医学専門誌ならではの広告

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・医学専門誌ならではの広告とは

どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医も同じ。そこで、どこの開業医も頭を悩ますのが、跡継ぎ問題である。たとえばこんな話がある。S内科は開業して12年、ようやく経営も安定したところで、院長が心不全で急死してしまった。残っていた借金は、多額の保険金で返済できたが、2人の子どもを抱え、これからの生活を思って途方にくれる未亡人であった。院長はまだ48歳の若さである。

それでも娘はなんとか短大を卒業し、就職先も決まったが、息子のほうは三浪の身。かといって、国立大に受かる保証もない。今年こそなんとか医学部へ合格してほしいが、私大に入れる金はない。開業希望の、若く優秀な医師が娘の婿になってくれたら。せっぱつまって、未亡人は医学雑誌に広告を掲載することを思いついた。母の願いは切実だ。でもひとつ心配なことがある。一人娘は気立てはやさしい。しかし、お世辞にも美人とはいえない。

未亡人の真剣な眼差し

一報を受けて、さっそく打ち合わせに訪れた医学雑誌の担当者に、あのう、広告文に娘はブスですがと注釈をつけたほうがいいでしょうか?未亡人の真剣な眼差しに担当者は思わず、大丈夫、要は気立てですよと、まるで仲人みたいな口調でなぐさめたのである。正直者の未亡人は真顔で聞いた。さいわい、息子はみごと、国立大の医学部に合格し、雑誌広告は掲載されなかった。したがって、広告文に盛り込まれるはずの母の取り越し苦労を、娘は知らずにすんだのである。

開業したくてもできない医者も多い。金もツテも強力な後ろ盾もない、だが、ウデと頭脳と夢はあるといった青年である。たとえば地方の普通の家庭の出身者だ。こうした悩みを抱える双方の出会いに一役買うのが医学専門雑誌の広告である。せっかくここまできたのだから、一代で終わらせるのは忍びない。経営が軌道に乗り、借金を完全に返済して、本当のぜいたくができるのは、実は二代目からであるのである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

医者になりたいと思い実際になってみると感じる大きなギャップ

医者の子弟は、医療の現実を見てきているから、医者はこんなものだという見方ができている人たちである。親

記事を読む

no image

医者の言葉遣いの善し悪しの判断する基準や見極め方

本来は体の具合が悪いのですか?という意味だが、体の具合が悪いから病院へ来たのにきまっているから、実際

記事を読む

no image

病院船とは災害時に有効な動く施設

災害時に病院が機能しなければ、助かるはずの人命が多数失われてしまいます。また大都市で震災が発生したら

記事を読む

no image

問診の内容や診察した所見を記載することなど

内科の場合、一般的には、顔色、眼、口、首、胸部、腹部などと上から下へ進んでいきます。まず顔色です。顔

記事を読む

no image

便秘で薬を飲むのを我慢する老人が教えた医局ではわからないこと

・ウンチが教えた大学の医局ではわからないこと この春に大学の医局に戻るO医師の後任として、K医

記事を読む

no image

医師国家試験の合格率は医学部のレベルを反映しなくなった

いまさらながら、新設医大の果たした役割を考えてみると、日本の医療事情が見えてくる。多くの新設医大は、

記事を読む

no image

大学病院はメリットばかりとは限らない

カゼらしい症状でも大学病院の内科、小さな切り傷でも大学病院の外科に行きたがる人ってけっこういるんよう

記事を読む

no image

海苔の食べすぎで結石が出たある医師の話

近所に住むYさん(70歳)が、隅田川近くの市中病院によく駆け込むようになったのは1年ほど前から。彼の

記事を読む

no image

ニューハーフの患者が大部屋に入ったらどうなる?

パンツスーツは女性のファッションとして定着しましたし、髪の長い男性もふえています。世間では男女の区別

記事を読む

no image

医師は聴診器などを自費で購入しているらしい

白衣は医師の制服です。名刺は勤務病院の名前や肩書きを入れておきます。医者にとって聴診器は必需品です。

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑