医療安全情報などを得るためにはどうすればいいのか?

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

日本では一部の病院で疾病別定額払い制度が試験的に実施されています。定額払いだと、よく耳にする薬漬け医療や不必要な検査もおこなわれなくなるでしょう。これが合理的なようだったら、すべての病院でこの定額払いが導入されるかもしれません。

日本全体として、高齢化社会の深刻化で、国民の医療費負担がどんどん勝れ上がっているのはご承知の通り。そのために、この定額払いを導入しようという声が高まっているのですが、医療従事者のモラル、医者のモラルが、今度は重要な問題になってきます。

ただ、すでに問題点も指摘されています。定額払いになると、病院側としては検査をすればするほど、薬剤を使えば使うほど利益が減るので、必要な検査を省略したり、安い薬剤にしたり、はたまた入院の延長が必要な患者を無理に退院させてしまう可能性がある、というのです。

厚生労働省は二〇〇三年に診療報酬制度を改革して、病院ごとの症例数の実績に応じた報酬を導入しました。それまでの同じ医療には同じ値段を少し手直しして、質が低い医療には低い値段のシステムにしたのです。

施設の内容などを公開する必要

結局、患者が同じ医療費でよりいい医療を得るためには、医者と病院を選ばなければならないというところに話が戻ります。そのためにも、医療機関はホテルなどの宿泊施設以上に、詳しく医療の内容、施設の内容などを公開する必要があるのです。

しかし、病院側の反発で、二〇〇四年度には基準に達すれば五%加算する制度に変わりました。そのような紆余曲折を経て現在に至るわけですが、いずれにせよもっと情報公開が必要で、Bランクの病院が手術数を公開しなけれぱ、病院の実績はわかりにくいのです。

改革の中身は、呼吸器科、循環器科、消化器科、眼科などの110項目の手術について、病院ごとの症例の実績、手術の実績・実力に応じて報酬をランク付けするというものです。たとえば、心臓血管外科では、年間一〇〇件を基準とし、それを上回る病院をAランク、下回る病院をBランクとし、Bランクの病院は診療報酬が三割カットされることとなっていました。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

ヤンキーの妊娠-子宮摘出の手術を施さなければならない事態に

振り乱した髪は金色に輝き、黒いTシャツに床までとどく長いジャンパースカートのいでたちは、さっきまで環

記事を読む

no image

かかりつけ医のメリット-何でも相談できる近所の開業医さん

かかりつけ医とは、何でも相談できる近所の開業医さんのことです。あなたは、かかりつけ医を持っていますか

記事を読む

no image

EKGとは心電図のこと-ドイツ語読みでエーカーゲー-用語集

医者達の間で、医者の間でしか分からないような略語を使うことは多い。ここでは、そんな色々な略語を紹介し

記事を読む

no image

医者の触診を役得と考えるオタク医師の話

露骨に触れば問題にもなるだろうが、触診中に大きな乳房なら手に触てしまうこともある。役得である。普通の

記事を読む

no image

医学研究種類の細分化が引き起こす患者を人として見ることの欠如

医学研究を進めていく上で、細分化、専門化することは必要であり、科学の一つの方法であるが、最終目標が臨

記事を読む

no image

院内感染-MRSAなどの耐性菌との果て無き戦い

抗生物質の投与に厳しい規制のある欧米では、日本のような院内感染の事故の例はないようです。MRSAなど

記事を読む

no image

医者の紹介状があるからといって特別扱いは期待しない

ある日、初めて受診する患者さんがいました。たとえば、患者さんとして訪れた人が、かつての同級生だったな

記事を読む

no image

医者を志すのは若いほどいいのか?

アメリカの場合などは、メディカルスクールといって、大学を出た人が医学部のような学校に入る仕組みなので

記事を読む

no image

注射が怖いと騒ぐ人-採後しっかり押さえて5分間待ちましょう

痛〜い。やめてくれ〜、なんて叫び声が、診察室から響いてくることがあるでしょう。その悲鳴を聞いた待合室

記事を読む

no image

ナースは注射を打つとき血管が細いと緊張するらしい

血管の直径なんて日常生活上ではどうでもよいことですが、病院での掘血や静脈注射の際には大いに関係があり

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑