評判の良い病院が分からないときに自分でいい医者を見極める基準

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

もし、熱が高いから点満しましょうとか、のどが赤いから血液検査をしましょうなどと言って点満や検査をすると、医療費はかなり高額になる。たかがカゼくらいで高額の医療費を取られる病院は、悪い病院なのである。カゼをひいて病院にかかると、その医療費は病院によってかなり異なる。たとえば、普通のカゼ薬に加えて漢方薬を出す病院は、医療費がちょっと高くなる。漢方薬は、効き目が弱いわりには値段が高いからだ。

患者の治療とは直接に関係のないといわれる研究に没頭して、多数の論文をまとめ、政治力や人脈を生かして教授選で当選した人が教授になれるのだ。日本全国の名医リストといった類いの本が何冊か売られている。しかし、これらの本には、大学教授がかなり載っているので、殆どアテにならない。なぜなら、患者思いで親切で手術が上手な人が、教授になれるわけではないからだ。

開業医や個人病院の場合、患者が来ないと商売にならないので、わざと愛想良く優しく振る舞ってみせることが多い。もちろん、本当に優しい医者もいるが。患者思いで親切にいろいろ励ましてくれる医者は、患者にとって良い医者である。一方、大学病院などの固定給の医者は、わざと優しくしても給与には反映されないから、優しそうな医者は本当に優しいのだ。

じゃあ、薬を出しておきましょう

もしかしたら別の病気の可能性もあるし、仮にその病気だとしても、患者によって症状が少しずつ違うので、それによって薬の内容も変わってくるから、体調が悪くて病院へ行くと、患者の話をロクに聞きもしないで、ああ、これは○○病だね。じゃあ、薬を出しておきましょうと、簡単に片付けてしまう医者がいるが、これでは、とても良い医者とはいえない。

悪い医者は、自分の患者を取られると困るから、他の医者に患者を紹介したがらない。良い医者は、自分の診療内容に自信があるから、他の医者に患者を紹介しても、この患者は、どうせ自分の病院に帰ってくると思っているだが。
これは、セカンドオピニオンといって、主治医が自分の患者を別の医者に紹介し、その医者の見解もふまえた上で、患者が自分の病気の治療方法を選択することもしばしば行われる。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

良性腫瘍とは?医師がごまかすために使うことが多いといわれる

・良性腫瘍 医者からガン告知をされていなくても、たいていの患者は手術を受けた時点で、自分がガン

記事を読む

no image

研究、教育、診療の3つをうまくやっていくことは不可能という意見

学会発表の内容は学会レベルではチェックするが、第三者機関でチェックするようなことはない。同じような学

記事を読む

no image

地方の医学部の問題

都会の学校から地方の医学部に入学した人は、卒業した後、その地元の大学病院や医局に残ったり、あるいは地

記事を読む

no image

日本初の脳死移植と脳死法案

日本初の脳死移植をやりたかったとしか思えない、少なくとも本気で患者さんを救えるかどうかはかなり怪しい

記事を読む

no image

医師の本音-こんな患者はできるだけ診たくないというケース

医者の中だけで語られる、こんな患者はできるだけ治療したくないというような病気のケースはよくあるようだ

記事を読む

no image

エアコンが寒い暑いと病室で争う前に

毎年モメことが起きるのが大部屋のクーラーです。20歳くらいの若者は、暑くて夜も眠れません。これじゃあ

記事を読む

no image

医師過剰時代-大学病院の勤務医も町医者もあふれんばかり-用語集

・医は算術 最近は、医は算術と言い換えられてしまい、金儲け主義の医者が増えてきた。そうなった理

記事を読む

no image

血圧の標準値にあるいろいろな見方や判断材料

血圧の標準値にはいろいろな見方があります。現在の標準値は一四〇/九〇ということになっていますが、これ

記事を読む

no image

医師の労働時間や環境がかなり過酷らしい

医療業界では若くしてのボックリ死もあるようですし、働きざかりに、ガンをはじめ不治の病で亡くなる人もい

記事を読む

no image

集団自律訓練法の適応と効果について

・集団自律訓練法の適応と効果 病院では集団療法として自律訓練法を取り入れています。目的はもちろ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑