大学病院から赴任してきた医師の手術の腕前やいかに!?

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

週に一度、学位論文のまとめに大学へ行くときに顔を合わす程度だった。やはり、医師が自分の研究を進めるには、できるだけ多くのオペを経験し、現場の外科医療の知識を入手する必要性があるらしい。外科医のC医師が勤めるB市中病院に、かつて大学の医局時代に同期だったA医師が赴任してきた。同期といっても、C医師はその後は大学の医局に残らず、すぐに系列のB病院に出たので、実はA医師とはあまりつき合いはない。そもそもC医師が医局を出るのを希望したのは、論文作成のためでもある。

一方、A医師はそのまま医局に残った。苦難の研修医時代も、持ち前の調子のよさでヒョイヒョイ切り抜け、ようやく一人前の医者として責任も出てきた3年目、そろそろ外の空気も吸って来いと教授に言われ、ようやくこの春B病院への赴任が決まったわけである。虫垂炎は一般外科の手術の中でも、最径へルニアなどと並んで初級クラスの部類に入る。A医師が赴任後初めて執刀するオペの日。といっても手術はごく単純な虫垂炎、つまり世間でいう盲腸である。だがまあ、そんな小さな手術のしかたでも、あのA医師なら多少違うかもしれないと、期待をもって第一助手を引き受けた。

A医師のお手並み拝見

3年間大学病院でキャリアを積んできたA医師のお手並み拝見、と半ば楽しみにしていたC医師はなあんだ、ただの虫垂炎かと少々がっかりだが。ところが、案に反して、A医師、ものすごく手際が悪いのである。その上いちいち、あ、しまったあ、違うと、ウカツに声を出す。つられてこっちも、バカ、そこじゃないよなんてつい言ってしまう。まったく冷や汗ものの50分間であった。なんだよ?、コイツは。なに勉強してきたんだよお心の中で悪態をつくC医師に、手術室から出てきたA医師、いやあ、実はアッペはやったことないんだよねと、明るく一発。

あげくの果てには、局部麻酔の患者にまで、ホントに、僕の手術大丈夫ですかねえと、頭の上から声をかけられる始末。確かにアッペ(虫垂炎)ぐらいの患者は大学病院には行かないのかもしれない。それにしても。よし、この次はでっかいマーゲン(胃の手術)見せてもらおうかと反省の色まったくなしで妙に燃えるA医師。外科手術は盲腸に始まり盲腸に終わる、というが、大学病院の始まりは、どうやら違うらしいのである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれませんが(田宮二郎演じる財前教

記事を読む

no image

イギリスのかかりつけ医制度に驚いた日本人

最近は、日本においても、かかりつけ医を作ることは大切だといわれています。日本には、そういう一般医とも

記事を読む

no image

医師国家試験の合格率は何と90パーセントらしい

医師国家試験は内科、外科、産婦人科、小児科、公衆衛生学の必修科目と、年によって二科目の選択科目が加わ

記事を読む

no image

医者は専門に進んでもいわゆる専門バカにならないように

専門に進んでも、いわゆる専門バカにならないで、社会のニーズにアンテナを張るようにしてほしい。専門医に

記事を読む

no image

医学部大学の学生は医者になる過程で二度の強烈なショックを受ける

医学部の学生は、医者になる過程で、二度の強烈なショックを受ける。医学部に入ったときと、医者になり入局

記事を読む

no image

私費でいいからいい医療を受けたいという人が出てくる可能性

美容外科の手術は私費や自費なので、保険が併用できな液検査や手術の後の抗生物質の使用も、自費で受けない

記事を読む

no image

インクロムボランティアセンターでなら大阪の治験情報が見つかる

インクロムボランティアセンターは、大阪で行われている治験の案件を取り扱っているサービスです。大阪の治

記事を読む

no image

赤レンガ病棟に入ったある人

私は左翼学生ではなかったが、同期の友人が、赤レンガは人間的な精神医学をやるところで、外来派は生物学的

記事を読む

no image

医者がイライラしたり機嫌がよくなる境界線

・医者がイライラしたり、機嫌がよくなる境界線 最近、胃腸の調子が思わしくないOさん50歳、同じ

記事を読む

no image

経営に必要なノウハウとは-病院の経営は必ず行き詰まる

開業する予定のある人が、経営の研究をしていた。その人によれば、どんな事業でもそうだろうが、合理的な経

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑