「 医療に関する記事 」 一覧

医療ミスの民事訴訟の問題

死がからむような重要なケースは、まず担ぎ込まれないし、担ぎ込まれても大きな病院に送ればいいだけの話。しかし、ほとんどの勤務医にとっては、事故調は脅威になる。医師会に入っている勤務医は、即刻、医師会を辞

続きを見る

医療ミスの鑑定は有能な医師の存在なしには成り立たない

さまざまな医療ミス事件の報道があったことを契機に、二〇〇〇年に厚生省が診療関連死を警察に届け出るように指導を行った。それによって医療者から警察の届け出が急増したのだが、それに伴って刑事立件が急増した。

続きを見る

治療が正しいことだったかどうかの判断

医者でさえ判断に迷うのが実態なのに、裁判所が勝手に判断して、そのやり方をしないと逮捕というのでは、医療行為の専門性はどうなるのだということになる。 ある意味では、判決でさえも問題は抱えている。と

続きを見る

医療行為を裁判所が判断できるのか

どんな簡単な手術でも、低い確率でも、死亡や悪化のリスクはある。だから昔は、お産でも手術でも、ある程度は死を覚悟していた。これは医療技術的には仕方がなかったことであろう。しかし医療レベルが上がると、そう

続きを見る

医者の医療ミスは犯罪か

福島県立大野病院で帝王切開手術を受けた女性が死亡した事件で、業務上過失致死と医師法違反に問われた医師に、二〇〇八年八月二十日、福島地裁は無罪判決を言い渡した。 この事件が注目された一つの背景には

続きを見る

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステム

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステムにすると、過剰診療になりがちなのだが、逆に定額制にすると、過少診療になりがちだという危険性もある。そのため、高齢者の治療ガイドラインだとか標準治療をつくるの

続きを見る

終末期の定義と厚生労働省

後期高齢者終末期相談支援料は、凍結されたが、厚生労働省は医療費を減らすために、このような考えを持っていたことは事実だ。言っておきたいのは、寝たきりになったり、末期になってまで生き延びたいとは思わないと

続きを見る

後期高齢者終末期相談支援料

凍結されているが、後期高齢者終末期相談支援料の新設が行われた。七十五歳以上の高齢者が、終末期と診断された場合、医師と相談し延命治療の有無などの希望を文書で示すと、診療報酬二〇〇点が病院に支払われること

続きを見る

当直なしの求人を探している先生におすすめのサービス

当直のない求人を探しておられるのであれば、転職支援サービスを使って探したほうがいいと思います。求人誌などで探す場合、かなり時間がかかってしまいますし、当直のない求人に絞って探すとなると、かなり数が限ら

続きを見る

後期高齢者の医療費の自己負担割合など

医療費を、これまでは自分が入っている保険(国民健康保険や、まだ会社に雇われている人は組合健康保険など)で賄っていた。もちろん、保険というのは、若い人も含めて平均的に病気になる確率から計算して保険料を決

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑