院長室でお宝をいただく-病院でのある出来事

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

通常、多くの病院では年に2度、7月と年末に大々的なカルテの整理をする。O病院もその例にもれず総整理となるのだが、総合病院だけに、その枚数はムチャクチャな量になる。夏、O病院にまたパニックの季節がやってきた。事務局は職員総出でことにあたるが、まさに右往左往のパニック状態である。おまけに今年は、新規にパソコンを導入したため、その入力作業だけでも多忙をきわめた。

病院内は空調が整備されているとはいえ、書類の束は重く、ほとんど力仕事に近いから、職員一同汗ダクである。一晩中働いて下着までぐっしょり、靴下はもちろんムレムレだ。昼間は外来患者との応対もあって、ほとんど満足に進まないため、勢い仕事は夜までもつれ込む。夏の暑い盛りに残業残業の連続である。

佳境に入ると徹夜も問わなくなるから、そのまま昼勤につくこともある。「せめて汗臭い靴下だけでも取り替えたいよ」そう事務員の1人がこぼすのを聞いて、妙案を思いついたのが、秘書室のAさんだった。「そうだ、院長室からいただこう」実はこの時期の院長室はお中元の宝の山なのだ。

備品は院長室より放出します

Aさんに連れられて、事務局代表Bさんが恐る恐る院長室に忍び込む。勝手知ったるAさん、「この辺が靴下、この列がハンカチ、あ、タオルもいるね。こっちの山だ」と、テキパキと指示を出した。10畳ほどはある院長室のほぼ半分に、デパートの包みがうずたかく山積みされている。

人数分の靴下とその他モロモロを確保したBさん、ホッとひと息ついたら、なんだか急に心配になってきた。最初はおっかなびっくりだったBさんも、「じゃあ、なるべく高そうなヤツ」と、三越や松坂屋の包装紙を選んで物色しだした。

Aさんはニヤリと笑って、「大丈夫、ダイジョープ。わかりゃしないよ、これだけあるんだから。それに毎週整理させられてこっちも大変なんだ」その後、秘書室を通じて院長じきじきのお達しが届いた。いわく、「業務のために必要な備品は院長室より放出します」。こうして院長室の中元泥棒、は、まったく気づかれることなく、公認の事実になったのであった。さすが気ばたらきの利く秘書Aさん、フォローも万全である、というわけだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

ナースは注射を打つとき血管が細いと緊張するらしい

血管の直径なんて日常生活上ではどうでもよいことですが、病院での掘血や静脈注射の際には大いに関係があり

記事を読む

no image

医者の診たての間違いは自分の専門外の病気について

診断医者の診たてについては、診たてが医者の能力のすべてという専門家もいますが、ここでは、かしこく医者

記事を読む

no image

ギプスの落書きはほどほどにしておきましょう

ギプスってかなり重いから、重りを持っているのと同じでそれだけでも大変です。脚の骨折だったら歩くのが困

記事を読む

no image

基礎医学の覚えものは苦痛だが

基礎医学の覚えものは苦痛だが、それ以上に厳しくなるのは臨床医学のほうだという話がある。一つには、日本

記事を読む

no image

医者の向き不向きなど

もともと医者向きの性格などという人がそんなにたくさんいるのか疑問だし、性格的には献身的で人助けが好き

記事を読む

no image

美容整形のリスク-必ず手術同意書にサインを求められる

美容整形の場合、異物反応による発熱とか痛みを、手術した側のミスとは考えない。そうした場合、再手術をし

記事を読む

no image

東大理科Ⅲ類卒の有利な点は医者以外の仕事をめざす場合

東大の大学院を東大卒業生が受けて落ちることはそうないが、これはおそらく英語などの学力が高いからだろう

記事を読む

no image

偉い医者がやる非人道的な医療を持ちあげる

偉い医者がやる非人道的な医療を持ちあげるという話がよくある。 偉い医者がやることなら許されるど

記事を読む

no image

アメリカの病院システムで有名なマネージド・ケアというシステム

アメリカはマネージド・ケアというシステムを作り出した。これは医者、病院、保険会社が患者個人や会社を相

記事を読む

no image

手術用メスが飛ぶとき-上司の研修医への扱いはヒサンなものだった

たとえ見習い期間中であろうと、人の命を預かることにかわりはないのだから、ミスは絶対に許されない。ふつ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑