医学の進歩-新しい試みを行なった医者はアウトサイダーとなる

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

一番新しい医学の試みを行なった医者は、みな狂気やアウトサイダーと見なされた。事実、世界で初めて心臓手術を行なったドイツの外科医レーンは、当時のヨーロッパの外科学界を支配していたビルロートに激しい非難を浴びている。いつでも新しい試みは、医者の名誉欲、研究への好奇心が推し進めてきた。しかし、これからはそれだけで医学が進歩していくことは許されない時代になりつつあるのかもしれない。

学用患者という言薬があり、医学教育のために入院させ、入院費はタダにするかわりに、医学部の講義のとき、病気の症状を学生たちに見せていた。そこには、患者の人格を無視した、研究者の恐ろしい姿があった。医学はそういつた傲慢さのなかで、新しい治療方法を開発してきたこともたしかであるようだ。

医者が患者の心を理解したような誤解をするが、それこそ微慢な態度であるように思う。退官した教授が初めて患者の心理に言及したり、自分が病に倒れて初めて患者の気持ちを理解することはあるが、在職中は患者中心で働くことができないのが、大学病院の仕組みであるという。いくら権威ある医者が、どんな建前を言ったところで、それは表面だけの言葉であるようだ。

患者の心理を理解し説明

患者の心理を理解し、説明することは非常に難しい。病気の説明はできても、その病気を持つことの苦しさを理解している医学の教育者はいないのではないだろうか。それほど患者心理というものは難しいという。しかし、それがある意味では医療の限界でもある。医者が踏み込めない、知ることのできない患者の心があると認識するほうがずつと人間的だろう。

病院を管理する立場ということで、早朝から夜遅くまで病院に勤務するが、残念ながら教授が、入院患者のことに頭を悩ます時間はごく限られたものにすぎないようだ。大学病院の医療は学会、研究が主体で、患者はあくまでもその対象にしかならず、患者の人格を考えることは、医療ミスでも起きない限り問題とされることはない。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

診療点数の稼げるものと稼げないもの

稼げる診療、稼げない診療というものがあるのをご存知だろうか?同じ病院の診療でも、稼ぎやすい診療と、あ

記事を読む

no image

小児科医の減少の理由-仕事がきついので辞めたい人が多い

今、小児科がどんどん消えています。小児科医の全体数は増えています。それなのに小児科が減るといいます。

記事を読む

no image

医者は風邪をひかないというのはウソ

当然ですが、医者だってカゼをひきます。むしろ、普通の人よりも、カゼひき患者さんからうつされることもあ

記事を読む

no image

芸能人が病院に来ることもある!?ただし東京がほとんど

人気歌手や俳優、一流スポーツ選手など何人か見かけてワクワクするそうです。東京の大学病院に勤めている医

記事を読む

no image

マイコプラズマ肺炎をトリコモナス肺炎!?恥ずかしい間違い話

・気づけば赤面、言って大ハジ、横文字病名にご用心 小学生ぐらいの子どもを持つ親ならだれでも知っ

記事を読む

no image

医者検索-良心的な人と悪い人の簡単な見分け方や注意点

良い医者は余計な検査はやらないし、たとえ検査するにしても、なぜその検査が必要なのかをキチンと説明して

記事を読む

no image

医者の学歴は何故公表されないのか?

日本の病院では、医者の学歴が公表されません。学歴社会日本では異色な世界で、そういうことは一切公表され

記事を読む

no image

医者のコミュニケーション能力の欠如の問題

手術などがうまくいった場合は、「口下手だけど、腕のいい医者」ですむことも珍しくない。しかし、手術など

記事を読む

no image

私費でいいからいい医療を受けたいという人が出てくる可能性

美容外科の手術は私費や自費なので、保険が併用できな液検査や手術の後の抗生物質の使用も、自費で受けない

記事を読む

no image

体温計の入れ方を間違えた女子高生のお話

・女子高生、ちょっと言えない体温計事情 夜更けの救急センターの診察室。どうなさったんですか?強

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑