偉い医者がやる非人道的な医療を持ちあげる

公開日: : 最終更新日:2015/11/26 医療に関する記事

偉い医者がやる非人道的な医療を持ちあげるという話がよくある。

偉い医者がやることなら許されるどころか、学会でかばい合いまでするのに、そうでない医者がやることは、社会的にもマスコミにも断罪されるというのでは、現場のニーズも拾えないし、偉い医者が(地位が大学教授や学会の理事長というだけで、腕がいいとか、患者さんを助けているとは限らない)行う医療だけが、いい医療ということになってしまう。

学会というのは、下っ端の医者には多少の文句は言えても、偉い医者がやる非人道的な医療を持ちあげる、およそ倫理的といえない団体である。これは薬害エイズのときも同じだったという。

実際は、移植医療というのは、何らかの形で他人の犠牲を強いるものであるし、また医療の本道というより、緊急避難的な要素の強いものである。

肝臓にしても腎臓にしても腎臓にしても、医学の進歩の方向性は、体の中に埋め込めるような人工臓器の開発なのは間違いない。あるいは、脳死を待たないでできる心臓死から臓器を生かす技術を開発することだろう。

偉い医者と本道の医療

たとえば心臓移植というものが、必要な人の一〇〇人に一人しか受けられないものなのであれば、やはり本道の医療というのは、人工心臓を開発することだろう。実際、脳死移植が禁止されていたころの日本では、人工心臓の開発は世界でトップとされていた。

脳死を認めることで、この開発が遅れるとすれば、そのほうが多くの患者さんへのデメリットになる。

移植医療が緊急避難だと考えるのであれば、結果を重視すべきというのは仕方がない。「医者が助けられる命を救うため」という名目で、心臓がまだ動いている人から臓器を取り出すくらいのことまで許しているのに(これを正しいと言っているのではない)。

医者が病気の腎臓を取り出して移植をするのが、学会が認めていないからといって許さないというのは、学会が法律(本来、国会で決めるのは言うまでもない)を作るようなものだ(実際、法律では許されていなかった当時に、脳死移植をした医者は移植学会の理事長にまでなるのだから)。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医療ミスを隠蔽する体質-自主申告になっている事故の実際

医療事故はちょっとした不注意、集中力の欠如から発生します。なにしろ、交通事故で亡くなる人は年間八〇〇

記事を読む

no image

実際には医師と看護師の恋愛というのはあまりないらしい

病院もののドラマって多いですよね。必ず登場するのが医者とナースの恋愛。ドラマでは、実際の病院よりも、

記事を読む

no image

医者が勧める薬には必要のないものもあるようですので注意

ビタミン剤は、いわゆる薬とはちがって、飲んでも副作用などもまずなく、安心であることから、積極的に勧め

記事を読む

no image

理想の医師とそうでない人-分かりやすい例を挙げて善し悪しを紹介

横柄で傲慢でイバってばかりいる医者は、本当に良い医者とはいえない。聞かれもしないのに手術は99%成功

記事を読む

no image

全国医学部長病院長会議は医師の臨床研修制度について見直しを求める

病院全体で医者が六人とか八人とかいうような事態が生じて、医者が過労状態になったり、救急をやめたりとい

記事を読む

no image

ギプスの落書きはほどほどにしておきましょう

ギプスってかなり重いから、重りを持っているのと同じでそれだけでも大変です。脚の骨折だったら歩くのが困

記事を読む

no image

看護師の白衣は薄くて寒い-変な目で見ないようにしましょう

ハワイの病院では、白衣を着ているナースはいないようです。全員が私服で、ポロシャッとショートパンツやス

記事を読む

no image

裏金-研究費という名目で裏金が病院に流れているウワサ-用語集

・講座 もちろん、講座といっても、医者が患者を一同に集めて病気の話をするわけではない。普通の会

記事を読む

no image

大学病院の売店や食堂があまりよくないといわれる理由

入院患者にしてみれば、売店というのは、ある種の楽しみの場所である。アメニティーという発想のないといわ

記事を読む

no image

医学は英語が共通言語

医学は英語が共通言語。語学の勉強は重要。医学部の場合、第二外国語でドイツ語をとる人が多いようだが、今

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑