医学部の授業ってどんなことをするの?

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医学部六年間の一般的なカリキュラムを示すと、一年では基礎科学と呼ばれるものが中心である。六年間の医学教育を経て、傲慢で、特権的な意識を持つ医者に変わっていってしまうのが、多くの医学部の教育システムである。自然科学系では生物学、物理学、化学、数学、スポーツ科学、特別教育として医学概論、セミナー、外国語は英語、ドイツ語、フランス語など、人文社会科学として歴史学、社会学、法学、哲学、文化人類学などを受講する。

六年では大学によって違うが、医師国家試験対策の授業に切り替わったり、臨床系の講義を受けたりする。五年では臨床実習が始まり、BSL・ベッド・サイド・ラーニングといって五、六人のグールプに分かれ、各病棟を回ることになる。四年では臨床系の講義が始まる。内科学、外科学、診断学、小児科学、精神医学、麻酔科学、産婦人科学、放射線医学、医療管理学、脳神経外科学、眼科学、皮膚科学、形成外科学、救急医学、臨床薬理学などがある。さらに内科、外科は専門分野別で講義される。

一年には情報科学のような授業も行なわれるが、基礎医学が多くなる。解剖学、生理学、生化学があり、三年では衛生学、薬理学、微生物学、免疫学、法医学、病理学などがある。これだけでも、六年間で医学を学ぶということがいかに困難であるかわかるだろう。

出席率は驚くほど低いが

国立系大学医学部の授業の出席率は驚くほど低いが、実習になると他の学部に比べて出席率は上がる。国立系大学の医学部の授業では、教授が最先端の研究を説明して終わってしまうこともあるという。

一方、私立大学医学部の学生たちは授業への出席率が驚くほどいい。それは医師国家試験という最終をクリアしなくては、医学部に入った意味がないからだ。とくに新設私立医大では、医師国家試験合格のための授業という意識が、学生にも教える側にも強い。

古いカリキュラムでは、入学後の二年間は高校の授業の延長のようなものをやって、医学部に入った学生の意欲をなくしていた。最近ではどこの医学部でも大幅にカリキュラムを変えて、教養課程を減らし、解剖学などのいわゆる基礎医学と呼ばれるものを一、二年の授業で受けられるようにしているらしい。

スポンサーリンク

関連記事

no image

町医者は設備が乏しく入院ができないということはない

一般に、町医者は設備が乏しく、入院ができないと言っている人に限って、医療機械を駆使した詳しい検査をす

記事を読む

no image

ベンチレーターとは人工呼吸器のことを指す-用語集

医者しか知らない、医者の間だけで通じる用語がいくつもある。ここではそんな、医師の間で使われている用語

記事を読む

no image

風邪などに抗生物質の処方をするのは過剰な治療

初期の風邪やほんの軽症なものに対しては、抗生物質の投与は過剰な治療でしょう。しかしその風邪がこじれて

記事を読む

no image

エントラッセンとは?退院のことを英語でこう呼ぶ-用語集

・エントラッセン(entlassen) 若手医師にうっかりこの患者は今日の午後にENTだなどと

記事を読む

no image

高齢者が入院した際に起こる帰る所がなくなる現象

お年寄りの入院が長引くと、いろいろな弊害が生じます。体を動かす機会がヘるために、寝たきりになってしま

記事を読む

no image

人を助ける仕事をしにきたつもりがギャップに驚かされる医局

最近でこそ患者が主役という言薬は使われるようになってはきたが、まだまだ大学病院の主役は主任教授なので

記事を読む

no image

不法就労者が病院で起こす問題

神奈川県のある市立病院での話である。ここは都心に近い新興住宅都市のため、工事現場も多く、1日に1人、

記事を読む

no image

格差社会の医療の在り方-アメリカなどの例とおすすめの事項など

情報通の人はいい医者を選ぶ。格差社会というとお金の問題ばかりが取りざたされる。情報の格差。ITの時代

記事を読む

no image

放射線技師資格者と医者同士の微妙な関係とその難しさ

画像診断はこれからも進歩を続け、専門職としても重要性はますます高まるが、病院内部では、なかなかその立

記事を読む

no image

病院で働く職種や人は様々

病院の関係者が心身医学療法の一つである交流分析(対人関係に重きを置いた心理療法の一つ)を学ぶことも、

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑