大学病院は研究をするところで臨床は周辺の病院で学べばいいという意見

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

大学病院は研究をするところで、臨床は周辺の病院で学べばいいという意見もある。この考えは一部の医者に根強く残るものだ。このような臨床軽視、研究至上主義が現在の大学病院の状況を作り出したといえる。大学病院が医学教育機関であるということを続けようとするなら、臨床教育機関であることも、もう一度考え直す必要があるのではないだろうかという意見は多い。せっかく意欲を持って卒業していった若い医者を受け止めるだけのものは、現在の大学病院のシステムにはないのが現状のようだ。

アメリカの医療制度がすべてうまく行っているわけではないが、こと医者の教育という面では、つぎ込まれた資金にしても、圧倒的に差をつけられてしまったらしい。日本の軟弱な研修医制度は、ほとんどが安い労働力を大学病院に供給するシステムとなっているにすぎない。そんな環境のなかで臨床を学ぶことは、ただ単に医局という階層組織でどうすれば生き残っていけるかを垣間見るだけになってしまう。

自分たちの勢力を広げる兵隊にすぎない

医局にとって研修医は、自分たちの勢力を広げる兵隊にすぎないという。医局はその臨床技術を教えながら、次の医学研究者も育てる必要があるが、とてもそんな状況ではない。その結果が、現在の日本の医学研究がなかなか世界に通じない、一つの原因となっているようだ。

研修医がそのことを次第に自覚するようになると、高尚な理想を掲げ、医者になった人でも、その落差にやる気を失うことになる。人によってはそこで日本の医学教育システムに嫌気がさし、海外へ出て行く医者も多くなった。実際、アメリカの医学教育のシステムは、日本のものと比較すらできないほど、先を行っている。その結果が医学研究で大きな成果を上げることに結びついている。研修医は学ぶ側と見なされるために、彼らの意見が医局で通ることはなく、ましてや大学病院の教育システムを改革することはできない。卒業後の医学教育システムを改めない限り、日本の医療の本質的な改革、患者のためのよりよい医療などというものは実現しようはずもないのである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

女医でプライドのかたまりのような人は嫌われるらしい

女医のいいところは、患者に対してまめに接し、細かい点まで目が行き届いて治療もていねいだということ。し

記事を読む

no image

サードオピニオンを別の病院で求めると安心な理由

ある総合病院では、主治医の紹介状、それまでにおこなった治療内容、今後の治療方針、検査データ、薬の情報

記事を読む

no image

看護婦が医者の昇進を左右-うまく付き合っていかないと生きていけない

国公立の大学病院では研修医は先輩から放っておかれ、自分で経験を積んで覚えていかなければならない。だか

記事を読む

no image

外来診療を手抜きする医者-五分診療という言葉

大病院で外来を担当する医者は、ほとんどが中堅どころで臨床経験が豊かである。医局でいえば助手や講師クラ

記事を読む

no image

心室性期外収縮とはPVCともいう心電図の検査結果欄に書かれる用語

・PVC(心室性期外収縮) 心電図の検査結果欄に書かれる用語だ。心室性期外収縮の説明をすると話

記事を読む

no image

医師の紹介状を気持ちよく書いてもらうには?

~紹介状を気持ちよく書いてもらうには?~ かかりつけ医から紹介状をもらう場合、日本人特有の気配

記事を読む

no image

医師国家試験に合格させるために行われた犯罪行為

国家試験に落ちた医学部卒業生を対象として、二〇〇万円から四〇〇万円くらいの年間授業料で、翌年の医師国

記事を読む

no image

二日酔いで吐き気を感じながら手術をする医師

お医者さんの二日酔いなんて、いいの?そんなことあるの?と疑問に思うでしょう。医者も人間です。飲んべえ

記事を読む

no image

死刑囚から移植を受けることについて

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死か

記事を読む

no image

研究発表の真実-十年以上も前に結論が出ている現状

もう十年以上も前に結論が出ていることを、目先を変えて繰り返し発表することも行なわれている。そんな研究

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑