「 医療に関する記事 」 一覧

優秀な研究者は日本人であっても優遇される

東大医学部で、アメリカで優秀な研究者だった人がいるが、日本の研究所に入る際に、外国の研究資料を持ち出した疑いでスパイで訴えられたくらいだった。山中氏のように、日本でいい研究ができないわけではないだろう

続きを見る

日本の研究レベルはなぜ低いのか

研究をする医者が多いのに、日本の研究レベルがなぜ低いのかについては、もちろんいろいろな原因が考えられる。ただ、ひとつ言えることは、研究環境が悪いことだろう。日本の大学でつくられた、国際的に通用する薬や

続きを見る

医局員になるということはどこかの研究室に所属すること

医局員になるということはどこかの研究室に所属すること。 医学博士の免状だけは欲しいという場合であれ、将来、教授になったり、大病院の部長に大学の医局からの推薦でなりたいという場合であれ、本心から研

続きを見る

なり手のない分野の医者になることは社会貢献でもある

医者は金だけがすべてではない。しかし、安易に都会の大病院に就職したいと思っていても、現実はそう甘くないのを知っておくべきだし、逆に選択肢として、なり手のない分野の医者になることは、社会貢献でもある。

続きを見る

メディカルモールといわれる病院ビルはどうなのか

開業するよりはるかに収入が少なく、夜中の勤務など忙しいことの多い中小病院(とくに地方の)がますます医者不足になっている。こんな話を書くと、自分もビル開業ならやってみたいと思った人は少なくないだろう。そ

続きを見る

大学の医局にはアルバイトをやりたい人はごまんといるのに

医者のアルバイトの値段は、二十年以上前とほとんど変わっていない。臨床研修の必修化で研修医のアルバイトが原則禁止になったので、多少アルバイトの口は増えたようだが、それでも都会では十分なアルバイト口はない

続きを見る

研修後に医師が雇用してもらうには

研修後に医師が雇用してもらうには。 研修が終わった後、雇ってもらえる方法としては、後期研修という形がある。研修医を終えた後、一年くらい(これをズルズルと続けて、その病院に居座る人は意外に多い)、さら

続きを見る

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし。 昔から、お産にしても一定の割合で妊婦の方が亡くなっていたし、どんな医療先進国でもそれはゼロにはならない。妊産婦の死亡率や乳児の死亡率の低さ

続きを見る

いい病院に就職できるチャンスは小さいものに

いい病院に勤めることのできるチャンスや、とくにその病院で医長や部長に昇進するチャンスは、今はどんどん小さなものになっているようである。ひとつは、地方の医者不足である。田舎の病院で勤務したがる医者はたし

続きを見る

医者の免許を持っていれば二年の臨床研修で何科でも開業できる

医者の免許を持っていれば二年の臨床研修で何科でも開業できる。 地域医療をやっていれば、内科医だって小児科の仕事をやらないといけなくなるし、高齢者が多いなか、総合診療のトレーニングを受けることにもなる

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑