病院経営-お金を稼ぐことしか考えていない院長

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

サービスといっても、普通の客商売とは違うはずである。それなのに、たとえば何億円も投資した設備を売り物にしたり、若い美人の看護婦を集めたりして、一人でも多くの患者を集めようと頭を痛める医者もいる。
それまでは何々病院の看板を掲げるだけで患者が集まってきたものだが、病院間の過当競争を強いられているのが現状だ。そうなると医者の質はもちろんのこと、患者に対するサービス度が病院選択の基準にもなる。
医者の絶対数が足りない時代から、患者が病院を選ぶ時代になっている。

病院経営は確かに難しい時代に入っている。しかし医者でもある院長が、医者の務めである医学の勉強を怠ってボランティアに精を出し、医療の発展には関心を持たずに経営にばかり目を向けている。これでは医者としての資格に欠けている。中小の個人病院には、院長個人の魅力によって勤務医が集まってくることがある。若い医者にとっての魅力とは、独特の治療法を持っているとか、ある分野で優れた実績があるなどだ。その病院に勤めるということは勤務医にしてみれば、給料がもらえるというだけのことではなく、医者としてやっていく上で少しでも勉強になり、メリットがあるという期待からなのだ。

うちの院長は銀行にばかり行っている

うちの院長は銀行にばかり行っている。何かというと資金繰り、資金繰りとお題目のように唱えていて、いかにも中小企業の経営者という感じ。まったくイヤになるよとグチをこぼす医師もいるようだ。

また、これからの病院は、地域の人に親しみを持ってもらわなければいけないから、ボクは毎週日曜日には、ボランティア活動をして、地元の人に顔を売っているという院長もいるようだ。政治家顔負けであるが、その病院に勤務している医者は、うちの院長は医療の発展とか、地域医療の向上とか、口ではえらそうなことをいっているよ。しかし病院の中じゃ、やれ空きベッドは出すな、もっと(保険)点数を稼げ、金持ちの患者は一日でも長く入院させておけ、なんてことばかりいっているんだ。ついていけないよと嘆いている人もいるようだ。

採算を度外視して、赤ひげのように貧乏人のための病院を経営するのが立派だとは思わない。自分の生活にも苦しんでいるような医者が、万全の手を尽くせるのか疑間だからだ。ただ医者である以上は、いかにして患者を病苦から救うかを、経営の中心に据えてもらいたい。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者のいじめの対象-性格が悪い助手が研修医をチクチク

大学病院の医局は、女の子が多い職場に似ているといわれることもあるようだ。特にイジメ。その対象は主に研

記事を読む

no image

トラウマとは英語で外傷という-色々な用語集

・トラウマ(trauma) トラウマとは英語でガイショー(外傷)のこと。 ・トーヤク(投

記事を読む

no image

医師過剰時代-大学病院の勤務医も町医者もあふれんばかり-用語集

・医は算術 最近は、医は算術と言い換えられてしまい、金儲け主義の医者が増えてきた。そうなった理

記事を読む

no image

日本初の脳死移植と脳死法案

日本初の脳死移植をやりたかったとしか思えない、少なくとも本気で患者さんを救えるかどうかはかなり怪しい

記事を読む

no image

医学博士取得にこだわる理由と肩書きへの敬意

医学博士号の審査のシステムに欠陥があることはいうまでもないという。研究論文として本当に優れたものを書

記事を読む

no image

病院内恋愛-職場の規律を乱すほどの深刻なものもあるようだ

歴史のある大学病院の中には医師と看護婦の恋愛はご法度という不文律を持つところがある。聖なる職場で恋愛

記事を読む

no image

私が精神科を選んだ理由

私が精神科を選んだのは、同じように学校に出なかった連中ほど厚かましいわけではなく、情報がなかったから

記事を読む

no image

医者は論文の質ではなく、その数で決まるといわれる理由

ある医局では昔、助教授の書いた週刊誌の小さな健康記事、製薬会社の広報雑誌のコメントまで研究業績として

記事を読む

no image

注射が怖いと騒ぐ人-採後しっかり押さえて5分間待ちましょう

痛〜い。やめてくれ〜、なんて叫び声が、診察室から響いてくることがあるでしょう。その悲鳴を聞いた待合室

記事を読む

no image

医者と薬屋の接待現場での話

医者と薬屋の接待現場での話 ・お医者さんと薬の関係 小さなバーのカウンターで飲んでいるの

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑