大学医局-医療の改革、最先端研究とは関係ないレベルにいる

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

日本の医学部にいる医者の多くは、保守的で現状に満足し、医療の改革とか最先端研究とはいっさい関係のないレベルにいるのではないだろうかという。本当に挑戦的でやる気があり、世界で通用する能力のある医者は研修医の時点で母校を飛び出し、海外の研究施設で世界を相手に研究をする。そういう医者もわずかであるがいるようだが。

研究、臨床、教育に及ばなければいけないがその明確な基準はなく、ほとんどが研究の評価だけで終わる。大学病院の医者を、さまざまな角度から評価する必要がある。それだけに、教授の個人的な判断のウエイトが大きく握る。

教授は自分の腹心から、医局内部の情報を探り出し、医局員がどう自分を評価し、どう思っているかを探り始める。当然、医局員も主任教授からいい評価を得ようと考えるようになる。医局での教授の絶対的権力は、医局員のすべての行動に及ぶ。ときにはプライベートな問題にまで関与するある意味で医局内は情報戦が練り広げられているともいえるだろう。

権力者は安定を好む

権力者は安定を好むために、オリジナリティーの高い医者、目立つ医者は排除し、同じような研究が黙々と続けられる。ある意味では変化を好まない医者が医局に残っていくことになる。それがいまの日本の医学研究の停滞のもとにもなっているといわれる理由だ。

外部からの医局員の評価は問題にされないし、そういうシステムはない。医局に残っている講師以上の肩書きの医者たちは、長年の経験から、どうすれば教授に認められるかわかっている医者たちでもある。当然、それは研究テーマにも関係し、自分のオリジナリティーより教授の評価が優先されてしまうわけだが、最先端の医学はもはや一人の教授が評価したり理解できるものではない。

そんな現状のなかで、医局の医者はいくつかのタイプに分かれてくる。教授も各医者をそういった目で見ていく。医局にしがみつき、教授のイエスマンとなり、教授に言われるままに論文を作り続けるタイプ、ゆくゆくは親の開業している医院を継いで、開業医として働く者、医局に不満を抱いたまままったくやる気を失い、適当に医療をやっているタイプなどに分かれる。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

食べるほうが辛い食事制限

・食べるほうがつらい食事制限って? 彼は手術の必要もなく3日後には退院の予定なのに、その顔色は

記事を読む

no image

評判の良い病院が分からないときに自分でいい医者を見極める基準

もし、熱が高いから点満しましょうとか、のどが赤いから血液検査をしましょうなどと言って点満や検査をする

記事を読む

no image

アメリカの医学部のレジデントシステム

アメリカの研修医制度といえるレジデントのシステム。三年間で、みっちり自分の進む科のトレーニングを受け

記事を読む

no image

ITの時代の次はBTの時代

医学以外の分野であれば、一流の研究の多くは企業の研究所から出ている(島津製作所の田中耕一氏がノーベル

記事を読む

no image

医者になりたいと思い実際になってみると感じる大きなギャップ

医者の子弟は、医療の現実を見てきているから、医者はこんなものだという見方ができている人たちである。親

記事を読む

no image

医者が結婚後アルバイトに変わりたい場合に利用したい求人サイト

医者が結婚後アルバイトに変わりたい場合に利用したい求人サイトがあります。それは、Dr.アルなびと医師

記事を読む

no image

医者が患者などとのコミュニケーションがうまくいかない問題

「医学部に入ってから、他学部の人とのつきあいがない」「医者になってから医者以外の友達がほとんどいない

記事を読む

no image

医学部へ入学するのに理想的なの人は人生経験をある程度積んだ人

人生経験をある程度積んだ人間が、医学部へ進むのが理想である。現在では、医者になってからさまざまな人生

記事を読む

no image

治療を受ける際にあいさつをしたほうがいい理由

病院は、ほぼすべての職業の人が訪れますから、びっくりするような発見があるようです。学校の先生が遅刻魔

記事を読む

no image

医者へのプレゼントによって待遇は良くなるのか?

医者へのお中元は必要ないようです。公立病院の医師などで、公務員医者の場合、金品の受け取りは罪になるこ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑