「 医療に関する記事 」 一覧

薬の投与方法のミスの問題とポイント

薬の投与方法のミスの問題とポイントについて、ある専門家は語っている。過去に薬害エイズ事件が問題になったことがある。血液は「汚い」ものとされて、素手で触るようなことは絶対にしなかった、とある医師は語って

続きを見る

薬害エイズ事件の背景-その真実と概要-経緯と原因

基本的には、薬害肝炎は薬害エイズと同じく、輸入売血を使った血液製剤を加熱せずに使用したために、エイズだけでなく、肝炎ウイルスにも感染したという話である。 血液製剤というのは、一人分の血液からはそ

続きを見る

日本初の脳死移植と脳死法案

日本初の脳死移植をやりたかったとしか思えない、少なくとも本気で患者さんを救えるかどうかはかなり怪しい、と語るある専門家。 日本初の脳死移植は、結果がよかったのなら、むしろ、それを認めていくという

続きを見る

偉い医者がやる非人道的な医療を持ちあげる

偉い医者がやる非人道的な医療を持ちあげるという話がよくある。 偉い医者がやることなら許されるどころか、学会でかばい合いまでするのに、そうでない医者がやることは、社会的にもマスコミにも断罪されると

続きを見る

脳死移植とそのメリットについて

脳死移植とそのメリットなどについて考えていこう。 先進医療であれば法を犯してもいいのかという問題がある。人の生命にかかわることだから、脳死が立法化される前に、医者だけの独断でやるべきこととは思え

続きを見る

ドミノ移植は新しい治療法として賞賛されていた

ドミノ移植は新しい治療法として賞賛されていたようである。 病気腎移植は人目を忍ぶように内緒で行われていた。そして、発覚した途端にマスコミから嵐のような非難を浴びることになった。一方のドミノ移植は

続きを見る

脳死は人の死という問題点から

脳死が生じるのは、これまで健康だった人が脳卒中や交通事故に遭うというときがほとんどである。他人の不幸を待って自分が助かることを考える(人間だれしもそう考えたくないが、自分が移植でないと助からないと思っ

続きを見る

死刑囚から移植を受けることについて

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死かもしれないということになれば、脳波を調べたり、ためしに人工呼吸器をはずしたりしないといけない。

続きを見る

患者とのコミュニケーションのスキルの問題

今のご時勢、一方では医者より学歴の高い患者さんは、とくに都会ではたくさんいるし、インターネットを駆使して相当の知識を持つ患者さんも少なくない。その一方で、学力低下のせいか、かなりわかりやすく説明しない

続きを見る

病院の訴訟のリスク

多くのケースで、医療ミスがあった云々以上に、医者の態度が、あるいは説明不足が、患者さんを硬化させるという。逆にそれがうまくいっていれば、少々の(もちろん、一生懸命やったうえでの話だが)ミスがあっても、

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑