学会で二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう理由

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

学会では二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう。これは学会の数が多すぎ、無理に参加しなければならないことが、研究者に無駄をさせているのだ。さらに、その間に病院を休むので、臨床がおろそかになってしまう。

こういったことは、学会発表回数を増やし、いかにも研究をしているように見せる意味しかない。
これは、自分の医局内部での評価を高めようとすることにほかならない。

学会は教授にとって、大きな利権を生むもとにもなっている。たとえそうであっても、その研究が進歩し、何らかの医学的貢献をするならまだ許せるかもしれない。しかし、純粋な研究だけで学会が成り立つものではない。

参加者の少ない学会の会長からは、医局に連絡があり、君のところから演題はいくつ出せるのか、というような電話までかかってくる。学会の数が増えれば、それを運営するために、無理に参加人数を増やすことになる。となれば、そこで研究発表する医者の経済的、時間的負担も増えることになる。その結果、同じようなものを繰り返し発表するという実に無駄な状況になってくる。

学閥がらみ

学閥がらみであるから、他の大学の教授からの要求であっても、それを断ることはできない。断れば、今度は自分が会頭になったとき頼めなくなるばかりか、そういうボス的存在の教授は、他の学会も牛耳っているために、何らかの被害をこうむることになる。以前、大きな学会の研究内容がその前後に行なわれた学会の発表内容と、二割くらいが同じであったと報道され問題になったが、それはかなり以前から行なわれ、現在でも行なわれていることのようだ。

そういう要求に対して、医局員にとにかく研究発表をしろという命令を下し、前月発表した内容の演題名を変えて、他の学会に発表させることもあり得る。

学会を運営するメリットは、会長という肩書きができ、自分の研究分野を世間に認めさせることができることだ。さらに、その研究が新薬開発につながると考えれば、製薬会社にスポンサーになってもらうことができる。そういう関係になっておけば、寄付金も集めやすくなるという話もあるようだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

後期高齢者医療制度導入の問題

二〇〇八年度最大の医学関連のニュースは、おそらくは後期高齢者医療制度の導入問題だろう。つまり、これは

記事を読む

no image

日本の医者は腕がよくなることにきわめて動機づけが乏しい

日本の医者は、腕がよくなることにきわめて動機づけが乏しいという問題がある。日本の場合、臨床の腕のよし

記事を読む

no image

看護師と患者が恋愛関係に発展することもある!?

ナースで、患者さんだった男性と結婚する人もいるようです。えっ、いつ、どうやって、男と女を意識し始めた

記事を読む

no image

外科医の仕事の能力の優劣を決めるものは何か?

同じ外科でも脳外科と普通の外科とでは、それぞれ医者の適性がまったく違うという。脳外科は細かい手術が多

記事を読む

no image

良い医者の見つけ方-良い例と悪い例をあげて分かりやすく紹介

悪い医者は、やたらと多くの薬を使いたがる。一方、薬を必要最小限にしぼって病気を治すのが、上手な医者で

記事を読む

no image

大企業の集団検診で達人の域に達する

R氏とて検診医の経験もあるにはあるが、それだって近所の小学校だけ。大企業あげての集団検診など、今回が

記事を読む

no image

臨床研修制度は研修医の劣悪な労働環境を変えていこうという目的もあった

医療行為についての保険の点数もまったく同じだし、開業する気になれば、卒業してすぐに開業できた。医者と

記事を読む

no image

病院食がまずいのは調理のせいではないようだ

もちろん病気によっては食べてはいけない食品があり、好き勝手に食べられては満足な治療ができないことはあ

記事を読む

no image

医療サービス-いったい費用がいくらかかるか

温泉旅行で泊まる宿を選ぶときには、可能な限りいろいろと内容を調べると思います。どんな部屋や施設か、露

記事を読む

no image

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉

生活指導、栄養指導、心理指導という何とか指導という言葉が嫌いですという医師もいるようです。お稽古ごと

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑