医学博士取得にこだわる理由と肩書きへの敬意

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医学博士号の審査のシステムに欠陥があることはいうまでもないという。研究論文として本当に優れたものを書いて研究者に与えるものであるなら、医学博士も意味があろうが、現状では論文の内容にはほとんど意味がないようなのだ。学内審査だけで博士が作り出せるというところが問題だろうし、博士論文の医学的な意味のなさは医者なら誰もが認めるところであるという。

医学博士を取得するまでは、医局員は何があっても黙って教授に従うしかないという、いわゆる白い巨塔の昔ながらの仕組みである。それほどまでしてなぜ医学博士を取得しようとするのか、一般の人には理解しがたいものがあるが、反面、まだまだ世間では医学博士という肩書きに敬意を抱く人の多いことも事実である。

医学博士という肩書きは、世間に対してはありがたい、どこか権威付けになるものであると、つくづく思う人は多い。医学博士はみなが取るから、自分も取るという意識が強いというイメージがあるが、医学博士という肩書きはむしろ、大学病院という権力の外へ出たときに、威力を発揮してくるもののようだ。それを教授は十分に理解しているのだ。

肩書きがあったほうがいい

肩書きのない医者よりも肩書きがあったほうがいいということを十分にわかっている。だから医局員にそれを取らせようとするし、そこには謝礼というものが生まれてくるらしい。教授のなかにはかたくなに、その謝礼を断る人もいる。しかし、まだまだ一般的には謝礼は存在するという噂だ。

主任教授は自分のところの医局員の書いた博士論文を、教授会で説明し、他の教授から同意を得る必要がある。そのための謝礼という形で、五十万くらいの金を渡すのが一般的ではないかという。さらに、開業したあと、医学博士を取得するために、医局に残っている友人に頼んで論文をまる書きしてもらうこともあるようだが、この場合は百万円の謝礼が平均的なところだという。最近ではこういったことは減ってはいるが、博士号に関しては、教授の収入源に転っているという噂だ。

医学博士論文は、主任教授の申請許可が下りて初めて、学内の審査に出すことができる。だから主任教授のOKが出ない限り、医学博士号は取得できないということになる。そこに医学博士審査に関して絶対的な主任教授の権力が生まれる要因がある。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

研究発表の真実-十年以上も前に結論が出ている現状

もう十年以上も前に結論が出ていることを、目先を変えて繰り返し発表することも行なわれている。そんな研究

記事を読む

no image

病院の訴訟のリスク

多くのケースで、医療ミスがあった云々以上に、医者の態度が、あるいは説明不足が、患者さんを硬化させると

記事を読む

no image

薬の投与方法のミスの問題とポイント

薬の投与方法のミスの問題とポイントについて、ある専門家は語っている。過去に薬害エイズ事件が問題になっ

記事を読む

no image

医療行為を裁判所が判断できるのか

どんな簡単な手術でも、低い確率でも、死亡や悪化のリスクはある。だから昔は、お産でも手術でも、ある程度

記事を読む

no image

鑑別診断とは-DDxという文字で表される-用語集

・DDx(鑑別診断) Dxの前のDはディファランシェイティッド、つまり区別されたの意味だ。Dx

記事を読む

no image

大学病院医師の生活

もともと大学病院闘争の目的の一つに自由研修というのがあった。研修医の二年間は医局が身分を縛るのではな

記事を読む

no image

高齢者が入院した際に起こる帰る所がなくなる現象

お年寄りの入院が長引くと、いろいろな弊害が生じます。体を動かす機会がヘるために、寝たきりになってしま

記事を読む

no image

女のわがままに最も対処できるのは

・もっとも女のワガママを知りつくした医者 技術的には世界でも最高のレベル。現在の日本の美容整形

記事を読む

no image

医学部の学生寮に謎の縫合

・医学部生寮の謎の縫合 これから6年間、親のスネをかじって、地方で下宿生活を送らねばならないの

記事を読む

no image

研究論文の発表の場でこだましたあってはならないセリフ

・学会でこだました、あってはならないあるセリフ これまで、できるかぎり晴れがましい場は避けてき

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑