医学部の講義では治療の話はあっても実際使用の薬の話は聞けない

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

大学病院の医療が外来に依存しているわりには、外来診療をきちんと教育していない。あくまでも自分で経験して、覚えていくしかない。例えば、高血圧症は内科の外来で最も多いものだが、医学部の講義では原則的な治療の話はあっても、実際に外来で使用している薬の話を講義で聴くことはない。

医学教育のなかで病棟実習は一年間かけて行なわれるが、その間、外来を診るチャンスは信じられないくらい少ないという。本来、外来は病気を診断していく上で最も重要なところである。内科医は、たぶん最も処方するであろう高血圧の臨床的な薬の使い方は、見よう見まねでやっていくしかない。患者の面接の方法、診断の手順、処方、治療といった外来の全体の流れを知らぬまま卒業していくのが、いまの医学教育であるようだ。

ほとんど体験というレベルでの教育でしかない

例外こそ臨床であるという医学教育までは、とてもたどり着ける状況ではない。外来の臨床実習は、ほとんど体験というレベルでの教育でしかない。数分間しか診療時間のない大学病院では、診断学のテクニックまで学ぶ余裕はない。どんな患者が飛び込んでくるかわからないのが外来である。医学の教科書には載っていない、例外の患者、しかしその例外の患者が臨床では普通のことである。決められた患者しか診るチャンスのない医学実習では、教科書が正しく、目の前の患者の症状は、教科書と違うではないかという奇妙な反応を示すことになる。

医者になっても、研修医時代に外来患者を診ることができるのは、アルバイトの夜間当直のときがほとんどだ。本格的に大学病院の外来ができるようになるのは、助手という、卒業六、七年たってようやく大学の職員になってからだ。それ以前には、卒業後四、五年目くらいに外の病院へ長期出張させられたとき、外来を体験することが多い。
ここで、初めて外来で使う薬の名前を覚えることになる。だから、実践レベルの医者に成長できるようになるには、多くの年数を必要としてしまうのが現状のようだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

後期高齢者終末期相談支援料

凍結されているが、後期高齢者終末期相談支援料の新設が行われた。七十五歳以上の高齢者が、終末期と診断さ

記事を読む

no image

かかりつけ医のメリット-何でも相談できる近所の開業医さん

かかりつけ医とは、何でも相談できる近所の開業医さんのことです。あなたは、かかりつけ医を持っていますか

記事を読む

no image

ガン告知の真実-病名を隠す傾向がある現代

治療をすれば治るガンについては、告知することが一般的になってきました。現実には、ガンを告知されてよか

記事を読む

no image

病院機能評価-実態を知る方法というのはあるのか?

病院の評価すらまだまだ進んでいない現状では、大学病院の医療の実態を知る方法というのはほとんどないとい

記事を読む

no image

病院の職員組合はマスコミも操作するらしい

公立病院は、たとえば東京の場合は職員は都の職員になるわけで、組合員は東京都職員組合という大所帯の一員

記事を読む

no image

採血検査のときに朝食を抜かないといけない理由

遅刻しそうでも、朝ご飯だけは欠かせないという人たちにとっては、かなりつらいことです。なかには、学生時

記事を読む

no image

教授回診は権力の象徴で患者さんにとってのメリットはない!?

ドラマの世界では、教授回診は権力の象徴であり、患者さんにとってのメリットは示されていません。ところが

記事を読む

no image

看護婦が老人からサルと言われた夜

・白衣の天使がサルになった夜 3度の食事が終わっても、ちょっとするとおなかが空いてたまらない。

記事を読む

no image

格差社会の医療の在り方-アメリカなどの例とおすすめの事項など

情報通の人はいい医者を選ぶ。格差社会というとお金の問題ばかりが取りざたされる。情報の格差。ITの時代

記事を読む

no image

セカンドオピニオン-転院して急激に回復したある患者の例

セカンド・オピニオンを他の医療機関で聞くほうがいいという典型的な例を紹介します。医者であるGさんの九

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑