病棟常備薬-ナースステーションの薬の箱に入れてあるもの-用語集

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・二通りの道

世間の人は、内科部長や診療所長よりも、医学部教授の方がカッコイイと言うが、その代わり収入面はイマイチである。大学病院の医者は、常に二つの道の選択に迫られている。一つは、大学の関連病院の内科部長などの地位につくか開業するかして、患者の診療に進む道だ。もう一つは、このまま大学病院に残って研究を続け、教授を目指す道。だから、どちらの道に進むか迷っている医者が多いのだ。

・病棟常備薬

実はこれらの薬も、本来は患者用の薬だったが、途中で不要になったために、ナースステーションの薬の箱に入れてあるのだ。さて、病棟常備薬の使用方法だが、医者や看護婦が頭痛がするとかカゼをひいたと言っては、常備薬を持ち出して飲んでいるのである。病棟のナースステーションには、薬がたくさん置いてある。もちろん、その殆どは患者用だが、病棟に備えつけの薬もある。

・偏差値

数学や物理で点数を稼いでいる人が多いだが、数学や物理は、医者にはまったく必要がない。大学の入学試験のデータを見ると、医学部の偏差値は非常に高いが。むしろ、倫理・政治経済・生物などを必修科目にした方がよい。それに、偏差値の数値よりも、面接をもっと重視すべきである。

分娩時刻

・分娩時刻

分娩時刻は、朝も昼も夜も均等に起こりそうなものだが、圧倒的に日中に多い。本来なら夜に分娩するはずのものを、薬を使ってコントロールして、日中に分娩が起こるようにするためだ。一般用語では出産というが、医学用語では分娩(ぶんべん)という。なぜ日中に分娩させるかというと、夜間は医者や看護婦の人手が足りないということもあるが、やはり夜はぐっすり眠りたいという本音もあるようだ。

・病院ランキング

研究や学会発表の理論面が優れていても、患者の診察や治療などの実践面が優れているとは限らない。病院ランキングや名医100選という本を見て病院を選ぶ人も多いが、これはナンセンスだ。名医と書かれた医者の性格は分からないし、仮に教授の手術の腕前が良くても、別の医者が主治医になる可能性が高いから。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医学部の講義では治療の話はあっても実際使用の薬の話は聞けない

大学病院の医療が外来に依存しているわりには、外来診療をきちんと教育していない。あくまでも自分で経験し

記事を読む

no image

地域枠-医学部で定員割れとなるのか

医学部入試では、地域枠に希望者は殺到するだろう。すると、センター試験もこれまで以上の高得点が必要とな

記事を読む

no image

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面。 大学病院の場合、研修の質が悪いだけでな

記事を読む

no image

医者の診断できない範囲-ナワバリを知らされたある出来事

医者のナワバリを、魚の骨で知らされたある出来事がある。 1人息子の医大合格祝いの席で、鋼のホネがノ

記事を読む

no image

優秀な研究者は日本人であっても優遇される

東大医学部で、アメリカで優秀な研究者だった人がいるが、日本の研究所に入る際に、外国の研究資料を持ち出

記事を読む

no image

新人ナースを嫌がる患者さん-しかし嫌なことばかりではない

学ぶエネルギーに満ちあふれ、フレッシュな気持ちで患者さんに接してくれる看護実習生。実習生は、たいてい

記事を読む

no image

アメリカ的医学である研究至上主義は利益追求をするためのものか?

海外である程度研究が進んだ段階で、国内最初という研究がもてはやされているのは、いまも変わってはいない

記事を読む

no image

医師国家試験は実はそんなに難しくないという意見もある

国家試験をパスしないと医者になれないわけだが、この国家試験は実はそんなに難しくないという。大学時代に

記事を読む

no image

医学部大学の学生は医者になる過程で二度の強烈なショックを受ける

医学部の学生は、医者になる過程で、二度の強烈なショックを受ける。医学部に入ったときと、医者になり入局

記事を読む

no image

病院の待合室にやってきた手ごわい常連

ある民放キー局のすぐ近くにある、T大学病院。場所がら、ここは芸能人の患者も多い。昼間は彼らも他の患者

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑