胃薬も処方しましょうかと聞かれたら断ってもかまわない

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

医者の言葉にもがつくときは、この薬もいっしよにを断ったほうがいいときもあるのです。最近、単なる風邪という診断でも、風邪薬といっしょに胃薬が出されることが多くなっています。そういうときに医者は胃の薬もいっしょに出しておきましょうか?と軽くいい添えながら、胃薬を処方しがちです。

なぜ、胃の薬もなのかというと、ウラ読みすればとくになくてもいいけれど、あったほうがいいでしょう?という「も」なのです。必要な薬なら最初から、患者の承諾を求めることもなく処方されるはずです。チェックしたほうがいいのは、胃の薬もいっしょにの、「も」という言薬です。

風邪なのに抗生物質も出しておきましょうかとやはり、「も」が付けられることがあります。風邪はウイルスによる感染症なので、細菌に効き目のある抗生物質は意味がないようです。それなのに処方するのは、たとえば肺炎などの二次感染の疑いがある場合だけです。そういうことは、ふだん健康な人であればめったに起こらないことなので、だれにでも抗生物質を処方するのもちょっと疑問ということになるそうです。

風邪薬くらいで胃が痛むということもない

医者にいわせれば、たとえば、のどの痛みを和らげる抗炎症剤を処方したときには、薬のせいで胃が痛むケースがあるので胃の薬も処方するわけで、親切心からであることもあり得ます。けれども、もともと胃腸が丈夫な患者であれば、風邪薬くらいで胃が痛むということもないので、胃薬は不要になるのです。はっきりいえば、いらない薬かもしれない、ということを意味します。それをだれにでも胃の薬もいっしょに、と処方するのは、やはり保険点数稼ぎと考えることができるでしょう。

不必要な薬を飲むほうが体によけいに負担になるかもしれません。自分の胃に自信がある人は、医者が胃の薬もいっしょに、といってきたら、私は胃だけは丈夫なのでかまいませんと、はっきりいってかまいません。

それはなんのためですか?どんな効果があるのですか?と聞くべきです。とくに子どもの場合はむやみに抗生物質を与えるのはよくないことが多いので、よくよく医者の言薬には注意が必要です。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

外科医の仕事の能力の優劣を決めるものは何か?

同じ外科でも脳外科と普通の外科とでは、それぞれ医者の適性がまったく違うという。脳外科は細かい手術が多

記事を読む

no image

実習をやっていない人間が外科医になるのは現代の怪なのか

よく、頭でっかちの医者は患者さんの心がわからないなどと言われる。「解剖のテストは満点だが、実習をやっ

記事を読む

no image

病院内恋愛-職場の規律を乱すほどの深刻なものもあるようだ

歴史のある大学病院の中には医師と看護婦の恋愛はご法度という不文律を持つところがある。聖なる職場で恋愛

記事を読む

no image

タレントが出産のために病院に通うことになった

ある時、有名タレントの〇〇さんがおめでたで、自宅近くの総合病院に通うことになった。さすがに病院側も心

記事を読む

no image

医学部受験生としては一つの方向性を考えないといけない

医学部受験生としては、一つの方向性を考えないといけない。医者が少ない地方の受験生によって、地域枠は何

記事を読む

no image

サービス業としての病院-来てよかったと思えるものにする

サービス業としての病院についてですが、ある患者さんが病院を訪れ、去るときにはああ、この病院に来てよか

記事を読む

no image

自律訓練法で簡単リラックス

心身医学療法でよくなったやせ症やせ症は拒食症とも言われ、正式には神経性食思不振症と呼ばれます。自ら食

記事を読む

no image

医療サービス-いったい費用がいくらかかるか

温泉旅行で泊まる宿を選ぶときには、可能な限りいろいろと内容を調べると思います。どんな部屋や施設か、露

記事を読む

no image

がん治療の最前線-昔は切除しすぎという傾向もあった

確かに日本のがん切除手術の技術レベルは世界最高なのですが、切除しすぎという傾向もありました。五〇年く

記事を読む

no image

貧血について-男性や中高年の女性の場合は危険なことがある

・パソ パソというのはパソロジーの略で、病理という意味だ。つまり、ガン細胞のありそうな場所から

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑