くなり、目がつり上がってきたのだ。血まなこになってバタバタとサイフを探り、再び出したのが今度は銀行のキャッシュカード。Mさん困惑し、これも、と言いかける前に、サッと今度は市の図書カードを突き出した。患者はすでにものすごい形相だ。その表情は明らかに尋常ではない。しばらくして、患者の真っ赤になった顔は一変して徐々に青くなり、唇がガタガタ震えてきた。

彼は次から次へとすさまじい勢いでカードを出し、ついにバンッとカウンターをたたいてこう叫んだ。なんだッ、なにが悪いッ、オレのカードだッ、文句あるのか!ただただどなるばかりである。その場はすぐに古参の主任に替わってもらい、事なきを得た。

耳にキンキン響く女性の声

耳にキンキン響く女性の声で、10時に予約したGですけど、遅刻します。出勤したばかりのMさんを奇妙な電話が襲った。は?遅刻しますからッ。ガチャッ。堂々と遅刻を予告する女。Mさんが時計を見ると8時半。あわててパソコンでカルテを検索すると、問題のGという患者の住所は、なんと病院から目と鼻の先である。確信犯だ。

このやりとりは、脳神経科センターの受付にまわされた医療事務員のMさん26歳が、市民病院から転任早々に直面した初めての出来事である。そのくらいなら大したことないよ。そのうち他の科とちょっと違うってことが少しずつわかってくるよと、同僚は意味深長である。たて続けの奇褐にショックを受けるMさんを、さっきの同僚がなぐさめる。気にしてたら身体がもたないよ。そのうち慣れるさ、と。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

薬害エイズ事件の背景-その真実と概要-経緯と原因

基本的には、薬害肝炎は薬害エイズと同じく、輸入売血を使った血液製剤を加熱せずに使用したために、エイズ

記事を読む

no image

医師への色々な謝礼の実態-現在でも本当にあるのか?

医療器械や機材のメーカーは、製薬会社ほどまだ自主規制していないために、いまだに医者への過剰な接待やバ

記事を読む

no image

医科大学病院の手術が長い理由-安全性が高いわけではないらしい

患者の家族にとってはたまらない話かもしれないが、外科医を育てるためにはやむを得ないことであるようだ。

記事を読む

no image

製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうことがあるという。こんなに大事にさ

記事を読む

no image

病院の訴訟のリスク

多くのケースで、医療ミスがあった云々以上に、医者の態度が、あるいは説明不足が、患者さんを硬化させると

記事を読む

no image

医者はきちんと哲学を学ぶべきだという考え方

医者というのは、理系のせいか、一部の例外小説家などになって成功する医者も少なくはないが、やはり少数派

記事を読む

no image

研究熱心なある医師の毒味の楽しみ

R内科のすぐ近くで喫茶店を経営するUさんは、開業当時からの患者である。気さくで明るいR氏の人柄が、U

記事を読む

no image

小児科医の減少の理由-仕事がきついので辞めたい人が多い

今、小児科がどんどん消えています。小児科医の全体数は増えています。それなのに小児科が減るといいます。

記事を読む

no image

臨床研修制度は研修医の劣悪な労働環境を変えていこうという目的もあった

医療行為についての保険の点数もまったく同じだし、開業する気になれば、卒業してすぐに開業できた。医者と

記事を読む

no image

医療求人サイトランキング

あなたは今の職場に満足されていますか?収入や人間関係、待遇問題など、不満を持っている方は多くいらっし

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑