「 医療に関する記事 」 一覧

トレーニングができる地域医療のきちんとしたセンターがあれば

トレーニングができる地域医療のきちんとしたセンターがあれば、そこで研修を受けることにメリットがあるし、現に地域医療で有名な長野県の諏訪総合病院などは断り切れないほどの研修医が集まっているようだ。

続きを見る

さまざまな難しい皮膚科の病気を専門に診る病院をつくれば

日本には皮膚科の大きな専門病院がない。勤めている優秀な皮膚科の医者を、五年のうち一年くらいは、いろいろな地方に出向させるということができれば、皮膚科医の少ない地方の医者不足が解消されるであろう。もちろ

続きを見る

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面。 大学病院の場合、研修の質が悪いだけでなく、教授たちがいばっているという側面がある、と語るある専門家。田舎にあるから人が集まらないというのな

続きを見る

地域に安定した医者を供給するためという名目

ある専門家は語る。民間の人材派遣会社が、自分のところに人が足りなくなったからといって、お客様である派遣先から人を引き揚げるなどというわがままや勝手が許されるだろうか?ーという点では無責任である。

続きを見る

研修医不足と無責任な話

研修医不足と無責任な話。 本来、研修医については、基準として、研修医二・五人について一人の指導医がつく。そして研修医というのは、まだ医者の卵で半人前である。指導医がちゃんと指導しているなら、研修医が

続きを見る

研修医制度による医師不足の問題

大学病院の研修医が減ると医者不足になる地方の病院というのは、もともと研修医や医者から人気のない病院で、大学から人を送ってもらうことに頼り切っていた病院という問題があるという。地方で、いい病院はますます

続きを見る

全国医学部長病院長会議は医師の臨床研修制度について見直しを求める

病院全体で医者が六人とか八人とかいうような事態が生じて、医者が過労状態になったり、救急をやめたりということも起きているそうだ。これに対して、全国八の国公私立大と附属病院からなる「全国医学部長病院長会議

続きを見る

医学部卒業後の進路をすぐに決めなくてすむようになった

研修制度の最大のメリットは、医学部を出てすぐに自分の進路を決めなくてすむようになったことだとされている。この研修制度が始まる前は、医学部を卒業した時点でどこかの医局に入らないといけなかった。要するに、

続きを見る

研修医が何年後かにどんな医者になりたいか考えるのは

病院で相補的な研修ができる「臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄」という研修システム、そのほか、岩手や島根でも研修医が増えているということは、むしろ若い医者の間で、地域医療を学びたいというニーズが増えて

続きを見る

注目されている地域医療や総合診療など

注目されている、地域医療や総合診療。人間を個別の臓器に分けて診るという対応から、人間全体を診ていこうという医療だが、体のあちこちが弱っている高齢者が増えてくると、これまでの臓器別診療では、一人の高齢者

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑