医療求人サイトランキング

公開日: : 最終更新日:2016/08/16 医療に関する記事

あなたは今の職場に満足されていますか?収入や人間関係、待遇問題など、不満を持っている方は多くいらっしゃるのではないかと思います。ここでは、今の仕事に不満があったり、やむおえない事情があって、転職を考えておられる方のために、医療転職サイトを紹介しております。

医療転職サイトにもいろいろなサイトがあり、それぞれのサイトに良し悪しがありますが、それら医療求人サイトをランキング形式で紹介しておりますので、どうぞ参考にしてください。

医療求人サイトランキングと推奨度

有名で信用できる医療求人サイトだけを紹介していきます。では、以下から医療求人サイトのランキングしていきます。

1位 エムスリーキャリア

推奨度◎

エムスリーキャリアは、医療求人業界最大手のサイトで、口コミや評判でも、他の医療求人サイトの中で、ダントツの人気を誇っています。その理由は、医者のわがままに、全力で付き合ってくれるという点で、医療業界と太いパイプを持っており、病院との交渉力が高いのがウリです。年収や勤務日数、勤務時間など、あまり聞きにくいことを、代行して病院側に聞いてくれて、こちらの要望通りの転職が可能となります。また、面接にも一緒に立ち会ってくれるので、非常に心強いです。


2位 医師転職ドットコム

推奨度◎

医師転職ドットコムは、複数の医療求人サイトを所有する株式会社メディウェルの運営サイトの一つで、医師転職ドットコムの他に、医師バイトドットコム薬剤師転職ドットコム40代50代60代の医師転職ドットコムなどの求人サイトも運営しています。医師転職ドットコムは、非常勤医師求人案件に特化しており、希望する条件を達成する、満足度(達成率)が94.7%と高く、多くの転職希望者の希望を叶えています。また、医師転職ドットコムは、年収交渉力が優れているといて、かなりの自信を持っているようです。



3位 リクルートドクターズキャリア

推奨度〇

リクルートドクターズキャリアは、歴史の長い医療求人サイトで、医師求人よりもどちらかというと、病院薬剤師、看護師への求人に強い会社です。ただ、病院との太いパイプを武器に、医師求人も多くの市場を持っています。エムスリーキャリアや医師転職ドットコムには劣るものの、求人掲載数も多く、特に、医師のアルバイト探しをする際に、かなり利用価値が高いサイトという評判があります。大手のエムスリーキャリアや医師転職ドットコムに登録をしながら、リクルートドクターズキャリアにも登録をするのがおすすめ。



4位 MCドクターズネット

推奨度〇

MCドクターズネットは、メディカル・コンシェルジュという大手医療求人サイトのグループ企業です。サイト自体は、まだ歴史が浅く、大手医療求人サイトには、規模で劣ってはいますが、日本全国に多くの拠点を持ち、業界でも一番の拠点数を誇っています。MCドクターズネットの強みは、産業医や企業内クリニックなどに強いというところで、全体的なマーケットに強いというよりも、特定のマーケットに強いということで、コアな層に人気を得ています。



5位 JMC日本メディカルコネクション

推奨度△

JMC日本メディカルコネクションは、まだ歴史の浅い会社ながら、業界で徐々にその人気を高めつつある医療求人サイトです。JMC日本メディカルコネクションは、MCドクターズネットと同じく、産業医に強いという特徴があります。求人掲載数は業界でもかなり多いと評判で、日本の3大都市や福岡などの求人に特化しています。また、口コミでは、コンサルタントと機械的ではなく、医師と同じ目線で語り合えると高評価を得ているようです。



医師の転職活動

医師が転職活動をする場合、他の業種の転職活動をする際と違って、外科なら外科、内科なら内科と言ったように、自分の専門の科に特定して転職活動を行なうことになります。ですから、多くの求人を掲載している求人サイトを見て、「いっぱい求人がある」と思っても、探してみると、自分の専門としている診療科目での求人が、なかなか見つからないということがよくあります。

また、医師として働きながら転職活動をする人の場合、空いた時間をうまくやりくりして面接する時間やなどを作るのがかなり大変になります。ですから、現実として、あまり多くの病院に面接に行くことができない医師が多いようです。ですから、少ない時間で、転職を成功させるために、転職のミスマッチを減らすようにしないといけません。

忙しい医師が、転職を成功させるために、上記で紹介したような転職サイトを利用することをおすすめします。上記で紹介している医療転職サイトを利用すれば、忙しくて時間のなかなか作れない医師であっても、転職のミスマッチをかなり減らすことができます。

医師専門の転職コンサルタントやエージェントにお願いをすれば、転職を希望する病院の情報を、コアな部分まで教えてくれますから、コンサルタントやエージェントにお願いをして、転職先のあっせんを受けることも検討するべきでしょう。

関連記事

大手で探しやすいドクター求人サイトといえばどこ?

スポンサーリンク

関連記事

no image

大学病院はメリットばかりとは限らない

カゼらしい症状でも大学病院の内科、小さな切り傷でも大学病院の外科に行きたがる人ってけっこういるんよう

記事を読む

no image

無駄な医療が患者さん一人一人の負担になる疑問

心身医学療法というのは医者の持つ専門的技術が評価されているわけですので、かかる医者の技術差が医療費に

記事を読む

no image

医者が診断で不安なときに使う「とりあえず念のために」

とりあえず、念のためにという意味で使っている医者が時々いるようですが、これは自分の診断が不安だから、

記事を読む

no image

医学部の学生寮に謎の縫合

・医学部生寮の謎の縫合 これから6年間、親のスネをかじって、地方で下宿生活を送らねばならないの

記事を読む

no image

研修医制度による医師不足の問題

大学病院の研修医が減ると医者不足になる地方の病院というのは、もともと研修医や医者から人気のない病院で

記事を読む

no image

医者が患者の場合一つのミスもなくさなければいけない-用語集

・患者が医者 医者だって当然病気になるが、その場合の主治医の感想としては、やむにくいの一言に尽

記事を読む

no image

医療検査技師は医者にさえよくわからない世界

生体検査部門では患者に直接接する機会が多くなり、患者の病院に対する満足度にもその対応が影響する。検査

記事を読む

no image

ナースは注射を打つとき血管が細いと緊張するらしい

血管の直径なんて日常生活上ではどうでもよいことですが、病院での掘血や静脈注射の際には大いに関係があり

記事を読む

no image

貧血について-男性や中高年の女性の場合は危険なことがある

・パソ パソというのはパソロジーの略で、病理という意味だ。つまり、ガン細胞のありそうな場所から

記事を読む

no image

いろいろな流派の精神医学の勉強ができたのはありがたかった

精神医学の世界で非常に勉強になり、現在の治療に自信を持てたり、本を書くうえで役立っているだけではない

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
医者が転勤先で苦労する人と人とのコミュニケーション

転勤をいっぱい経験した医者の話では、方言のある地域へ行くのは、大変、外

no image
医師は不倫をしやすいの!?当直という名の外泊

オバ様族の患者さんが、男性の医師の私生活を知りたがる傾向にあるという。

no image
医者の学会の費用-豪勢な噂は本当なのか?

昔テレビでドラマ化されていた、白い巨塔のイメージでそう思ったのかもしれ

no image
製薬会社と病院の癒着は本当にあるのか?

研修医として病院に出勤すると、製薬会社社員からプレゼント責めにあうこと

no image
医者が始めて打つ注射の本音とその犠牲者

医者なら誰でも、初めて注射をする日があります。ということは、最初に注射

no image
忙しくて医師求人がなかなか探せない人におすすめの会社

医師の中には、転職を考えているが、忙しくてなかなか行動に移すことができ

→もっと見る

PAGE TOP ↑