医療行為を裁判所が判断できるのか

公開日: : 最終更新日:2016/01/07 医療に関する記事

どんな簡単な手術でも、低い確率でも、死亡や悪化のリスクはある。だから昔は、お産でも手術でも、ある程度は死を覚悟していた。これは医療技術的には仕方がなかったことであろう。しかし医療レベルが上がると、そういうことが滅多になくなった。逆にそういうことが起こると、医療ミスだと思われるようになった。

全国で産科医不足や医療崩壊が起こってしまった。医療行為を裁判所が判断できるのか。そういうことを踏まえると、この判決はいくつかの意味で穏当な判断だと私は考える。一つには、医療行為というのは結果が予見できないことがある。

予見できないことが起こった際に、最悪の事態を防ぐ方法はないわけではない(もちろん、それでも最悪の事態が起こる確率はゼロにはできないが)。サポートしてくれる医者がいれば、たとえば自分は止血に専念しながら、サポートしてくれる人が、ほかに起こりうることの管理ができる。

お産や手術をやらなくなる

結果が悪ければ刑事罰というのでは、どんな手術でもお産でも一定の確率で死亡が起こるのだから、その確率が少しでも少ない病院に医者が逃げたり、その少ない確率を避けて、お産や手術をやらなくなるのは、当然の成り行きだ。

経験が豊富なほうが、急変時にすべきことも考えうる。しかし、若い医者が一人で手術やお産をしなければならないことがあることを考えると、相当悪質なミスでない限り、結果が悪かったからといって刑事罰を科すようだと、リスクがゼロでないことがわかっている医師は、そんなことを引き受けなくなる。結果的に一人医長の(つまり産科の医者が一人しかいない)病院を中心にお産をやめる病院が相次いだ。

二つ目には、日本では統一した標準治療がない。アメリカでは統計データなどをもとに、どういうケースでどうすべきということが相当細かくマニュアル化されているが、日本ではそうではない。今回も胎盤を剥離すべきか、子宮を摘出すべきかの判断が問題になった。

経験的に死亡のリスクが高くないことから、この医師はその判断よりも将来、子供が産めることを優先したのだろうが、どちらがいいのかが確立していない。これはどうなのだろうか。

記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

no image

注目されている地域医療や総合診療など

注目されている、地域医療や総合診療。人間を個別の臓器に分けて診るという対応から、人間全体を診ていこう

記事を読む

no image

高齢者が入院した際に起こる帰る所がなくなる現象

お年寄りの入院が長引くと、いろいろな弊害が生じます。体を動かす機会がヘるために、寝たきりになってしま

記事を読む

no image

帝王切開の出産の状況をどうしても見たいと思ったある妊婦の話

Nさんの場合、1人目が4000グラムの男の子で帝王切開だったこともあり、2人目の手術は、もう2カ月も

記事を読む

no image

既往歴の意味-あらかじめ過去の病気などを思い出しておく

久しぶりに病院に行くなら、今までの病気の歴史を復習しておくといいでしょう。初めての病院に行くと必ず質

記事を読む

no image

医療ミスの民事訴訟の問題

死がからむような重要なケースは、まず担ぎ込まれないし、担ぎ込まれても大きな病院に送ればいいだけの話。

記事を読む

no image

トレーニングができる地域医療のきちんとしたセンターがあれば

トレーニングができる地域医療のきちんとしたセンターがあれば、そこで研修を受けることにメリットがあるし

記事を読む

no image

いろいろな流派の精神医学の勉強ができたのはありがたかった

精神医学の世界で非常に勉強になり、現在の治療に自信を持てたり、本を書くうえで役立っているだけではない

記事を読む

no image

医者の性格が悪いと言われることがあるが本当か?

私自身は医者になるつもりで医学部に入ったのではなかった。実は映画監督になりたくて、在学中には家庭教師

記事を読む

no image

輸血クロスマッチ-輸血する血液を混ぜ合わせて合わせる-用語集

医師の間で使われることがある、色々な用語を紹介しよう。 ・クロスマッチ クロスマッチとい

記事を読む

no image

当直勤務-枕元に患者が立っていたり眠れてもせいぜい二時間

自分の医局で月に四〜五回、アルバイトで週一回は必ず当直をする。当直は午後五時から、翌朝ほかの医師が出

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑