医学部へ入学するのに理想的なの人は人生経験をある程度積んだ人

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

人生経験をある程度積んだ人間が、医学部へ進むのが理想である。現在では、医者になってからさまざまな人生経験を積むことになる。これではあまりにも遅いといわざるを得ない。その間の患者は犠牲となってしまう。

医者というものが、常に外からの批判を受け入れ、修正できなければ、どんなに優秀な医者であっても、自分の医療が見えなくなってしまう。医学部は基本的には研究至上主義であるために、研究者は研究だけを続ければいいという姿勢が、医者を歪めていってしまう。閉鎖された医者の世界だけで、医者の理想なり患者優先の医療を唱えたところで、非現実的なものにすぎない。それを変えるには、医者になる若者が多様性のある価値観を持たねばならないということだろう。

理想的な医者を大学病院に求めたところで、医学部のシステムを変えない限り、いつまで経っても無駄であろう。六年間のカリキュラムの変更という小手先の変革では何も起きない。つまり内部改革だけではどうにもならない状況であり、教授たちが自覚を持たない限り、何も変わらないということだ。

病気をした人が医者になる

病気をした人が医者になる、これがたぶん理想的な医者だろう。しかし、そうであっても、たぶんその人は医者になったと同時に変わっていってしまうのが、いまの医学教育システムの大きな欠陥であるようだ。純粋な医者理想論を説くだけでは、医者になってからの落胆が大きくなるばかりである。それでは患者の望む医者はできない。

純粋な医者への憧れを持った若者が、その理想を実現できる医学部と大学病院に恵まれないかぎり、患者の望む医者にはならない。それを指導するはずの教授たちも同じ狭い世界観しか持たず、教授の持った独自の価値観以外は除排され、少しでもそれからずれる人間は排除されてしまう。医学生は、あまりに世間を知らずに医者になってしまう。そしてそのまま閉鎖社会へ入るから、ますますその価値観は狭いものになる。

アメリカの医学部のように、他の学部を卒業し医学部をめざすというのも一つの方法だろうし、さらに成績重視の医学部入学を根本的に見直す必要があるだろう。有能な研究者と患者が求める臨床医が一致することは例外的な出来事のようだ。優秀な研究者は極端な言い方をすれば、人間性はなくてもいいと思われているらしい。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

病気になった!どうしよう!あなたならどうする?こんなとき

病院へ行く前に何を考え、どう医者を選ぶかについて述べるとともに、現在の医療の問題について考えていきた

記事を読む

no image

医者の優しい言葉-良い悪いを判断する判断例集

良い医者は、薬の量に精通しているので、何グラムだったかな?とは言わない。しかし悪い医者は、薬の分量を

記事を読む

no image

医者の紹介状があるからといって特別扱いは期待しない

ある日、初めて受診する患者さんがいました。たとえば、患者さんとして訪れた人が、かつての同級生だったな

記事を読む

no image

医療ミスの事例は多いが隠蔽しようとするものもいる

医者は、警察官や自衛官、教員などと同じで、いったん反社会的な行為をしたら、その人の信用は一気にゼロに

記事を読む

no image

良い医者の見つけ方-良い例と悪い例をあげて分かりやすく紹介

悪い医者は、やたらと多くの薬を使いたがる。一方、薬を必要最小限にしぼって病気を治すのが、上手な医者で

記事を読む

no image

心臓マッサージとは?止まって動かなくなったから動かす-用語集

・スクリーニング(screening) たとえば、入院すると、その病気と直接に関係があってもな

記事を読む

no image

医学部入試問題の傾向を知る

やっている勉強の中のむだというのは(もちろん、学力がつくという意味では、まったくのむだということはな

記事を読む

no image

医学部面接試験の真実-我が校にとって都合のいい医者

一昔前に比べれば、面接のやり方が変わり、一見、改善されたように見えるが、実際には大きな変革にはなって

記事を読む

no image

語学は遺伝に関係ないと思って勉強をしたというある医師

語学は遺伝に関係ないと思って勉強をした、というある医師。それでも、中2で勉強を始めた際には、灘のほか

記事を読む

no image

薬害エイズ事件の背景-その真実と概要-経緯と原因

基本的には、薬害肝炎は薬害エイズと同じく、輸入売血を使った血液製剤を加熱せずに使用したために、エイズ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑