医学部への受験勉強

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

私が、夢を持ち、医学部に入ろうと思い、勉強する気になったのは、実は、高校二年生の初めに、とある映画を観たからだ、と、ある医師は語る。その映画は、屈折した若者の心理を描く青春映画だった。私も、そういう屈折した心理の持ち主だったし、小説と違い、映画であれば、自分の思いを表現できると思えた。

よく考えると、当時、机に向かい、ラジオを聴きながら勉強していた時間は一日六時間以上になる。それでも成績はまったく上がらなかった。当時は、それが遺伝のせいと思っていら、「ながら勉強」のバカバカしさにまったく気がつかなかったが、あとで成績が上がってからは、「ながら勉強」ほどむだな時間はないと後悔している。だから、皆さんにも絶対に「ながら勉強」はしてほしくない。

当時、映画監督になろうと思ったら、自主映画を撮って認められるか、ピンク映画(今のAVのように、筋がない映画ではない。裸やベッドシーンは多いが、いちおう映画だった。ただ、出ている役者が無名で、制作費がとにかく安い)。映画監督の道は遠かった。通常、映画監督には、助監督という仕事を経てなるのだが、私が高校生時代に、すべての映画会社で助監督の採用をやめてしまった。

東大を出ていても

「もし、この映画がコケても、医者の免状があれば、どこかで雇ってもらえるだろう」と甘いことを考えていた。当時の会社は終身雇用が当たり前だったので、東大を出ていても、会社とケンカして辞めるとなかなか雇ってもらえない時代だった。

まだ、高校生だった私は、さすがにピンク映画の世界がいやで、自主映画を撮ろうと思った。当時は、安い映画なら一〇〇〇万円で撮れたので、医者になれば二年くらい働いて、必死でお金を貯めれば撮れると思った。

それを考えると、医学部に行くしかないと思えた。目的があれば勉強はできる。さらに勉強法の工夫が実って、無事合格の運びとなったのだ。私も、勉強を始めたころは、本当に伸びるのか不安だった。ただ、勉強をしてみて、受験の最難関といわれる東大の理皿に受かって、別の考え方ができるようになった、とその医師は語ったのだった。

スポンサーリンク

関連記事

no image

看護職の仕事はどう変わる?-活躍する場は広がってくるが問題も多い

高齢者の在宅医療を進めていこうとするこれからの医療では、医者より看護婦が活躍する場は広がってくる。そ

記事を読む

no image

医者が勧める薬には必要のないものもあるようですので注意

ビタミン剤は、いわゆる薬とはちがって、飲んでも副作用などもまずなく、安心であることから、積極的に勧め

記事を読む

no image

生検とは-その意味とその他にも医学用語をいくつか紹介

・生検(セーケン) ここでは生検について話をしよう。検査法は、ポリープとかの細胞の一部を削り取

記事を読む

no image

いい医者ばかりではなく中には自信がない人も多い

ときどき耳にする医者のとりあえず、という言葉。自信のない医者は診断の際に不安だと「とりあえず」という

記事を読む

no image

医者の仕事に就きはじめてなくなってくる最初に持っていたやる気

卒業一年目の研修医というのは、ある意味では医局でのお荷物的存在である。しかし、二年目になってきて、あ

記事を読む

no image

麻薬の払い出しのオキテ

払い出しとは、入院病棟用に薬剤を一定量ストックしておくために、定期的に薬剤部から出庫してもらうことを

記事を読む

no image

博士号のメリット-医学博士でなければ教授の地位に昇る資格はない

医学博士でなければ、教授と名のつく地位に昇る資格はない。国公立、私立を問わず、大学で出世するためには

記事を読む

no image

医師の本音-こんな患者はできるだけ診たくないというケース

医者の中だけで語られる、こんな患者はできるだけ治療したくないというような病気のケースはよくあるようだ

記事を読む

no image

医者と薬屋の接待現場での話

医者と薬屋の接待現場での話 ・お医者さんと薬の関係 小さなバーのカウンターで飲んでいるの

記事を読む

no image

医療ミス訴訟-処理にはあらゆる手を使う

たいしたことのない病気で、外見は元気な患者が注射ミスで死亡すると簡単にはいかない。おかしいじゃないか

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑