博士号を取得しても給料は上がらないらしい

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

博士号を取るためには、何か新しい研究成果を出し、それを論文の形にまとめます。その論文が医学雑誌に載ると正式な研究結果の報告とみなされます。さらに、2~3人の教授の口頭試問を受けるのです。この試験官がどの教授に当たるかで、多少は運の善し悪しがあります。たいていは、ここまでたどり着けばもうパスしたも同然です。

あとは、これまでの研究活動の報告をしたり、いろいろな書類を書いたり、手間のかかる面倒なことはありますが、落とされる心配はありません。あなたの研究は今後の医療にどのように役立つと思いますか?この研究の意義は?など、物々しい雰囲気の質問をされますが。最後に文部省に博士という名で登録されます。人生の難関を突破できたのです。

病院の機関誌に、博士号を取得した者の名前が発表されます。このときは、ちょっぴり鼻高々。昔は子供の将来を期待するたとえとして、末は博士か大臣かといわれていました。つまり、博士は出世の代表だったのです。現代でも、そのイメージを抱いている人も多いようです。同じ部署で仕事をしているナースや受け付け嬢、理学療法士からも、先生、おめでとうございます!なんて、お祝いをいわれます。

実際には給料はまったく増えない

若い理学療法士の男性は、マジメな顔で、先生、こんなこと聞いていいですか。いくらぐらい給料って上がるんですか?と尋ねてきます。横にいたのナースも、それって、疑問だったんですよ。ほかの先生には聞けないんですけど、知りたかったんですと、興味津々。

しかし、実際にはお給料はまったく増えないようだ。最初はみんなも、ウソでしよ。あんまり上がるというと、ボクらにおごらされるから、そんなこといってるんですよね・・とまるでジョークだと思う。でも、昇給はないというのは本当のようだ。

せっかく取っても、食うことはできない。取らなくても、生命に支障はない。気にする人は気にするが、無識議な人は無視できるなどと述べられます。博士号のことを、医学界では足の裏にこびりついた米粒とたとえます。理由は取れると思うと取りたくなる。足の裏についた米粒は汚くて食べることはできません。そして、博士号もそれで生活費の足しにはならないようなのです。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

院内感染-MRSAなどの耐性菌との果て無き戦い

抗生物質の投与に厳しい規制のある欧米では、日本のような院内感染の事故の例はないようです。MRSAなど

記事を読む

no image

芸能人が病院に来ることもある!?ただし東京がほとんど

人気歌手や俳優、一流スポーツ選手など何人か見かけてワクワクするそうです。東京の大学病院に勤めている医

記事を読む

no image

医者が癌になったら-病気の医師が自分で自分を診たがる理由

医者の不養生とはよくいったもので、医者の多くは自分の体に無頓着である。医者は定期検診とか人間ドックな

記事を読む

no image

医療ミス訴訟-処理にはあらゆる手を使う

たいしたことのない病気で、外見は元気な患者が注射ミスで死亡すると簡単にはいかない。おかしいじゃないか

記事を読む

no image

医師の就職先が見つからなくなる次代が来るかもしれないという予測

医者が過剰になった場合、医学部希望者の減少がはっきり出てくるだろう。大学病院に残って医療を続けている

記事を読む

no image

いいかげんな医者は医療保険請求だけが命という話

本来、初診の患者にはどこが痛いのか、どんな痛みがいつからはじまり、どれくらい痛いのかを聞く。そしてさ

記事を読む

no image

市販薬の種類が増えている理由

~薬の種類が増える理由~ 現在、市販薬においてはまだ多くの合剤が見られます。その代表がテレビの

記事を読む

no image

美容整形にハマるある女性の話

ホクロとりや二重まぶたなど、ほんの1時間足らずで受けられる手術もあり、美容整形は、ぐっと身近で日常的

記事を読む

no image

医者の触診を役得と考えるオタク医師の話

露骨に触れば問題にもなるだろうが、触診中に大きな乳房なら手に触てしまうこともある。役得である。普通の

記事を読む

no image

セカンドオピニオン-転院して急激に回復したある患者の例

セカンド・オピニオンを他の医療機関で聞くほうがいいという典型的な例を紹介します。医者であるGさんの九

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑