男性が結婚難と言われる時代だが原因は本人にあるかも

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

最近、男性は結婚難の時代だそうです。私も含めて、女性も結婚ですけれど、なかなか需要と供給がマッチしないようです。人間的には男であっても、オトコではないのです。いいトシの課長に両親がついてくる。

診察室には未婚でルックスも合格点のエリート男性だって訪れます。残念なことにそんな人に限って、パパやママに連れられて通院するようです。動物的にはオスとは認められません。腰が痛くて一人では歩けないなんて場合は、父親が運転する車で来て、母親がカルテの記入などをしてもよいでしょう。ところが、会社に行く途中で病院に寄るような、わかりやすくいうと会社に行ける程度の具合の悪さなのに、両親付き添いなんて。

倫快なお芝居を観ている気持ちで、一瞬は仕事を忘れて心の中で医師たちは大笑いしてしまいまう。ママとか○○ちゃんとかランニングシャツは、どうでもよいことだけれど、自分の症状は簡潔に本人が答えてくださいと言いたくなるようです。ちなみに、こんな万年坊やのファッションの特徴としては、真夏でも必ずワイシャツの下にはランニングシャツを着用しています。

本人に代わって症状などをお答えになります

40代で企業内ではすでに課長になっているというのに、この子が、数日前から腰が痛いと申しまして、と上品なお母様が、本人に代わって症状などをお答えになります。ご本人は、違うよ、ママ。2週間くらい前に仕事が忙しかったことがあったじゃない。あのころからだよお〜。このトシして、人前でもママと呼ぶなんて。あ〜ら、そうだったかしら、○○ちゃん。いまだに○○ちゃんなのかと突っ込みたくなるようです。

病院ではご本人に答えていただきたいもの。痛みの程度とかしびれの進み具合なんかは、ご自身がいちばんよくわかっていることですから。別のパターンとしては、男性の患者さんに奥様が付き添って来られる場合もあります。いかがですか?と尋ねると、ご本人は、おかげさまで、元気です、なんて笑顔でお答えになります。すると、斜め後ろにいる奥様がダンナ様の背中を突っききながら、ほら、はっきりいいなさいよ。昨日はひざが痛くて立ち上がれなかったんでしょ。代弁する羽目に。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

院内感染-MRSAなどの耐性菌との果て無き戦い

抗生物質の投与に厳しい規制のある欧米では、日本のような院内感染の事故の例はないようです。MRSAなど

記事を読む

no image

開業医師は流れ作業に追われる毎日

一般の人たちからすると、開業医というのは、何かあった時にすぐに行ける身近な医療機関としてなくてはなら

記事を読む

no image

ニューハーフの患者が大部屋に入ったらどうなる?

パンツスーツは女性のファッションとして定着しましたし、髪の長い男性もふえています。世間では男女の区別

記事を読む

no image

看護婦と医者の関係-外科はほかの科と違ってかなり密接

ベテランの看護婦に嫌われたら、医者としての生命は終わりだ。そっぽを向かれたら、医者なんて羽をもがれた

記事を読む

no image

ベテラン医者が仕事を辞めたがっている

大学のOB会でビールを飲みながら、学会のランチタイムにハンバーグ定食を食べながらなど、40~50代の

記事を読む

no image

人を助ける仕事をしにきたつもりがギャップに驚かされる医局

最近でこそ患者が主役という言薬は使われるようになってはきたが、まだまだ大学病院の主役は主任教授なので

記事を読む

no image

治療を受ける際にあいさつをしたほうがいい理由

病院は、ほぼすべての職業の人が訪れますから、びっくりするような発見があるようです。学校の先生が遅刻魔

記事を読む

no image

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステム

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステムにすると、過剰診療になりがちなのだが、逆に定額制にすると

記事を読む

no image

外科医の仕事の能力の優劣を決めるものは何か?

同じ外科でも脳外科と普通の外科とでは、それぞれ医者の適性がまったく違うという。脳外科は細かい手術が多

記事を読む

no image

経営に必要なノウハウとは-病院の経営は必ず行き詰まる

開業する予定のある人が、経営の研究をしていた。その人によれば、どんな事業でもそうだろうが、合理的な経

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑