医学部の定員増の問題

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

定員増の合意は、文部科学省だけでなく、厚生労働省、総務省、そして財務省までが合意している。大学側も、そうそう県の要望に逆らえなくなる。というのは、これは公立大学だけの問題ではない公立大学にとっては、一方で県がスポンサーになっているのだから、県の言うことを聞けと言いたい反面、県が医学部をつくる際に、いろいろな地方の医者やよその大学病院に頼み込んで教授などに来てもらった過去があるのと、学問の自由ということを盾にされて、なかなか言うことを聞いてもらいにくい事情があった。

以前、京都大学に対して、入試面接を導入しないと、補助金を出すうえでの評価について最低の評価を与えると脅しをかけたとたんに、京都大学の医学部が入試面接を採用したいきさつがあるらしい。国の意向に沿わない大学は、補助金を減らされるから、ほかから研究費などの金を集めるか、授業料を値上げするかしないといけないという。

現在は事情が違っている。ひとつには、国立大学が独立行政法人化したことがある。すべての予算を国が出すのでなく、国がその業績や実態に応じて補助金の金額を変えることができるシステムになったのだ。

いやなら辞めろという態度もとりやすい

昔であれば地方の医学部は教授やスタッフのなり手がなかったが、今なら医学部の教授と名のつくポストなら優秀な医者がいくらでも来てくれるから、県は医学部の教授会に対して「いやなら辞めろ」という態度もとりやすい。

自前で研究費を集められる大学も少ないし、地方の国立大学は授業料を値上げするとたちどころに生徒が東京の私立大学などに逃げてしまうだろうから、国の意向に沿わざるをえない。そこで、いろいろな国立大学が各省の方針にしたがって地域枠を増やす可能性が大きい。

公立大学は、それに見習って、もっと地元がイニシアチブを取れという話になるだろう。そうでないと各県の議会が許さないほど、地方の医者不足は深刻なのである。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

信頼できる医師を見つけるにはどうすればいいのか?

昔は、町の医者は患者の懐具合に合わせて医療をおこなっていたようです。患者たちは、診療代の代わりに米や

記事を読む

no image

評判の良い病院が分からないときに自分でいい医者を見極める基準

もし、熱が高いから点満しましょうとか、のどが赤いから血液検査をしましょうなどと言って点満や検査をする

記事を読む

no image

医療従事者数が増えすぎることで起こるデメリット

医者は増えすぎて余る傾向があることは問題です。厚生者は一九九四年の時点で、二〇二五年には約二万六〇〇

記事を読む

no image

医者がイライラしたり機嫌がよくなる境界線

・医者がイライラしたり、機嫌がよくなる境界線 最近、胃腸の調子が思わしくないOさん50歳、同じ

記事を読む

no image

主治医が見つかる方法-必ず紹介状をもらうようにする

~上手に主治医を決める方法~ 専門医にかかりたい場合も、かかりたい理由を言って、必ず紹介状をも

記事を読む

no image

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし

産婦人科はお産が減り収入が減ってるのに夜中でも待ったなし。 昔から、お産にしても一定の割合で妊婦の

記事を読む

no image

医師の就職先が見つからなくなる次代が来るかもしれないという予測

医者が過剰になった場合、医学部希望者の減少がはっきり出てくるだろう。大学病院に残って医療を続けている

記事を読む

no image

医学部の学生相手のパーティや合コン

医学部生は、よその女子学生からモテる。医学部のサークルは、当たり前のように他大学出身の女子マネージャ

記事を読む

no image

看護師が患者を死なせてしまった話-見よう見まねで起こった事故

ある救急医療センターには、日頃から若手医師をイジメるので有名なべテラン看護婦がいた。経験の浅い医者が

記事を読む

no image

医者へのプレゼントによって待遇は良くなるのか?

医者へのお中元は必要ないようです。公立病院の医師などで、公務員医者の場合、金品の受け取りは罪になるこ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑