大学医局-医療の改革、最先端研究とは関係ないレベルにいる

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

日本の医学部にいる医者の多くは、保守的で現状に満足し、医療の改革とか最先端研究とはいっさい関係のないレベルにいるのではないだろうかという。本当に挑戦的でやる気があり、世界で通用する能力のある医者は研修医の時点で母校を飛び出し、海外の研究施設で世界を相手に研究をする。そういう医者もわずかであるがいるようだが。

研究、臨床、教育に及ばなければいけないがその明確な基準はなく、ほとんどが研究の評価だけで終わる。大学病院の医者を、さまざまな角度から評価する必要がある。それだけに、教授の個人的な判断のウエイトが大きく握る。

教授は自分の腹心から、医局内部の情報を探り出し、医局員がどう自分を評価し、どう思っているかを探り始める。当然、医局員も主任教授からいい評価を得ようと考えるようになる。医局での教授の絶対的権力は、医局員のすべての行動に及ぶ。ときにはプライベートな問題にまで関与するある意味で医局内は情報戦が練り広げられているともいえるだろう。

権力者は安定を好む

権力者は安定を好むために、オリジナリティーの高い医者、目立つ医者は排除し、同じような研究が黙々と続けられる。ある意味では変化を好まない医者が医局に残っていくことになる。それがいまの日本の医学研究の停滞のもとにもなっているといわれる理由だ。

外部からの医局員の評価は問題にされないし、そういうシステムはない。医局に残っている講師以上の肩書きの医者たちは、長年の経験から、どうすれば教授に認められるかわかっている医者たちでもある。当然、それは研究テーマにも関係し、自分のオリジナリティーより教授の評価が優先されてしまうわけだが、最先端の医学はもはや一人の教授が評価したり理解できるものではない。

そんな現状のなかで、医局の医者はいくつかのタイプに分かれてくる。教授も各医者をそういった目で見ていく。医局にしがみつき、教授のイエスマンとなり、教授に言われるままに論文を作り続けるタイプ、ゆくゆくは親の開業している医院を継いで、開業医として働く者、医局に不満を抱いたまままったくやる気を失い、適当に医療をやっているタイプなどに分かれる。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

教授回診は権力の象徴で患者さんにとってのメリットはない!?

ドラマの世界では、教授回診は権力の象徴であり、患者さんにとってのメリットは示されていません。ところが

記事を読む

no image

大学病院の売店や食堂があまりよくないといわれる理由

入院患者にしてみれば、売店というのは、ある種の楽しみの場所である。アメニティーという発想のないといわ

記事を読む

no image

地域に安定した医者を供給するためという名目

ある専門家は語る。民間の人材派遣会社が、自分のところに人が足りなくなったからといって、お客様である派

記事を読む

no image

研究論文の発表の場でこだましたあってはならないセリフ

・学会でこだました、あってはならないあるセリフ これまで、できるかぎり晴れがましい場は避けてき

記事を読む

no image

医者が患者などとのコミュニケーションがうまくいかない問題

「医学部に入ってから、他学部の人とのつきあいがない」「医者になってから医者以外の友達がほとんどいない

記事を読む

no image

医療ミスについて-認定医の制度をほかの科にも広げるべき

医療ミスを招く原因の一つは、明らかに人手不足だ。絶対数が足りない上に、患者に主に接するのが経験の少な

記事を読む

no image

病院の会計でやたらと待たされてしまう理由

今、なかなか普及しない最大の理由は、すでに高額の検査機器などを口ーンで購入している病院に、電子カルテ

記事を読む

no image

医者との会話で患者が傷ついたり不快な気持ちになった言葉集

患者が不快な気分になった、医者の言葉や体験談を、色々と紹介しよう。 ・朝になったら、必ず、かか

記事を読む

no image

EKGとは心電図のこと-ドイツ語読みでエーカーゲー-用語集

医者達の間で、医者の間でしか分からないような略語を使うことは多い。ここでは、そんな色々な略語を紹介し

記事を読む

no image

受験の直前期にやること

医学部への受験。これからの二週間や一カ月より、これまでの一年間、二年間のほうが、はるかにやってきたも

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑