医学部へ入学するのに理想的なの人は人生経験をある程度積んだ人

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

人生経験をある程度積んだ人間が、医学部へ進むのが理想である。現在では、医者になってからさまざまな人生経験を積むことになる。これではあまりにも遅いといわざるを得ない。その間の患者は犠牲となってしまう。

医者というものが、常に外からの批判を受け入れ、修正できなければ、どんなに優秀な医者であっても、自分の医療が見えなくなってしまう。医学部は基本的には研究至上主義であるために、研究者は研究だけを続ければいいという姿勢が、医者を歪めていってしまう。閉鎖された医者の世界だけで、医者の理想なり患者優先の医療を唱えたところで、非現実的なものにすぎない。それを変えるには、医者になる若者が多様性のある価値観を持たねばならないということだろう。

理想的な医者を大学病院に求めたところで、医学部のシステムを変えない限り、いつまで経っても無駄であろう。六年間のカリキュラムの変更という小手先の変革では何も起きない。つまり内部改革だけではどうにもならない状況であり、教授たちが自覚を持たない限り、何も変わらないということだ。

病気をした人が医者になる

病気をした人が医者になる、これがたぶん理想的な医者だろう。しかし、そうであっても、たぶんその人は医者になったと同時に変わっていってしまうのが、いまの医学教育システムの大きな欠陥であるようだ。純粋な医者理想論を説くだけでは、医者になってからの落胆が大きくなるばかりである。それでは患者の望む医者はできない。

純粋な医者への憧れを持った若者が、その理想を実現できる医学部と大学病院に恵まれないかぎり、患者の望む医者にはならない。それを指導するはずの教授たちも同じ狭い世界観しか持たず、教授の持った独自の価値観以外は除排され、少しでもそれからずれる人間は排除されてしまう。医学生は、あまりに世間を知らずに医者になってしまう。そしてそのまま閉鎖社会へ入るから、ますますその価値観は狭いものになる。

アメリカの医学部のように、他の学部を卒業し医学部をめざすというのも一つの方法だろうし、さらに成績重視の医学部入学を根本的に見直す必要があるだろう。有能な研究者と患者が求める臨床医が一致することは例外的な出来事のようだ。優秀な研究者は極端な言い方をすれば、人間性はなくてもいいと思われているらしい。

スポンサーリンク

関連記事

no image

臓器移植の問題点-チンパンジーの脳に換える

心療内科では、交流分析、自律訓練法、行動療法の三本柱に加え、一般心理療法、カウンセリング、催眠療法を

記事を読む

no image

体温計の入れ方を間違えた女子高生のお話

・女子高生、ちょっと言えない体温計事情 夜更けの救急センターの診察室。どうなさったんですか?強

記事を読む

no image

アメリカのレジデント時代の給料おおむね日本の研修医と同じ程度だが

日本の臨床研修のシステムは昔と比べると、かなり改善されたが、アメリカと比べると、まだまだという感じは

記事を読む

no image

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面

研修の質が悪いだけでなく教授たちがいばっているという側面。 大学病院の場合、研修の質が悪いだけでな

記事を読む

no image

全国医学部長病院長会議は医師の臨床研修制度について見直しを求める

病院全体で医者が六人とか八人とかいうような事態が生じて、医者が過労状態になったり、救急をやめたりとい

記事を読む

no image

かかりつけ医のメリット-何でも相談できる近所の開業医さん

かかりつけ医とは、何でも相談できる近所の開業医さんのことです。あなたは、かかりつけ医を持っていますか

記事を読む

no image

EKGとは心電図のこと-ドイツ語読みでエーカーゲー-用語集

医者達の間で、医者の間でしか分からないような略語を使うことは多い。ここでは、そんな色々な略語を紹介し

記事を読む

no image

不法就労者が病院で起こす問題

神奈川県のある市立病院での話である。ここは都心に近い新興住宅都市のため、工事現場も多く、1日に1人、

記事を読む

no image

入院患者が強制的に退院転院させられる理由には色々ある

病院の区分けをますます進める厚生省の考え方からすれば、大学病院は急性期の病気しか診ないと定義付けられ

記事を読む

no image

腕のいい医者は県立や市立などの関連病院にいる

開業医は先端医療こそおこないませんが、大学病院の医者よりひょっとしたら責任が重いかもしれません。とき

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑