「 医療に関する記事 」 一覧

医者の世界で不人気のものを選んだほうが高収入を得やすいかもしれない

これから人口も減り、医療が高度集中化すると、腕のいい一流の医者にはやりがいが出てくる だろうが、一方では、海汰の可能性ははるかに高くなる。そうでなくても、医学部の定員を増やし、医者はどんどん増えてい

続きを見る

アメリカではベッドの数に対して二倍以上の看護師がいるが

従来の最高レベルとされた看護師二人に対し患者一人(一対一入院基本科)の病院は一万二六九円。三人対一人(一五対一入院基本料)のものでは九五四円だから、スタッフが多いほど、病院の収入を多くするという傾斜を

続きを見る

外国の病院の年間手術件数のスタンダードは一〇〇件

経験が多いほうがトラブルの経験も多くなるので、その対処が容易になるというメリットがある。規定外のことが起こりにくくなる。心臓手術に限らず、手術件数が多い病院で難しい手術を受けるのは患者さんにとっていい

続きを見る

アメリカのレジデント時代の給料おおむね日本の研修医と同じ程度だが

日本の臨床研修のシステムは昔と比べると、かなり改善されたが、アメリカと比べると、まだまだという感じは強い。ただ昔と比べると、残業も減っているようだし、アルバイトをしなくても一定の収入が確保できるように

続きを見る

アメリカの医学部のレジデントシステム

アメリカの研修医制度といえるレジデントのシステム。三年間で、みっちり自分の進む科のトレーニングを受ける。カールメニンガー精神医学校は、アメリカのレジデントが受けるトレーニングとほぼ同じトレーニングのシ

続きを見る

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきこと

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきことかもしれないし、逆に言うと、研修医時代にいかに情報を集めるかで、将来が決まると言っていい。 研修医は自由にを経てから、行きたい医局に入

続きを見る

将来何科に行くかを決めない形での研修も可能になった

将来何科に行くかを決めない形での研修も可能になった。病院で研修を受け、そのうえで、何科に進むかを決めてよくなった。もちろん、これが十分な研修と言えるかどうかは、まだまだ疑問点はあるが、大きな改革である

続きを見る

研修医は日雇いの扱いなので休むと給料はもらえない

体を壊したときの保障がない。原則的に研修医は日雇いの扱いなので、休むと給料はもらえない。また、正社員の扱いではなく、アルバイトの扱いなので、病院の健康保険に入れない。個人で国民健康保険に加入する(今は

続きを見る

臨床研修制度は研修医の劣悪な労働環境を変えていこうという目的もあった

医療行為についての保険の点数もまったく同じだし、開業する気になれば、卒業してすぐに開業できた。医者と見なされていたので、病院でも一人前の扱いでアルバイトもできた。学生時代から添乗員のアルバイトをしてい

続きを見る

いろいろな流派の精神医学の勉強ができたのはありがたかった

精神医学の世界で非常に勉強になり、現在の治療に自信を持てたり、本を書くうえで役立っているだけではない、勉強の楽しさを知った、とある医師は語る。高校三年生の受験生のときに、要領のいい勉強法に目覚めて、成

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑