医療行為を裁判所が判断できるのか

公開日: : 最終更新日:2016/01/07 医療に関する記事

どんな簡単な手術でも、低い確率でも、死亡や悪化のリスクはある。だから昔は、お産でも手術でも、ある程度は死を覚悟していた。これは医療技術的には仕方がなかったことであろう。しかし医療レベルが上がると、そういうことが滅多になくなった。逆にそういうことが起こると、医療ミスだと思われるようになった。

全国で産科医不足や医療崩壊が起こってしまった。医療行為を裁判所が判断できるのか。そういうことを踏まえると、この判決はいくつかの意味で穏当な判断だと私は考える。一つには、医療行為というのは結果が予見できないことがある。

予見できないことが起こった際に、最悪の事態を防ぐ方法はないわけではない(もちろん、それでも最悪の事態が起こる確率はゼロにはできないが)。サポートしてくれる医者がいれば、たとえば自分は止血に専念しながら、サポートしてくれる人が、ほかに起こりうることの管理ができる。

お産や手術をやらなくなる

結果が悪ければ刑事罰というのでは、どんな手術でもお産でも一定の確率で死亡が起こるのだから、その確率が少しでも少ない病院に医者が逃げたり、その少ない確率を避けて、お産や手術をやらなくなるのは、当然の成り行きだ。

経験が豊富なほうが、急変時にすべきことも考えうる。しかし、若い医者が一人で手術やお産をしなければならないことがあることを考えると、相当悪質なミスでない限り、結果が悪かったからといって刑事罰を科すようだと、リスクがゼロでないことがわかっている医師は、そんなことを引き受けなくなる。結果的に一人医長の(つまり産科の医者が一人しかいない)病院を中心にお産をやめる病院が相次いだ。

二つ目には、日本では統一した標準治療がない。アメリカでは統計データなどをもとに、どういうケースでどうすべきということが相当細かくマニュアル化されているが、日本ではそうではない。今回も胎盤を剥離すべきか、子宮を摘出すべきかの判断が問題になった。

経験的に死亡のリスクが高くないことから、この医師はその判断よりも将来、子供が産めることを優先したのだろうが、どちらがいいのかが確立していない。これはどうなのだろうか。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

不法就労者が病院で起こす問題

神奈川県のある市立病院での話である。ここは都心に近い新興住宅都市のため、工事現場も多く、1日に1人、

記事を読む

no image

研修医が何年後かにどんな医者になりたいか考えるのは

病院で相補的な研修ができる「臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄」という研修システム、そのほか、岩手や

記事を読む

no image

看護記録とは-いろんなことすべてが書き残されるので注意

看護記録は主に入院している患者さんについて、病気のこと、体のことのほかに、心理状態や生活観察など、実

記事を読む

no image

医療ミスの事例は多いが隠蔽しようとするものもいる

医者は、警察官や自衛官、教員などと同じで、いったん反社会的な行為をしたら、その人の信用は一気にゼロに

記事を読む

no image

おまかせ医療から患者さんの自己決定医療へと変換

最近、薬のシートの薬品名の箇所(俗にフチという)の記載が、アルファベットからカタカナに変わりつつあり

記事を読む

no image

マジでやばい開業医-善し悪しの具体的な見分け方

よい開業医の見分け方には色々あるが、ここではよい開業医の見分け方を紹介していこう。 よい開業医

記事を読む

no image

看護婦と医者の関係-外科はほかの科と違ってかなり密接

ベテランの看護婦に嫌われたら、医者としての生命は終わりだ。そっぽを向かれたら、医者なんて羽をもがれた

記事を読む

no image

医者の言葉で「しばらく経過を見ましょう」には注意が必要

かかっている医者が、診断がきちんとできる医者か、単なる自信のない医者なのか見分けるためにも、しばらく

記事を読む

no image

医師が患者さんを診察するときに困ること

医師が患者さんを診察するときに困ることがよくあるようです。診察の中でも、胸の診察で困るのがスリップや

記事を読む

no image

美容整形は医療ではない!?大学病院には存在しない

美容整形外科は形成外科の一分野であるが、医療ではない。根本的に違うのである。手術の技術が高くなったの

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑