病院内で事故が起こることもありえるので注意しましょう

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

病院内は安全な場所っていうイメージがあるのに、実際は危険も多いんです。病院内の交通事情は不良です。気をつけよう院内廊下で事故多発、一人ひとり移動には安全第一を心がけましょう。まるで笑い話のようだけれど、病院内で交通事故にあって入院が長引く人もいます。まったくお気の毒です。

緊急事態が発生すると、本来は安全に気をつけるべき職員のドクターやナースも走って病室に駆けつけたりします。手術室に急いでストレッチャーを押して行くこともあります。交通違反をしてでも一刻も早く、危うい患者さんのところへ行こうと全力疾走しています。廊下を曲がるときだって、一時停止や前方の注意確認なんてしていません。これが正しいか否か、よいか悪いかは別として、現実はこんなもののようです。

歩いていたら、病室から飛び出してきたストレッチャーにぶつけられて倒された、松葉杖で初めて歩いたら、お見舞いに連れて来られて子供が横から走って来て倒されてしまうようなことはときどきあるようです。

ゆとりあるスピードで動きましょう

病院によっては、いろんな器具を載せたワゴンが廊下に出したままになっています。まるで駐車違反状態です。前日から車椅子に乗り始めたという若葉マークの人もいます。そして、病院内には走って飛び出す子供もいれば、目の手術をした翌日でよく見えない人もいます。

ルールを守らない人もいるし、自分勝手な行動をとる人もいます。せめて、前や横から飛び出されたら止まれる、ゆとりあるスピードで動きましょう。胃潰瘍で内科に入院していて翌日退院の予定なのに、院内交通事故で脚を骨折して内科からそのまま整形外科に院内移動した。こんな運の悪い、かわいそうな患者さんもいます。

病院も街中と同じです。周囲を見渡しながら、スピード違反をしないであわてず進むことが大事です。普通にしていれば、患者が病院内を走らないといけないようなことはないはずです。院内ではゆっくりと歩きましょう。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医学用語-略語や実際に会話で使われることがある言葉集

・アデノカルチ 実際の会話例としては、たとえば先輩の医師が病理の結果は何だ?と聞いた時に、研修

記事を読む

no image

受験の直前期にやること

医学部への受験。これからの二週間や一カ月より、これまでの一年間、二年間のほうが、はるかにやってきたも

記事を読む

no image

医学部の講義では治療の話はあっても実際使用の薬の話は聞けない

大学病院の医療が外来に依存しているわりには、外来診療をきちんと教育していない。あくまでも自分で経験し

記事を読む

no image

医療ミスを隠蔽する体質-自主申告になっている事故の実際

医療事故はちょっとした不注意、集中力の欠如から発生します。なにしろ、交通事故で亡くなる人は年間八〇〇

記事を読む

no image

看護師が患者を死なせてしまった話-見よう見まねで起こった事故

ある救急医療センターには、日頃から若手医師をイジメるので有名なべテラン看護婦がいた。経験の浅い医者が

記事を読む

no image

問診の内容や診察した所見を記載することなど

内科の場合、一般的には、顔色、眼、口、首、胸部、腹部などと上から下へ進んでいきます。まず顔色です。顔

記事を読む

no image

医学は英語が共通言語

医学は英語が共通言語。語学の勉強は重要。医学部の場合、第二外国語でドイツ語をとる人が多いようだが、今

記事を読む

no image

ニューハーフの患者が大部屋に入ったらどうなる?

パンツスーツは女性のファッションとして定着しましたし、髪の長い男性もふえています。世間では男女の区別

記事を読む

no image

精神科、心療内科とは?間違いやすい診療科

・心療内科ってこんなところ 心療内科とはどんなところなのでしょうか。ストレス病を診療するところ

記事を読む

no image

製薬会社の営業マンの仕込み

大学病院とはいえ、昼下がりともなると外来の患者も少なく閑散としていた。学生時代の友人が卵巣膿腫で入院

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑