ドミノ移植は新しい治療法として賞賛されていた

公開日: : 最終更新日:2015/12/03 医療に関する記事

ドミノ移植は新しい治療法として賞賛されていたようである。

病気腎移植は人目を忍ぶように内緒で行われていた。そして、発覚した途端にマスコミから嵐のような非難を浴びることになった。一方のドミノ移植は堂々と記者会見をし、むしろ新しい治療法として賞賛されていた。

二十年後にかなりひどい病気になるのがわかっているような肝臓でも、それまでの間助かるのなら、ということで移植に使われる。二十年の猫予があるとはいえ、病気賢移植と比べると、確実にその移植を受けることで病気になるという点では、こちらのほうが、より「病気」移植と言えるかもしれない。

マスコミの扱いの違いを考えると、一つには記者会見を堂々とやることに意味があり、そういうものにマスコミが弱いという部分があるのだろうが、もう一つとしては、「偉い先生」のやることは立派なことというマスコミの権威主義があると考える。

古くは脳死判定のないころに、いい加減な判断で心臓を取り出し、一九六八年に日本初の心臓移植を行った心臓移植もそうだったが、実験的な医療としてどうしても許すことのできない、まさに「人体実験」に、一九八四年にれた筑波大学の脳死による勝督同時移植というものがある。

ドミノ移植を行った先生は

脳死法案ができる前に、脳死の患者さんから購臓と腎臓を取り出し、心臓死に至らしめたのだから、法的には殺人にあたるし、実際、殺人罪にも問われた(結局、起訴はされなかった)のだが、それに関しては、あえて問わない。

ドミノ移植を行った先生は、日本移植学会理事長として、この病気腎移植を不適切としたり、病気腎移植をアメリカの移植学会で発表するのに反対の書簡を送ったりしているという。もちろん大学病院で起きる医療ミスはときどき報じられるが、かなり実験的で危険な医療であっても大学病院なら許されるというところは昔からある。

事件の場合、一介の地方の医者がやったとされるものなのに、そのドミノ移植については京都大学の教授が行ったものだから、マスコミの間で「立派な医療」「医学の進歩」とされているように思えてならない。

ドミノ移植は新しい治療法として賞賛されていたという話は、何とも不思議な話である。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

看護婦が老人からサルと言われた夜

・白衣の天使がサルになった夜 3度の食事が終わっても、ちょっとするとおなかが空いてたまらない。

記事を読む

no image

患者とのコミュニケーションのスキルの問題

今のご時勢、一方では医者より学歴の高い患者さんは、とくに都会ではたくさんいるし、インターネットを駆使

記事を読む

no image

医師不足の原因-大学病院へ行けば相変わらず外来は混んでいる

大学病院へ行けば、相変わらず外来は混んでいるし、いっこうに待ち時間は減らない。たしかに現場では、いま

記事を読む

no image

病院のベットはいつもフル回転にしておく

空きベッドをつくることが、一番よくない。ベッド数に見合うだけの看護婦も揃えなくてはならないが、そうで

記事を読む

no image

薬の種類が多いことで起こる患者への弊害

ある患者さん。不眠症の治療を除いて、まず耳鼻科から整形外科の六科に受診したとしましょう。この事態がす

記事を読む

no image

医学部入試問題の傾向を知る

やっている勉強の中のむだというのは(もちろん、学力がつくという意味では、まったくのむだということはな

記事を読む

no image

医療機器購入-金を稼ぎ出す金の卵に見えるテクノロジー

中小の病院でも人間ドックを行っているところでは、最先端の医療機器があるのは当たり前になっている。そう

記事を読む

no image

大学病院の専門医が生き残る手段だという発想について

専門医が、大学病院で生き残る手段だという発想が、すでに現状の医療とは違ってきているのではないだろうか

記事を読む

no image

医師国家試験の合格率は何と90パーセントらしい

医師国家試験は内科、外科、産婦人科、小児科、公衆衛生学の必修科目と、年によって二科目の選択科目が加わ

記事を読む

no image

医者からもらった薬たまっていませんか?

患者さんのドクターショッピング(あちこちの医療機関や診療科を転々とすること)によって、自分の飲み薬が

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑