医療行為を裁判所が判断できるのか

公開日: : 最終更新日:2016/01/07 医療に関する記事

どんな簡単な手術でも、低い確率でも、死亡や悪化のリスクはある。だから昔は、お産でも手術でも、ある程度は死を覚悟していた。これは医療技術的には仕方がなかったことであろう。しかし医療レベルが上がると、そういうことが滅多になくなった。逆にそういうことが起こると、医療ミスだと思われるようになった。

全国で産科医不足や医療崩壊が起こってしまった。医療行為を裁判所が判断できるのか。そういうことを踏まえると、この判決はいくつかの意味で穏当な判断だと私は考える。一つには、医療行為というのは結果が予見できないことがある。

予見できないことが起こった際に、最悪の事態を防ぐ方法はないわけではない(もちろん、それでも最悪の事態が起こる確率はゼロにはできないが)。サポートしてくれる医者がいれば、たとえば自分は止血に専念しながら、サポートしてくれる人が、ほかに起こりうることの管理ができる。

お産や手術をやらなくなる

結果が悪ければ刑事罰というのでは、どんな手術でもお産でも一定の確率で死亡が起こるのだから、その確率が少しでも少ない病院に医者が逃げたり、その少ない確率を避けて、お産や手術をやらなくなるのは、当然の成り行きだ。

経験が豊富なほうが、急変時にすべきことも考えうる。しかし、若い医者が一人で手術やお産をしなければならないことがあることを考えると、相当悪質なミスでない限り、結果が悪かったからといって刑事罰を科すようだと、リスクがゼロでないことがわかっている医師は、そんなことを引き受けなくなる。結果的に一人医長の(つまり産科の医者が一人しかいない)病院を中心にお産をやめる病院が相次いだ。

二つ目には、日本では統一した標準治療がない。アメリカでは統計データなどをもとに、どういうケースでどうすべきということが相当細かくマニュアル化されているが、日本ではそうではない。今回も胎盤を剥離すべきか、子宮を摘出すべきかの判断が問題になった。

経験的に死亡のリスクが高くないことから、この医師はその判断よりも将来、子供が産めることを優先したのだろうが、どちらがいいのかが確立していない。これはどうなのだろうか。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

いい医者とよくない医者を見分けるコツや注意点

もし、聞かれもしないのに、自分の方から二流大学病院に勤務していたんだと言う医者がいたら、ヤブ医者だと

記事を読む

no image

アウスとは?家庭医学書には載っていないお医者さんの俗語集

・アウス この横文字の意味は、何かを外へ掻き出すということだ。学生時代にドイツ語を勉強した人は

記事を読む

no image

不安神経症の症状の治療に自律訓練法はかなり有効

自律訓練法は、当科の患者さんに対する健康保険を用いた医療行為(心身医学療法)です。自律訓練法の習得だ

記事を読む

no image

医療システムなどの内容を大学病院が公開しない訳

医療はブラックボックスであり、医療経済学、病院管理学、臨床医学、基礎医学などなどそれぞれの専門家はた

記事を読む

no image

医者は人間性が要求されることと医学研究を続けていくことの二律背反

普通の会社組織では、仕事ができればいい、会社の発展に貢献できればいいということになろうが、医者の場合

記事を読む

no image

医師の就職先が見つからなくなる次代が来るかもしれないという予測

医者が過剰になった場合、医学部希望者の減少がはっきり出てくるだろう。大学病院に残って医療を続けている

記事を読む

no image

脳死移植とそのメリットについて

脳死移植とそのメリットなどについて考えていこう。 先進医療であれば法を犯してもいいのかという問

記事を読む

no image

ドミノ移植は新しい治療法として賞賛されていた

ドミノ移植は新しい治療法として賞賛されていたようである。 病気腎移植は人目を忍ぶように内緒で行

記事を読む

no image

3分診療のカラクリ-ある医師の話を例に説明

~大病院の三分診療のカラクリ~ 三時間待ちの一三分診療を受ける患者さんの腹立たしさはよく分かっ

記事を読む

no image

歯科治療は今と昔では全く違うものになっている

歯は一生もの。歯科医の治療法は変わりました。すぐに削る歯科医には通わないほうがいいようです。歯を悪く

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑