医学部面接試験の真実-我が校にとって都合のいい医者

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

一昔前に比べれば、面接のやり方が変わり、一見、改善されたように見えるが、実際には大きな変革にはなっていない。東大医学部に至っては、ようやく近年、面接を取り入れたそれを大きな改革だと思っているところが時代錯誤であるとも言われている。我が校にふさわしいという選択は、我が校にとって都合のいい医者ということであり、医学に貢献する医者という意味は含まれていない。面接をしているのが、医学部にいる助教授以上というメンバーでは、どうやっても偏った人選しかできないという意見もある。そうやって、入試の時点から、医者の組織に従順な人間を選んでいく仕組みが出来上がっているようだ。

建前は人間的に優れた人材といいながらも、最後はテストの点数で決定されてしまう。協調性があり、医者の世界でいかに従順な人間でいられるかという点で選ばれているのが現状らしい。個性ある人間は望まれていない。面接で目立つような学生は、医者の集団でうまくやっていけないと判断されるのだ。患者が望む将来誠意のある医者、心豊かな医者になりそうな学生を選び出すには、現在の面接方法では限界があるようだ。現在の医学部入試では、多くの大学が、二次試験を行っている。しかし、面接だけで、本当の意味で医者に向いている人材を見い出すことは不可能である。

医療への思いを語らせたところで

面接試験で口先だけの医者の理想なり、医療への思いを語らせたところで、それでその人間の本質を見抜くことはできない。医学部の学生指導では、人間性だの誠実さなどを説くようだが、入試の時点ではそれを評価する方法がとられていない。結局、医学部は普通の人間を要求しているために、入試の面接が、大きな意味を持つまでになっていないという。

できる学生が医学部へ行く。それだけが医学部入試の原則であることは、何ら変化はない。その先には医学部の研究至上主義があり、学究的医者が大学病院に残っていくことになる。患者側が望む医者像とはますますかけ離れてしまうのだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

心身医学療法を現代の医療に加える

気管支端息は頻回の夜間発作や度重なる入院などが医療費を高めています。気管支端息は代表的なアレルギー疾

記事を読む

no image

エゴグラムの結果の見方の例を紹介

あなたの前で、ヨチヨチ歩きの幼児が転んでしまったとき、あなたは最初にどう思うでしょう。 ・あら

記事を読む

no image

医学専門誌ならではの広告

・医学専門誌ならではの広告とは どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医

記事を読む

no image

愛人関係などの問題で病室がパニックになることもある

医療の現場では、教科書や授業で習わなかった問題点がさまざまあって、解決方法に困ったこともあるようです

記事を読む

no image

医者のコミュニケーション能力の欠如の問題

手術などがうまくいった場合は、「口下手だけど、腕のいい医者」ですむことも珍しくない。しかし、手術など

記事を読む

no image

大学病院の役職などの仕組み-医局の大きさはまちまち

旧国立一期の大学の付属病院だと、内科だけでも第一内科から第四内科まで医局があったり、私立だと専門の分

記事を読む

no image

病院で使われる用語集-色々な略語を紹介

医師の間で使われている、色々な略語を紹介していこう。 ・エソファグス(esophagus)

記事を読む

no image

研究論文の発表の場でこだましたあってはならないセリフ

・学会でこだました、あってはならないあるセリフ これまで、できるかぎり晴れがましい場は避けてき

記事を読む

no image

医者検索-良心的な人と悪い人の簡単な見分け方や注意点

良い医者は余計な検査はやらないし、たとえ検査するにしても、なぜその検査が必要なのかをキチンと説明して

記事を読む

no image

優しさに研修医が涙したある話

外科研修医1年生のE君。下宿に帰っても金がない。週に4日は当直。給料はなんと普通の会社の新入社員の半

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑