人を助ける仕事をしにきたつもりがギャップに驚かされる医局

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

最近でこそ患者が主役という言薬は使われるようになってはきたが、まだまだ大学病院の主役は主任教授なのである。大学病院の主役は患者ではなく主任教授だった。医者になり臨床の場に初めて接したとき、これまで受けてきた医学教育とのあまりのギャップに誰もが驚くようだ。立派な臨床医の姿を思い描いていたからだ。そこで意欲をそがれる医者も出てくる。

患者を救おう、患者のために役立とうと意気込んで医者の世界に飛び込んだのに、まったく違うものが見えることで、意欲を失って、何のために医者になったのかという疑問が出てくる。ひたすら研究だけをやった医者が、立派な医者として尊敬され、将来は教授の肩書きを持つことになる。

それでも、そんなチャンスに恵まれることはまれであるから、ある年齢になれば医局を去ることになる。開業医という道がまだ残されているだけ医者はいいと思われているし、教授も医局を去る医者が失業することはないと思っているから、医局員のクビを切ることにさほど非情さは感じていないようだ。君は開業が向いている、そんな言い方で終わりである。

研究至上主義の大学病院の医局

研究至上主義の大学病院の医局では、臨床的に優れた医者は評価されない。医学教育と同じように、臨床も何ら評価されないとすれば、研究だけを中心にやっていくことになる。評価されないことについては努力しなくなるのがふつうである。

それだけに医局を去るときはどこか不満が残り、主任教授への不満を持ったまま開業した時、他の病院へ就職していくことが多い。あるいは自分の息子や娘がまた母校の世話になると考えれば、当然母校の非難も出てこない。だからこそみな沈黙し、大学病院の現状はさっぱり見えてこない。医局の内情である。しかし、医者をやっていく限り、大学病院との関係は続くので、表立って教授批判をする医者はいない。

これが企業であればまだワンマンであろうと許されるかもしれない。しかし、医療という患者が主役であるべき場で、いつのまにか医者が閉鎖的な階層組織を作り上げ、医局を守り続けたことで、とんでもない方向へと進んでしまったのだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

地方の医師不足の解決策を協議していた厚生労働省など

地方の医師不足対策を協議していた厚生労働、文部科学、総務、財務の四省は二〇〇六年八月三十一日に、とく

記事を読む

no image

患者は退院日を気にする-しないと不安になる

患者は退院日を気にする場合が多いようです。退院日は、患者の迎えに来るご家族の都合もあって、土日になる

記事を読む

no image

看護婦と医者の関係-外科はほかの科と違ってかなり密接

ベテランの看護婦に嫌われたら、医者としての生命は終わりだ。そっぽを向かれたら、医者なんて羽をもがれた

記事を読む

no image

カルテにnpと書くのは異常なしということ-用語集

・np(異常なし) たとえば、お腹(Abd)の診察で異常なければ、AbdnDとカルテに書く。n

記事を読む

no image

病院選び-いい医者と悪い医者の分かりやすい見分け方

病気の種類と程度によって、治療方法は二つに大別される。もちろん、痛くて我慢できないなら手術を受けた方

記事を読む

no image

大学病院教授は給料が安いからアルバイトで稼ぎまくるらしい

助手になったところで月給は四十〜五十万円、助手になれなければ何年いても研修医並みの十四〜十五万円程度

記事を読む

no image

医師の就職先が見つからなくなる次代が来るかもしれないという予測

医者が過剰になった場合、医学部希望者の減少がはっきり出てくるだろう。大学病院に残って医療を続けている

記事を読む

no image

医学部ジッツ-特定の大学の息のかかった病院-用語集

・再受験 他の学部に比べて医学部は再受験が多い。世の中をいろいろ見てきているので、人間としての

記事を読む

no image

医科大学病院の手術が長い理由-安全性が高いわけではないらしい

患者の家族にとってはたまらない話かもしれないが、外科医を育てるためにはやむを得ないことであるようだ。

記事を読む

no image

治療が正しいことだったかどうかの判断

医者でさえ判断に迷うのが実態なのに、裁判所が勝手に判断して、そのやり方をしないと逮捕というのでは、医

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑