病気を自己診断しないで医師の判断を仰ぎましょう

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

受診するまでに、すでに自分で病名をつけてくる患者さんって案外いっぱいるようです。たとえばカゼをひきましたとか、貧血なんです、なんて、本人がいうと信じてしまいがちだけど、もしかすると、カゼではなくて結核か肺ガンかもしれません。貧血ではなくて、一過性の低血圧だったりするようです。

直医室に電話が入り、盲腸の患者さんが、時間外診療で来ますから、外来診察室までお願いしますなどと呼び出されます。すると、次の瞬間、ホントに盲腸か?と、疑いを持ってしまう。医学的には虫垂炎というけれど、心の中でつぶやくときには、医師にとっても盲腸のほうがいい慣れているようです。

これは気をつけないと、誤診のもとです。非常に素直な人もいます。医者も融通のきかない人がいるようです。盲腸という患者さんも、ご家族や友人で盲腸の経験者がいて、聞いていた様子と似ているので、盲腸になりましたと、病院に電話してきたのでしょう。

胃の病気を想定して検査を進めてしまうかも

2~3日前から、胃が痛くてと説明すると、胃の病気を想定して検査を進めてしまいます。患者さん本人が盲腸といえば虫垂炎を頭においた検査、カゼといえばカゼの治療薬、貧血といえばまず血液検査、そんなストレートな診療になってしまうこともあります。胆嚢もあれば、胃の後ろには膵臓だってあります。病気がある臓器は異なっても、とても似ている症状を現すこともあります。胃の近くには十二指腸もあるし肝臓もあります。

具体的にどんな注意をすればよいかというと、2日前から、ここに激しい痛みが続いていますといいながら、みぞおちを指したりすればよいのです。胃が痛いなんていうと、最初は胃の検査しかしない医者もいるかもしれません。病気を見落として手遅れにならないように注意が必要です。胃潰瘍的な痛みなどと自分でアレンジしたり、診断をつけたりしないほうが安全でしょう。

熱は今朝計ったら38度8分でした。ー週間前から、セキが続いていて、のどが痛くて腫れているようです。というふうに、症状をそのまま伝えるほうがいいようです。効率よく診療のプランを立てられ、これだけでも、ムダのない、誤診の少ない医療に役立ちます。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医学部への受験勉強

私が、夢を持ち、医学部に入ろうと思い、勉強する気になったのは、実は、高校二年生の初めに、とある映画を

記事を読む

no image

裏金-研究費という名目で裏金が病院に流れているウワサ-用語集

・講座 もちろん、講座といっても、医者が患者を一同に集めて病気の話をするわけではない。普通の会

記事を読む

no image

病院の訴訟のリスク

多くのケースで、医療ミスがあった云々以上に、医者の態度が、あるいは説明不足が、患者さんを硬化させると

記事を読む

no image

医者も実はタバコや酒をやめられないという事実

吸いすぎも肺ガンだけではなくて、それ以上に咽頭ガンには高い確率でかかりやすくなります。 そんな情報

記事を読む

no image

医療事故の事例-強く印象に残っている1999年の出来事

医療ミス事件で、強く印象に残っている事件では、一九九九年の都立広尾病院の誤薬点滴事件があります。都立

記事を読む

no image

医療格差と情報の意味-治療をおすすめしても治りたい意欲なし

「どうせ生きていてもいいことがないから」「一生、貧乏だから」「一生、結婚できないから」と自棄を起こし

記事を読む

no image

格差社会の医療の在り方-アメリカなどの例とおすすめの事項など

情報通の人はいい医者を選ぶ。格差社会というとお金の問題ばかりが取りざたされる。情報の格差。ITの時代

記事を読む

no image

後期高齢者医療制度導入の問題

二〇〇八年度最大の医学関連のニュースは、おそらくは後期高齢者医療制度の導入問題だろう。つまり、これは

記事を読む

no image

病院のベットはいつもフル回転にしておく

空きベッドをつくることが、一番よくない。ベッド数に見合うだけの看護婦も揃えなくてはならないが、そうで

記事を読む

no image

「白い巨塔」のドラマそのままに繰り広げられる派閥争い

大学病院の系列化は、文部省などが中心となって中央に優秀な人材が集まり、地方の病院に優秀でない人材が集

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑