病棟での実習で医学教育の欠点がさらけ出されるという話

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

社会と医療には親密な関係があるにもかかわらず、それに興味を持つことは、医者として邪道であり、あくまでも臨床の医学研究が医学の本道であると、多くの医者が考えているという。医学教育学は、あくまでも医学全体からみれば亜流でしかなく、医学研究のできない研究者の落ちこぼれが取り組む学問だと思われているらしい。病院管理学の講座を持つところは少ないが、こういう学問こそ、いまの医療には欠かせないものである。

そのため、福祉関係の法律を知ることもなく、介護保険などの社会保険の仕組みを知ることもない。小手先のカリキュラムをいじったところで医学教育の変革はできない。それが新しくなったところで、患者のための医学にはならないという。

また、病棟での実習は、BSLと呼ばれる。数名のグループが病棟の患者さんを受け持たされたり、検査に立ち会ったりする。ここでも医学教育の欠点がさらけ出されるという。

ほとんどシステム化されていないらしい

臨床での衝撃はそれなりにあるが、医学生の訓練をするという意味ではほとんどシステム化されていないらしい。医学生はここでもある種の意欲をそがれることになる。医者としての経験をしたいという願望と、病棟の忙しさは相反して、結局、医学生は邪魔者扱いされてしまう。そこには将来、最も大切になるであろう、患者との面談の方法など、非常に実践的なものがあるはずだが、それが教育されることは少なく、それを教育できる人間も少ないようだ。

学生指導の担当になった医者は、日常の仕事が忙しく、学生たちの相手をするのが面倒になってくる。そこに濃厚な臨床の実習はなく、手の空いた医者が相手をするというのが現状という。医学教育をする医者に対しての評価がほとんどないのが大きな原因である。ただ見ているだけの臨床実習は実につまらないもので、居場所のない医学生にとって、カンファランスルームで仲間たちとしゃべったり、医学書を読んで実習が終わってしまうこともある。

講義のカリキュラムには多くの問題が以前から指摘されているようだ。一つには、実際の臨床の重要度と講義時間が一致しない。その修正には各科の教授の思惑が関係して、なかなか時間をうまく変更できないことが多いという。
医学部のさまざまな制度を改革できないのは、主任教授が全権を掌握し、そこを通過しないと何も進まないからではないだろうか。閉鎖された横構のなかでは、問題が山ほどあったとしても、それに前向きに取り組むことが、自分の存在の否定になってしまうからだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

DICとは?癌のために起こることがある非常に危険な状態

・DIC 出血が全身に起こっているので、ガンのためにDICが起こると非常にヤバイ状態だ。胆裏の

記事を読む

no image

研究発表の真実-十年以上も前に結論が出ている現状

もう十年以上も前に結論が出ていることを、目先を変えて繰り返し発表することも行なわれている。そんな研究

記事を読む

no image

病院の職員組合はマスコミも操作するらしい

公立病院は、たとえば東京の場合は職員は都の職員になるわけで、組合員は東京都職員組合という大所帯の一員

記事を読む

no image

心身医学療法を現代の医療に加える

気管支端息は頻回の夜間発作や度重なる入院などが医療費を高めています。気管支端息は代表的なアレルギー疾

記事を読む

no image

看護職の仕事はどう変わる?-活躍する場は広がってくるが問題も多い

高齢者の在宅医療を進めていこうとするこれからの医療では、医者より看護婦が活躍する場は広がってくる。そ

記事を読む

no image

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉が嫌いですという医師もいるようです。お稽古ごと

記事を読む

no image

自分で病気を治す努力をしない患者

・困ってしまう患者さんとは? 医師が、日々の診療の中で、特に困っている人たちは、自分で病気を治

記事を読む

no image

鑑別診断とは-DDxという文字で表される-用語集

・DDx(鑑別診断) Dxの前のDはディファランシェイティッド、つまり区別されたの意味だ。Dx

記事を読む

no image

理想の医師とそうでない人-分かりやすい例を挙げて善し悪しを紹介

横柄で傲慢でイバってばかりいる医者は、本当に良い医者とはいえない。聞かれもしないのに手術は99%成功

記事を読む

no image

博士号のメリット-医学博士でなければ教授の地位に昇る資格はない

医学博士でなければ、教授と名のつく地位に昇る資格はない。国公立、私立を問わず、大学で出世するためには

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑