医療学会の増えた最大の理由-まさに細胞分裂のように増えた

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 医療に関する記事

学会の会長となっている教授は大学を定年になっても、その学会の理事として留まり、権力を振るうことになる。まるで官僚が自分の関係外郭団体を作り、そこへ天下っていくようなものである。

学会の増えた最大の理由は何であろうか。それは医学が細分化され、どんどん専門分野ごとに枝別かれしたためである。例えば、消化器-肝臓病-肝臓ガン-C型肝炎ウイルスというように細分化してしまう。まさに細胞分裂のように、学会や研究会が増えてしまった。

医学の進歩からすれば仕方のないところかもしれないが、学会や研究会が増える理由はそれだけではない。主任教授が自分の研究分野で研究会を作り、そのなかに自分の学閥である他の大学病院の医者を取持込む。学会の最高責任者である理事長あるいは会長というのは、名誉だけでなく権力も伴い、学会は自分の権力を行使できる場にもなる。研究会員は当然ボスの言うことを聞かざるを得なくなる。

日本の医学系の学会の数は一千前後ある。さらにその下には研究会という組織がそれ以上ある。
医者一人が加入している学会数は十くらいある。研究会も入れると、年間、月に一回は研究会やら学会に参加することになる。

抄録作りや会場費の援助

研究会のバックには、製薬会社や医療器械メーカーが協賛という名目でつき、抄録作りや会場費の援助をする。研究をやっていく上で、現在、製薬会社や医療器械メーカーからの援助なくしては難しい。

むろん全員が学閥がらみで研究会が構成されるわけではないが、大半が研究会のボスの息のかかった研究者となる。それだけになかなか自由な討論がしにくくなるというのが実際のところのようだ。

学会や研究会の資金の運用は評議員会で報告されるが、それ以外の目に見えないメリットがかなりあることもたしかだという話もある。医学的に本当に意味のあることであるなら、製薬会社はむしろ積極的に資金を出すべきだが、その選択は難しい。

ガラス張りで、研究会や学会の運営がどのように行なわれているかオープンにすべきであるという意見はある。力のある教授が自分のための学会を作り上げたために、学会の数がどんどん増えてしまったというわけだ。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

東大理科Ⅲ類は受からない?

医学部受験生、とくにできる医学部受験生にとって東大の理科Ⅲ類は憧れの的だろう。ドラゴン桜(講談社)で

記事を読む

no image

医療ミスを隠蔽する体質-自主申告になっている事故の実際

医療事故はちょっとした不注意、集中力の欠如から発生します。なにしろ、交通事故で亡くなる人は年間八〇〇

記事を読む

no image

医者の言葉遣いの善し悪しの判断する基準や見極め方

本来は体の具合が悪いのですか?という意味だが、体の具合が悪いから病院へ来たのにきまっているから、実際

記事を読む

no image

看護婦長さんがずっとナースステーションにいる日はつらい

病棟では、婦長さんがずっとナースステーションにいる日には、どことなく緊張感のある空気が流れます。婦長

記事を読む

no image

医学部卒業後の進路をすぐに決めなくてすむようになった

研修制度の最大のメリットは、医学部を出てすぐに自分の進路を決めなくてすむようになったことだとされてい

記事を読む

no image

大病院は小さな病院よりも医療の質が高いとは限らない

大病院に患者が集まる理由は、 ・若手からベテランまで専門医がそろっている。 ・科目数が多い。

記事を読む

no image

国民健康保険制度の問題点

国民健康保険制度の問題点は、きちんと払わせる目的もあって、病気になってから入るということを原則的に許

記事を読む

no image

若い看護師に悩むベテラン婦長の不満

Wさんは46歳のベテラン看護婦。婦長より6歳も年長だが、ウマが合い、なにかと婦長を立ててくれる。婦長

記事を読む

no image

排泄性尿路造影とはIVPとも呼ぶ-用語集

・IVP(排泄性尿路造影) IVPを略して、単にIPと書くこともある。iVは静脈注射のこと。注

記事を読む

no image

医者は専門に進んでもいわゆる専門バカにならないように

専門に進んでも、いわゆる専門バカにならないで、社会のニーズにアンテナを張るようにしてほしい。専門医に

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑