医学教育の特徴-対外的な評価が教育面に反映されにくい現状

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医学の教科書を棒読みする授業や、コピーを配るだけの、実に権威的なものが多いという。偉い教授の授業というものは、批判もできなければ、そういうものだと叩き込まれていたのだろう。教授の授業より、臨床の現場にいる助教授の講義のほうがだんぜんおもしろく印象深いという。技術的な問題はどうしても先輩が実際に行なう姿を見ずしては学べない。そのため徒弟制度のようなものが残ってしまう一因がある。

私立医大ではさらに経営サイドである理事側の評価も入ってきて、学生の声、対外的な評価が教育面に反映されにくい。アメリカでは受講生からの評価が常になされ、学生の評価が教授の評価につながっている。それは日本ではまだまだ信じられあいことであるという。臨床系の授業を行なう教員は、大学病院で臨床を行ない、医局に所属して研究もする。それが医学教育の特徴である。

医学部のカリキュラムの時間の多さは、各医局同士のある種の勢力構造を作り出す。医学教育の方法論を教育されることなく、講師という肩書きになれば、授業を行なうことになるようだ。授業時間を多く持つことが、自分たちの医局のアピールになる。主任教授たちは自分の医局が受け持つ授業時問を多く取ろうと、カリキュラム委員会で折衝するのだ。

自分の研究成果をしゃべる

そこには、医学の現在の状況を考慮するとか、大きな展望で考えるのではなく、自分たちの勢力争いという意図が見え隠れするという。

本来、医学部の講義は医学の最も基礎的なレベルでの講義であるはずが、自分の研究成果をしゃべり、それで授業とする教授もいる。そこにはよりよい医者を作るという考えではなく、請け負った授業時間をつぶすという発想しかないようだ。意欲的な教授もいるが、それは評価されないという。あくまでも個人的な努力であり、いい先生だったで終わっている。実際に授業を行なうのは、主任教授だけでなく、助教授、講師という肩書きの医者である。最新の医学情報を入れ込んで授業を行なっていかねばならないが、まだまだ授業に対する教授側の意識も低い場合が多いらしい。

医学部で必要なものは、周囲からの適正な評価である。全権力を握る主任教授があまりにも強大な決定権を持つために、冷静で公平な評価を受けられないのが現状であるようだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

外国の病院の年間手術件数のスタンダードは一〇〇件

経験が多いほうがトラブルの経験も多くなるので、その対処が容易になるというメリットがある。規定外のこと

記事を読む

no image

医学研究種類の細分化が引き起こす患者を人として見ることの欠如

医学研究を進めていく上で、細分化、専門化することは必要であり、科学の一つの方法であるが、最終目標が臨

記事を読む

no image

医師への色々な謝礼の実態-現在でも本当にあるのか?

医療器械や機材のメーカーは、製薬会社ほどまだ自主規制していないために、いまだに医者への過剰な接待やバ

記事を読む

no image

ピアスをつけたチャラそうな医者に診てもらっても大丈夫?

医師と患者は上下関係のように感じていた人もいるでしょうけれど、患者さんと医者はごくごく普通の人間関係

記事を読む

no image

医療経済優先の論理-利益率が多い薬の存在

各医療機関が過当競争しないような行政的配慮が必要であろうと思います。医者だって人間ですから、自分が窮

記事を読む

no image

医師になるための国家試験の勉強について

新しい知識がないと、時代遅れの医者や不勉強な医者(たとえばがんのように、治療法がすっかり変わり、しか

記事を読む

no image

医師の善意や診断能力に差があるか?

~医師の善意や診断能力に差があるか~ 一つ興味深い話題をあげましょう。ここに四とおりの医者がい

記事を読む

no image

ベテラン医者が仕事を辞めたがっている

大学のOB会でビールを飲みながら、学会のランチタイムにハンバーグ定食を食べながらなど、40~50代の

記事を読む

no image

「白い巨塔」のドラマそのままに繰り広げられる派閥争い

大学病院の系列化は、文部省などが中心となって中央に優秀な人材が集まり、地方の病院に優秀でない人材が集

記事を読む

no image

学ぶ楽しさを知ったセミナーと米留学

脳のCTにいたって、脳外科と合わせて年に一枚も診た。で、その後、内科もできる精神科医を、高齢者専用の

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑