大学病院から赴任してきた医師の手術の腕前やいかに!?

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

週に一度、学位論文のまとめに大学へ行くときに顔を合わす程度だった。やはり、医師が自分の研究を進めるには、できるだけ多くのオペを経験し、現場の外科医療の知識を入手する必要性があるらしい。外科医のC医師が勤めるB市中病院に、かつて大学の医局時代に同期だったA医師が赴任してきた。同期といっても、C医師はその後は大学の医局に残らず、すぐに系列のB病院に出たので、実はA医師とはあまりつき合いはない。そもそもC医師が医局を出るのを希望したのは、論文作成のためでもある。

一方、A医師はそのまま医局に残った。苦難の研修医時代も、持ち前の調子のよさでヒョイヒョイ切り抜け、ようやく一人前の医者として責任も出てきた3年目、そろそろ外の空気も吸って来いと教授に言われ、ようやくこの春B病院への赴任が決まったわけである。虫垂炎は一般外科の手術の中でも、最径へルニアなどと並んで初級クラスの部類に入る。A医師が赴任後初めて執刀するオペの日。といっても手術はごく単純な虫垂炎、つまり世間でいう盲腸である。だがまあ、そんな小さな手術のしかたでも、あのA医師なら多少違うかもしれないと、期待をもって第一助手を引き受けた。

A医師のお手並み拝見

3年間大学病院でキャリアを積んできたA医師のお手並み拝見、と半ば楽しみにしていたC医師はなあんだ、ただの虫垂炎かと少々がっかりだが。ところが、案に反して、A医師、ものすごく手際が悪いのである。その上いちいち、あ、しまったあ、違うと、ウカツに声を出す。つられてこっちも、バカ、そこじゃないよなんてつい言ってしまう。まったく冷や汗ものの50分間であった。なんだよ?、コイツは。なに勉強してきたんだよお心の中で悪態をつくC医師に、手術室から出てきたA医師、いやあ、実はアッペはやったことないんだよねと、明るく一発。

あげくの果てには、局部麻酔の患者にまで、ホントに、僕の手術大丈夫ですかねえと、頭の上から声をかけられる始末。確かにアッペ(虫垂炎)ぐらいの患者は大学病院には行かないのかもしれない。それにしても。よし、この次はでっかいマーゲン(胃の手術)見せてもらおうかと反省の色まったくなしで妙に燃えるA医師。外科手術は盲腸に始まり盲腸に終わる、というが、大学病院の始まりは、どうやら違うらしいのである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

診断が難しい病気も多く存在する診たての難しさ

医者側にとっての診たてとは?強調したいことは、患者さんにとって金科玉条のような診たてとは、医者側にと

記事を読む

no image

カルテにnpと書くのは異常なしということ-用語集

・np(異常なし) たとえば、お腹(Abd)の診察で異常なければ、AbdnDとカルテに書く。n

記事を読む

no image

さまざまな難しい皮膚科の病気を専門に診る病院をつくれば

日本には皮膚科の大きな専門病院がない。勤めている優秀な皮膚科の医者を、五年のうち一年くらいは、いろい

記事を読む

no image

良性腫瘍とは?医師がごまかすために使うことが多いといわれる

・良性腫瘍 医者からガン告知をされていなくても、たいていの患者は手術を受けた時点で、自分がガン

記事を読む

no image

医師国家試験の合格率は医学部のレベルを反映しなくなった

いまさらながら、新設医大の果たした役割を考えてみると、日本の医療事情が見えてくる。多くの新設医大は、

記事を読む

no image

基礎医学の覚えものは苦痛だが

基礎医学の覚えものは苦痛だが、それ以上に厳しくなるのは臨床医学のほうだという話がある。一つには、日本

記事を読む

no image

看護婦が医者の昇進を左右-うまく付き合っていかないと生きていけない

国公立の大学病院では研修医は先輩から放っておかれ、自分で経験を積んで覚えていかなければならない。だか

記事を読む

no image

医者の優しい言葉-良い悪いを判断する判断例集

良い医者は、薬の量に精通しているので、何グラムだったかな?とは言わない。しかし悪い医者は、薬の分量を

記事を読む

no image

病棟での実習で医学教育の欠点がさらけ出されるという話

社会と医療には親密な関係があるにもかかわらず、それに興味を持つことは、医者として邪道であり、あくまで

記事を読む

no image

病院で患者が立て続けに運ばれることを「ツイてる」というが

・ツイてる医者は嫌われる T医師は、診察も早く手術の腕もいい。だが、彼が当直する晩は、どういう

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑