医学部の学生寮に謎の縫合

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

・医学部生寮の謎の縫合

これから6年間、親のスネをかじって、地方で下宿生活を送らねばならないので、とても豪華マンションに独りで暮らすというわけにはいかない。授業料は格安とはいえ、彼の家は決して裕福ではないS君。つらく苦しい浪人生活の末、晴れて地方の国立大学医学部に合格したS君。貧乏なS君だったが、さいわい同じ大学を卒業した先輩のツテで、格好の下宿を見つけることができた。昔ながらの下宿屋である。

風呂は共同で、同居学生6人。気のいいオバさんの作るオフクロの味は最高。食事つきで、四畳半一間家賃4万円。まあ、風呂は共同でもこの値段で食事つきなら、苦学生には充分だろう。ある晩、トイレに行ってS君は気がついた。ドアの板の節穴に糸が結んである。一カ所だけじゃない。節穴という節穴に赤い糸、白い糸がくっついている。もう一つ、S君がこの下宿を気に入っている理由がこれである。

細いヒモを縫いつけた跡がある

そこだけじゃない。柱の節穴はもちろん、壁紙の破れたフチ、窓枠のスキマ、食堂の椅子のクッションのウラ、果ては茶の間のテレビのスピーカーのカバーまで。昼間よく気をつけて見てみると、古い木造の建物のあちこちに、細いヒモを縫いつけた跡があるのだ。これがほどこうと思ってもほどけない。なんじゃこれは?下宿のオバさんにたずねたところ、これは歴代の医学部の先輩たちの縫合練習の跡なのだそうだ。

縫合が苦手な学生たちが、スキマや裂け目さえ見れば、懸命に糸結びの練習をしたのだというのだという。これに感動したS君。家にいながら縫合の練習ができる。自分も先輩たちに負けないくらい、思いっきり縫合跡をつけてやろうと、S君は決心するのであった。ガンバレ、平成の貧乏医学生!ただ、数十年の長きにわたって、田舎大学の医大生の学究ぶりを見守ってきたこの下宿も、老朽化がすすみ、S君が4年生になる年には、取り壊しになる予定であるという。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

便秘で薬を飲むのを我慢する老人が教えた医局ではわからないこと

・ウンチが教えた大学の医局ではわからないこと この春に大学の医局に戻るO医師の後任として、K医

記事を読む

no image

研修医が疲れでウトウトした時に行われるある方法

・疲れた研修医を即座に現業に引き戻すある方法 一人前の医者になるには鈎(こう)引き3年かかると

記事を読む

no image

姑息的手術の意味やそのほかの医学用語の意味の紹介

・姑息的手術 たとえば、すでに転移している大腸ガンの場合、手術してもガンが治ることはほぼない。

記事を読む

no image

市販薬の種類が増えている理由

~薬の種類が増える理由~ 現在、市販薬においてはまだ多くの合剤が見られます。その代表がテレビの

記事を読む

no image

臨床経験年数のある医者はなかかか病棟にいないという現状

もともと病棟の仕事は、卒業、一、二年目の研修医が指導医の指導のもとに担当する。さらに病棟医長と呼ばれ

記事を読む

no image

医学部の学生や世間が持つ医者が特権階級だという誤解

結局ほとんどの学生は何も知らないまま、医学部に入っていくのだ。入学と同時に医者は特権階級だと信じ、周

記事を読む

no image

病院医局の内部-息を潜め教授の意見に黙って従う世界

医学部のさまざまな管理機構には、外部からの影響がほとんど及ばないという。そのために学長や理事長という

記事を読む

no image

医者になりたいと思い実際になってみると感じる大きなギャップ

医者の子弟は、医療の現実を見てきているから、医者はこんなものだという見方ができている人たちである。親

記事を読む

no image

今の若い医者は診察を軽んじている!?

診察のときに使う器具類は、聴診器や血圧計といった機械としては単純なつくりのものでも、過去から現在にわ

記事を読む

no image

マイコプラズマ肺炎をトリコモナス肺炎!?恥ずかしい間違い話

・気づけば赤面、言って大ハジ、横文字病名にご用心 小学生ぐらいの子どもを持つ親ならだれでも知っ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑