医学部卒業後の進路をすぐに決めなくてすむようになった

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

研修制度の最大のメリットは、医学部を出てすぐに自分の進路を決めなくてすむようになったことだとされている。この研修制度が始まる前は、医学部を卒業した時点でどこかの医局に入らないといけなかった。要するに、自分が産婦人科に合っているかどうかとか、産婦人科の仕事がどのくらい大変かとか、社会のニーズがどのくらいあるのかなどがわからないままで産婦人科医になることを決めないといけなかった。

学校の勉強や国家試験の対策を優先させたほうが得策だ。多少なりと、しておくべきことがあるとしたら、在学中のほうが有利なので、アメリカの外国人向けの医者の免状の試験をとっておくことだろう。

臨床研修制度では、研修医が終わってから就職先を決めるシステムになっている。大学の医局に入るにしても、普通の病院に就職するにしても、研修医を終えてからでよくなったのだ。この差は、実はかなり大きい。

医者をやってみないとわからないもの

自分が何科に向いているかだって、医者をやってみないとわからないものだ。そして、今の研修のシステムは、二年かけて(外添という、ものを知らない大臣が「一年にしよう」などとわけのわからないことを言っているのが気になるが)いろいろな科を回って医師としての総合的な力をつけようというプログラムで、その後、何科になっても、ある程度対応できる(外科か内科くらいは決めておいたほうがいいが)ようになっている。

医者の世界の見え方は、実際に研修医として働いてからと、まだ学生でいるときとでは、ずいぶん違うものだ。どのくらい自分の時間がつくれるかとか、おおむねの収入など、今後の人生設計において重要なことがいろいろとわかる。

研修医になる前の準備として必要なのは、あらかじめ何科になろうと決められる能力でなく、医師になってから、世間のことや患者さんのニーズなどをしっかり知ったり聞いたりできるような情報収集能力やコミュニケーション・スキルを身につけることである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

癌になったら医者にせいにしたがる患者

大学の教授が、国立がんセンターに入り手術を受けた。ガンじゃないが、友人がいるから手術を受けたと、彼は

記事を読む

no image

若い看護師に悩むベテラン婦長の不満

Wさんは46歳のベテラン看護婦。婦長より6歳も年長だが、ウマが合い、なにかと婦長を立ててくれる。婦長

記事を読む

no image

脳死移植とそのメリットについて

脳死移植とそのメリットなどについて考えていこう。 先進医療であれば法を犯してもいいのかという問

記事を読む

no image

認定医制度への疑問-差し当たってメリットはないという意見も

認定医や専門医の資格は、いまや大学病院にいる医者の大きな目標になっている。医学博士論文をだいたい卒業

記事を読む

no image

外国の病院の年間手術件数のスタンダードは一〇〇件

経験が多いほうがトラブルの経験も多くなるので、その対処が容易になるというメリットがある。規定外のこと

記事を読む

no image

実は開業医は家からあまり出ない出不精の人が多いらしい

実は開業医は家からあまり出ない出不精の人が多いらしい。開業医の行動半径は実は狭いらしい。 実は

記事を読む

no image

看護記録とは-いろんなことすべてが書き残されるので注意

看護記録は主に入院している患者さんについて、病気のこと、体のことのほかに、心理状態や生活観察など、実

記事を読む

no image

精密検査を病院で行うことは人によってはマイナス効果になることも

検査の中には体力を相当消耗させるので、健康上に悪影響をもたらすものもある。それでも必要だからするのが

記事を読む

no image

看護師の現状-退職願を出しても止められない時代となった

あくまでも看護師は医者のもとで、医療補助的役目をするに留まっている。それだけに、医者への不満、自分の

記事を読む

no image

医者はきちんと哲学を学ぶべきだという考え方

医者というのは、理系のせいか、一部の例外小説家などになって成功する医者も少なくはないが、やはり少数派

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑