評判の良い病院が分からないときに自分でいい医者を見極める基準

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

もし、熱が高いから点満しましょうとか、のどが赤いから血液検査をしましょうなどと言って点満や検査をすると、医療費はかなり高額になる。たかがカゼくらいで高額の医療費を取られる病院は、悪い病院なのである。カゼをひいて病院にかかると、その医療費は病院によってかなり異なる。たとえば、普通のカゼ薬に加えて漢方薬を出す病院は、医療費がちょっと高くなる。漢方薬は、効き目が弱いわりには値段が高いからだ。

患者の治療とは直接に関係のないといわれる研究に没頭して、多数の論文をまとめ、政治力や人脈を生かして教授選で当選した人が教授になれるのだ。日本全国の名医リストといった類いの本が何冊か売られている。しかし、これらの本には、大学教授がかなり載っているので、殆どアテにならない。なぜなら、患者思いで親切で手術が上手な人が、教授になれるわけではないからだ。

開業医や個人病院の場合、患者が来ないと商売にならないので、わざと愛想良く優しく振る舞ってみせることが多い。もちろん、本当に優しい医者もいるが。患者思いで親切にいろいろ励ましてくれる医者は、患者にとって良い医者である。一方、大学病院などの固定給の医者は、わざと優しくしても給与には反映されないから、優しそうな医者は本当に優しいのだ。

じゃあ、薬を出しておきましょう

もしかしたら別の病気の可能性もあるし、仮にその病気だとしても、患者によって症状が少しずつ違うので、それによって薬の内容も変わってくるから、体調が悪くて病院へ行くと、患者の話をロクに聞きもしないで、ああ、これは○○病だね。じゃあ、薬を出しておきましょうと、簡単に片付けてしまう医者がいるが、これでは、とても良い医者とはいえない。

悪い医者は、自分の患者を取られると困るから、他の医者に患者を紹介したがらない。良い医者は、自分の診療内容に自信があるから、他の医者に患者を紹介しても、この患者は、どうせ自分の病院に帰ってくると思っているだが。
これは、セカンドオピニオンといって、主治医が自分の患者を別の医者に紹介し、その医者の見解もふまえた上で、患者が自分の病気の治療方法を選択することもしばしば行われる。

スポンサーリンク

関連記事

no image

医療ミスについて-認定医の制度をほかの科にも広げるべき

医療ミスを招く原因の一つは、明らかに人手不足だ。絶対数が足りない上に、患者に主に接するのが経験の少な

記事を読む

no image

医者の言葉で「しばらく経過を見ましょう」には注意が必要

かかっている医者が、診断がきちんとできる医者か、単なる自信のない医者なのか見分けるためにも、しばらく

記事を読む

no image

純粋に研究論文だけを掲載する商業誌は日本では非常に少ないらしい

日本の医学商業誌のほとんどは、医学的な特集を組んで、その道の専門家や権威者に原稿を依頼する。例えば、

記事を読む

no image

赤レンガ病棟に入ったある人

私は左翼学生ではなかったが、同期の友人が、赤レンガは人間的な精神医学をやるところで、外来派は生物学的

記事を読む

no image

看護記録とは-いろんなことすべてが書き残されるので注意

看護記録は主に入院している患者さんについて、病気のこと、体のことのほかに、心理状態や生活観察など、実

記事を読む

no image

医者はきちんと哲学を学ぶべきだという考え方

医者というのは、理系のせいか、一部の例外小説家などになって成功する医者も少なくはないが、やはり少数派

記事を読む

no image

医者の家族は他人の医師に診てもらったほうがいい

近しい身内はなぜか治りが悪いようです。日ごろから尊敬しつづけているご夫妻なら別ですが、最も信頼できる

記事を読む

no image

医学部の定員増の問題

定員増の合意は、文部科学省だけでなく、厚生労働省、総務省、そして財務省までが合意している。大学側も、

記事を読む

no image

看護婦長さんがずっとナースステーションにいる日はつらい

病棟では、婦長さんがずっとナースステーションにいる日には、どことなく緊張感のある空気が流れます。婦長

記事を読む

no image

全国医学部長病院長会議は医師の臨床研修制度について見直しを求める

病院全体で医者が六人とか八人とかいうような事態が生じて、医者が過労状態になったり、救急をやめたりとい

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑