医学は英語が共通言語

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医学は英語が共通言語。語学の勉強は重要。医学部の場合、第二外国語でドイツ語をとる人が多いようだが、今はドイツ語の重要性は、昔と比べてかなり低下しており、英語の重要性は増大する一方と言ってよい。ひとつには、医学に関しては、英語が共通言語になったということがある。論文を書くにしても、英文の論文の数で大学教授になれるかどうかが決まる。

医学部は、六年制のカリキュラムになっている。原則的には最初の二年間が教養課程で、後の四年が正規の医学部として、基礎医学と臨床医学を学ぶことになっている。この教養課程では、生物学や化学の基礎、語学のほか、哲学などの文系科目も選択でとれる。

研究者にならない人にとっても、治療法について新しいものを知りたければ英語が読めないといけない。実は、アメリカのNTH(国立衛生研究所)のホームページを見ると、さまざまな病気の標準治療が記載されている。この標準治療というのは、ほかの治療を受けた群と比べて、何年後かにもっとも予後がよかった、つまり、死亡率が低かったり、後遺症が残らなかったという統計調査に基づいたものなので、なり妥当なものである。

外国の標準治療のとおりの治療をする必要はない

外国の標準治療のとおりの治療をする必要はない。がんなどの場合、標準治療で使うとされる薬が日本では認可されていないことさえある。ただ、前もって標準治療を見ておけば、違う治療を行うにしても、その理由を説明するために予習することができる。突然、患者さんに突きつけられて、シドロモドロになったり、素人は黙っていろという態度をとるから、バカにされたり嫌われたりするのである。

実は、日本ではこの手の調査が少ないので、実際には、何がいい治療というのは、病院によってまちまちだったり、経験に頼って語ることになる。ところが、この手のホームページは、知的レベルの高い患者さんは先に見てくることがありうる。きちんと読んでおかないと恥をかく可能性があるわけだ。

もちろん、翻訳のソフトが優秀なものになり、こういうものも日本語で読めるようになる可能性は大きいが(一部はすでに訳されている)、やはり英語がきちんと読めるに越したことはない。いろいろな意味で、英語が読めない、書けない医者は不利である。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

私が精神科を選んだ理由

私が精神科を選んだのは、同じように学校に出なかった連中ほど厚かましいわけではなく、情報がなかったから

記事を読む

no image

医師の就職先が見つからなくなる次代が来るかもしれないという予測

医者が過剰になった場合、医学部希望者の減少がはっきり出てくるだろう。大学病院に残って医療を続けている

記事を読む

no image

病院の会計でやたらと待たされてしまう理由

今、なかなか普及しない最大の理由は、すでに高額の検査機器などを口ーンで購入している病院に、電子カルテ

記事を読む

no image

教授選の激しい舞台裏-道は非常に険しいらしい

教授選は最後の最後まで裏切りなどがあり、教授選は本当に蓋を開けてみないとわからないことが多いようだ。

記事を読む

no image

病院の待合室にやってきた手ごわい常連

ある民放キー局のすぐ近くにある、T大学病院。場所がら、ここは芸能人の患者も多い。昼間は彼らも他の患者

記事を読む

no image

診療点数の稼げるものと稼げないもの

稼げる診療、稼げない診療というものがあるのをご存知だろうか?同じ病院の診療でも、稼ぎやすい診療と、あ

記事を読む

no image

裏金-研究費という名目で裏金が病院に流れているウワサ-用語集

・講座 もちろん、講座といっても、医者が患者を一同に集めて病気の話をするわけではない。普通の会

記事を読む

no image

インクロムボランティアセンターでなら大阪の治験情報が見つかる

インクロムボランティアセンターは、大阪で行われている治験の案件を取り扱っているサービスです。大阪の治

記事を読む

no image

医師は聴診器などを自費で購入しているらしい

白衣は医師の制服です。名刺は勤務病院の名前や肩書きを入れておきます。医者にとって聴診器は必需品です。

記事を読む

no image

良性腫瘍とは?医師がごまかすために使うことが多いといわれる

・良性腫瘍 医者からガン告知をされていなくても、たいていの患者は手術を受けた時点で、自分がガン

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑