医学部へ入学するのに理想的なの人は人生経験をある程度積んだ人

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

人生経験をある程度積んだ人間が、医学部へ進むのが理想である。現在では、医者になってからさまざまな人生経験を積むことになる。これではあまりにも遅いといわざるを得ない。その間の患者は犠牲となってしまう。

医者というものが、常に外からの批判を受け入れ、修正できなければ、どんなに優秀な医者であっても、自分の医療が見えなくなってしまう。医学部は基本的には研究至上主義であるために、研究者は研究だけを続ければいいという姿勢が、医者を歪めていってしまう。閉鎖された医者の世界だけで、医者の理想なり患者優先の医療を唱えたところで、非現実的なものにすぎない。それを変えるには、医者になる若者が多様性のある価値観を持たねばならないということだろう。

理想的な医者を大学病院に求めたところで、医学部のシステムを変えない限り、いつまで経っても無駄であろう。六年間のカリキュラムの変更という小手先の変革では何も起きない。つまり内部改革だけではどうにもならない状況であり、教授たちが自覚を持たない限り、何も変わらないということだ。

病気をした人が医者になる

病気をした人が医者になる、これがたぶん理想的な医者だろう。しかし、そうであっても、たぶんその人は医者になったと同時に変わっていってしまうのが、いまの医学教育システムの大きな欠陥であるようだ。純粋な医者理想論を説くだけでは、医者になってからの落胆が大きくなるばかりである。それでは患者の望む医者はできない。

純粋な医者への憧れを持った若者が、その理想を実現できる医学部と大学病院に恵まれないかぎり、患者の望む医者にはならない。それを指導するはずの教授たちも同じ狭い世界観しか持たず、教授の持った独自の価値観以外は除排され、少しでもそれからずれる人間は排除されてしまう。医学生は、あまりに世間を知らずに医者になってしまう。そしてそのまま閉鎖社会へ入るから、ますますその価値観は狭いものになる。

アメリカの医学部のように、他の学部を卒業し医学部をめざすというのも一つの方法だろうし、さらに成績重視の医学部入学を根本的に見直す必要があるだろう。有能な研究者と患者が求める臨床医が一致することは例外的な出来事のようだ。優秀な研究者は極端な言い方をすれば、人間性はなくてもいいと思われているらしい。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

病気を自己診断しないで医師の判断を仰ぎましょう

受診するまでに、すでに自分で病名をつけてくる患者さんって案外いっぱいるようです。たとえばカゼをひきま

記事を読む

no image

当直勤務-枕元に患者が立っていたり眠れてもせいぜい二時間

自分の医局で月に四〜五回、アルバイトで週一回は必ず当直をする。当直は午後五時から、翌朝ほかの医師が出

記事を読む

no image

医学博士の医師は名医?世間が思っている誤解-用語集

・医学博士 医学博士と名医とは、何の関係もない。いくら手術の腕が良くても、決して医学博士にはな

記事を読む

no image

患者とのコミュニケーションのスキルの問題

今のご時勢、一方では医者より学歴の高い患者さんは、とくに都会ではたくさんいるし、インターネットを駆使

記事を読む

no image

看護婦長さんがずっとナースステーションにいる日はつらい

病棟では、婦長さんがずっとナースステーションにいる日には、どことなく緊張感のある空気が流れます。婦長

記事を読む

no image

人間ドック検診-必要のない精密検査を受けさせる

集団検診よりははるかに検査項目の多い人間ドック。人間ドックは順天堂大などの私大の付属病院でも行ってい

記事を読む

no image

素人判断をして指示に従わない患者の数が多い

素人判断をして、指示に従わない患者さんは、すごく数が多いようです。不安感が強く会社にも行けないといっ

記事を読む

no image

手術用メスが飛ぶとき-上司の研修医への扱いはヒサンなものだった

たとえ見習い期間中であろうと、人の命を預かることにかわりはないのだから、ミスは絶対に許されない。ふつ

記事を読む

no image

医者が勧める薬には必要のないものもあるようですので注意

ビタミン剤は、いわゆる薬とはちがって、飲んでも副作用などもまずなく、安心であることから、積極的に勧め

記事を読む

no image

私費でいいからいい医療を受けたいという人が出てくる可能性

美容外科の手術は私費や自費なので、保険が併用できな液検査や手術の後の抗生物質の使用も、自費で受けない

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑