大学医局-医療の改革、最先端研究とは関係ないレベルにいる

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

日本の医学部にいる医者の多くは、保守的で現状に満足し、医療の改革とか最先端研究とはいっさい関係のないレベルにいるのではないだろうかという。本当に挑戦的でやる気があり、世界で通用する能力のある医者は研修医の時点で母校を飛び出し、海外の研究施設で世界を相手に研究をする。そういう医者もわずかであるがいるようだが。

研究、臨床、教育に及ばなければいけないがその明確な基準はなく、ほとんどが研究の評価だけで終わる。大学病院の医者を、さまざまな角度から評価する必要がある。それだけに、教授の個人的な判断のウエイトが大きく握る。

教授は自分の腹心から、医局内部の情報を探り出し、医局員がどう自分を評価し、どう思っているかを探り始める。当然、医局員も主任教授からいい評価を得ようと考えるようになる。医局での教授の絶対的権力は、医局員のすべての行動に及ぶ。ときにはプライベートな問題にまで関与するある意味で医局内は情報戦が練り広げられているともいえるだろう。

権力者は安定を好む

権力者は安定を好むために、オリジナリティーの高い医者、目立つ医者は排除し、同じような研究が黙々と続けられる。ある意味では変化を好まない医者が医局に残っていくことになる。それがいまの日本の医学研究の停滞のもとにもなっているといわれる理由だ。

外部からの医局員の評価は問題にされないし、そういうシステムはない。医局に残っている講師以上の肩書きの医者たちは、長年の経験から、どうすれば教授に認められるかわかっている医者たちでもある。当然、それは研究テーマにも関係し、自分のオリジナリティーより教授の評価が優先されてしまうわけだが、最先端の医学はもはや一人の教授が評価したり理解できるものではない。

そんな現状のなかで、医局の医者はいくつかのタイプに分かれてくる。教授も各医者をそういった目で見ていく。医局にしがみつき、教授のイエスマンとなり、教授に言われるままに論文を作り続けるタイプ、ゆくゆくは親の開業している医院を継いで、開業医として働く者、医局に不満を抱いたまままったくやる気を失い、適当に医療をやっているタイプなどに分かれる。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

入院患者のトラブル-ライバル感覚からくる争い

患者さん同士にはライバルという感覚があります。特に、同じ時期に同じような手術をした人たちです。

記事を読む

no image

注射が怖いと騒ぐ人-採後しっかり押さえて5分間待ちましょう

痛〜い。やめてくれ〜、なんて叫び声が、診察室から響いてくることがあるでしょう。その悲鳴を聞いた待合室

記事を読む

no image

病院の訴訟のリスク

多くのケースで、医療ミスがあった云々以上に、医者の態度が、あるいは説明不足が、患者さんを硬化させると

記事を読む

no image

CEAとは何か?その意味-その他にも色々な用語も

・CEA 大腸ガンや胃ガンが体に潜んでいると、血液中にCEAというものが増えてくる。カルチノ(

記事を読む

no image

研修医が疲れでウトウトした時に行われるある方法

・疲れた研修医を即座に現業に引き戻すある方法 一人前の医者になるには鈎(こう)引き3年かかると

記事を読む

no image

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきこと

医者になってからの職業選択の失敗が減ったことは歓迎すべきことかもしれないし、逆に言うと、研修医時代に

記事を読む

no image

病院の診療科について-何を専門にしているのか分かりにくい

専門と思われる診療科について触れましょう。一般の方にとって、診療科名を読んだだけでは何を専門にしてい

記事を読む

no image

開業して成功できるのか-患者が来なくなってしまうことも多い

ある内科医が、都内の古くからある住宅街で駅前のビルの一室を借りて開業した。いわゆる駅前クリニックであ

記事を読む

no image

医者が聴診器を胸に当ててるときにはしゃべってはダメ

学生が内科の講義か何かで、聴診器は耳で聞くものではないと、指導医からいわれるそうです。えっ、あの先生

記事を読む

no image

後期高齢者の医療費の自己負担割合など

医療費を、これまでは自分が入っている保険(国民健康保険や、まだ会社に雇われている人は組合健康保険など

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑